187件中 71 - 80件表示
  • 石城国造

    石城国造から見た浜通り浜通り

    石城国造(いわきのくにのみやつこ)とは、7世紀前半に、現在の福島県浜通りのうち、いわき市北半分から大熊町までを統治した国造である。律令制度下の陸奥国石城郡(いわきのこおり)に当たる地域である。石城国造 フレッシュアイペディアより)

  • 内郷市

    内郷市から見た浜通り浜通り

    福島県南東部(浜通り南部)に存在した市である。常磐炭鉱により発展し、後年には炭鉱の衰退と共に住宅化が進行、隣接する平市のベッドタウンとして機能するようになった。内郷市 フレッシュアイペディアより)

  • 大黒屋 (いわき市)

    大黒屋 (いわき市)から見た浜通り浜通り

    福島県浜通りを代表する百貨店として、白亜の建物にセルリアンブルーの看板はいわき市平地区における商業の「顔」であった。創業以来、老舗百貨店として営業してきたが、郊外化、多店化の影響を受けて大幅に売上げを減少させた。1990年に10億円かけてリニューアルするものの、郊外の大型量販店出店による競争激化から売り上げを減らしていたことが原因であるが、その他にも商品の単価引き下げ、売り上げ減少による問屋との取引条件の変更(手形から小切手または現金)、取引金融機関による融資の引き締めが重なり、創業100年目にあたる2001年に自己破産を申請して倒産した。負債は、債権者約500名に対し約87億円だった。大黒屋 (いわき市) フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り (小惑星)

    浜通り (小惑星)から見た浜通り浜通り

    名前は東日本大震災で大きな被害を受けた、福島県の浜通りにちなんで命名された。名前は2012年5月9日に、他の11個と同時に発表された。この命名は、東日本大震災からの復興を願って、被害の大きかった被災地の地名を命名した。これは、同年5月16日から新潟市の朱鷺メッセで行われる国際会議「小惑星・彗星・流星2012」が、アジア初の開催となることにちなんで、日本にゆかりの深い命名が多数承認された事もきっかけとなっている。同会議の実行委員会で原案を作成し、命名提案権を持つローウェル天文台のエドワード・ボーウェルと協議の結果、同時に12個の小惑星を命名し、国際天文学連合に承認された。浜通り (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 幾世橋村

    幾世橋村から見た浜通り浜通り

    幾世橋村(きよはしむら)は、1953年まで福島県浜通りに存在していた村。1896年以前は標葉郡、1896年以後は双葉郡に属した。現在の浪江町北東部にあたる。幾世橋村 フレッシュアイペディアより)

  • 富岡中継局

    富岡中継局から見た浜通り浜通り

    当中継局は、双葉郡楢葉町井出の郭公山北西に置かれ、浜通り中部の一部などに電波を発射している。富岡中継局 フレッシュアイペディアより)

  • 芋煮会

    芋煮会から見た浜通り浜通り

    福島県の浜通り・中通りでも豚汁風芋煮が一般的。芋煮会 フレッシュアイペディアより)

  • 常磐市

    常磐市から見た浜通り浜通り

    常磐市(じょうばんし)は、かつて福島県浜通り南部に存在した市。現在のいわき市の常磐湯本温泉周辺に当たる。常磐湯本(じょうばんゆもと)と呼ばれることもある。常磐市 フレッシュアイペディアより)

  • 駒ヶ嶺村

    駒ヶ嶺村から見た浜通り浜通り

    旧駒ヶ嶺村域は現在は福島県に所属しているが、江戸時代には新地などと共に仙台藩領であり、村内には浜通り方面における仙台藩領最南端の城砦・駒ヶ嶺城が置かれていた。駒ヶ嶺村 フレッシュアイペディアより)

  • 東北三大祭り

    東北三大祭りから見た浜通り浜通り

    さらに福島県浜通り北部の旧相馬藩地域で行われる相馬野馬追、あるいは岩手県北上市の北上・みちのく芸能まつりのいずれかを「五大」に加えて「東北六大(夏)祭り」とする場合もある。一方で「N大」に含まれる祭りを飽くまで東北6県の県庁所在地の夏祭りに限定し、「四大」に盛岡さんさ踊りと福島市の福島わらじまつりを加えて「六大」とする例も見られる。東北三大祭り フレッシュアイペディアより)

187件中 71 - 80件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード