211件中 71 - 80件表示
  • 福島県庁

    福島県庁から見た浜通り浜通り

    1876年(明治9年)8月21日 - 旧福島県、磐前県(いわさきけん。浜通り)、若松県(会津地方)が合併し、現在の福島県となる。県庁は福島町に置かれる。福島県庁 フレッシュアイペディアより)

  • みよし (企業)

    みよし (企業)から見た浜通り浜通り

    福島県浜通りを地盤とし、創業が昭和24年3月でいわき市内では最も有名な菓子製造業の一つである。和菓子から洋生菓子までラインアップは幅広い。本社工場は平谷川瀬にあり、直売店が併設されている。浜通りと茨城県に進出しており(テナントの形を取る場合は同地域に地盤を持つスーパー、マルトの店内の場合が多い)、常磐自動車道の福島県、茨城県内のSA、PA、磐越自動車道阿武隈高原サービスエリアや、JR常磐線特急スーパーひたちの車内販売などでも販売されている。みよし (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 常陸国

    常陸国から見た浜通り浜通り

    律令制が敷かれた当初の常陸国は多珂国を編入したため、現在の茨城県の大部分(西南部を除く)と、福島県浜通りの大熊までに至る広大な国であった。『常陸国風土記』には、「久慈郡と多珂郡の境の助川を道前(道の口)と為し、陸奥国の石城郡の苦麻の村を道後(道の尻)と為す。」という記述があり、「助川」が日立市に、「苦麻」が大熊に相当する。言い換えると、現在の福島第一原発付近が、常陸国と陸奥国の境であった。常陸国 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台平野

    仙台平野から見た浜通り浜通り

    仙南平野は、福島県浜通りと地形的にやや連続的になっているため、気候が似ている。海風が入るため、夏季には南東風(イナサ)が入って霧に包まれることが多く、年によっては、北東風(やませ)の影響から気温がなかなか上がらない冷夏となることもある。冬季は北西風(ナライ)に乗ってやってくる雪雲が奥羽山脈と陸前丘陵によってブロックされるため、晴天が多い。亘理平野は、角田丘陵(亘理丘陵)によって更に雪雲がブロックされるため晴天率が最も高く、また、海風によって気温も宮城県内では最も暖かいため、ビニールハウスを使ったイチゴなどの促成栽培が盛んである。仙台平野 フレッシュアイペディアより)

  • 愛島丘陵

    愛島丘陵から見た浜通り浜通り

    旧名取郡内の仙台平野は名取平野とも呼ばれるが、この名取平野の西縁には南北に高舘丘陵が延び、南の福島県浜通りから続く海岸平野の西縁に連なる丘陵群の一部をなしている。この高舘丘陵から東方の名取平野に突き出した唯一の舌状丘陵が愛島丘陵である。標高は40m前後。愛島丘陵 フレッシュアイペディアより)

  • 原町

    原町から見た浜通り浜通り

    原町市、原町 (福島県) - 福島県浜通り北部。福島県相馬郡。原町村 (福島県) が町制を施行して「原町」と自治体名を変更し、1954年に合併して原町市となる。現・南相馬市原町区。(はらのまち、はらまち)原町 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井古墳

    桜井古墳から見た浜通り浜通り

    桜井古墳は、福島県の通称浜通り地方の北部、南相馬市原町の中心市街の北東に位置し、西の阿武隈高地から東の太平洋に流下する新田川南岸の標高10メートルの低台地(河岸段丘縁辺部)に立地する。緯度は北緯37度38分29秒、経度は東経140度59分29秒である。なお、桜井古墳を中心に河岸段丘上を東西約900メートルの範囲にわたって古墳群が広がり、大小37基の古墳が確認されている。これは、一般に「桜井古墳群」として一括して呼称されている(詳細は後述)。桜井古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 果樹王国

    果樹王国から見た浜通り浜通り

    福島県では主に福島盆地で果樹の生産が盛んである。多様な果樹が栽培されているが特にモモの一大生産地であり、福島県中通り及び会津地方を含めた福島県内陸部で広く桃の生産が盛んである。市町村別で福島市が全国1位の生産量を誇るナシ(梨)や、リンゴ・ブドウ・ウメ・さくらんぼ・西洋なしなど多様な果樹が生産されている。会津地方では「会津身不知(あいづみしらず)」という柿。福島県浜通りの相馬市やいわき市ではイチゴの生産が盛んに行われている。伊達市では硫黄で燻蒸して渋抜きするという独特の製法をとるあんぽ柿が有名がある。果樹王国 フレッシュアイペディアより)

  • 第二管区海上保安本部

    第二管区海上保安本部から見た浜通り浜通り

    また、女川原子力発電所や下北半島、福島県浜通り地方に点在する原子力関連施設や国際海峡である津軽海峡の警備業務、日本とアメリカ合衆国を結ぶ北米航路の中の広い範囲を占めていることから、第一管区海上保安本部や第三管区海上保安本部と協力したSAR協定に基づく沖合水域の海難救助業務も大きな仕事である。第二管区海上保安本部 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力村

    原子力村から見た浜通り浜通り

    その後、1990年代に論壇誌でも使用された例があるが、反対運動家以外では半ば死語と化していた。しかしながら、2011年3月11日に発生した福島第一原子力発電所事故により、福島県、とりわけ浜通りを中心として大量の放射性物質が拡散され、浜通りの多くの住民が避難生活を強いられるに至ったことから、マスコミ一般でも批判的な意味合いを含ませて、広く使用例がみられるようになった。原子力村 フレッシュアイペディアより)

211件中 71 - 80件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード