194件中 91 - 100件表示
  • 浜通り

    浜通りから見た新地町

    (※ 相馬氏領と伊達氏領の境は駒ヶ嶺であった。従って、駒ヶ嶺以北に位置する新地は、戊辰戦争まで伊達氏・仙台藩の領土であった。)浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見たサッカー

    福島第一原子力発電所(福島第一原発、大熊)など、多数の原子炉を持つ原子力発電所が多く立地するため、「原発銀座」とも呼ばれている。また、村落型施設として、サッカーのナショナルトレーニングセンターであるJヴィレッジ(広野)や、テレビ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』の企画として設けられたDASH村(浪江)がある。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た田村氏

    戦国時代になると、相馬氏(本拠地:小高→中村)が南朝方であった標葉氏を滅ぼし、標葉郡を領土に収めて勢力を拡張し、岩城氏(本拠地:飯野平→長友→白土→飯野平)と境界を接した。この相馬領と岩城領の境界が、熊川の2km南に位置する夜ノ森であった。西には現在の福島県中通り中部を領土とする田村氏(本拠地:船引・三春)や蘆名氏(本拠地:会津若松・岩瀬・須賀川)が、南には現在の茨城県北部(本拠地:常陸太田→水戸)を領土とする佐竹氏が、北には現在の福島県中通り北部から山形県南東部(本拠地:信夫、伊達→米沢)を領土とした伊達氏が、それぞれ勢力を拡大した。伊達氏が現在の宮城県に本拠地を移したのは、豊臣政権の政策によるものである(本拠地:米沢→岩出山→仙台)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た福島県道12号原町川俣線

    県道原町川俣線(原町 - 川俣 - 福島)浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た久慈川

    20世紀前半、即ち殖産興業期から高度経済成長期までは、久慈川と夜ノ森の間(7世紀中葉の多珂国の範囲)の一帯は、助川(日立市)を本拠地とする久原房之助が創業した、常磐炭田の炭鉱町が点在した。また、常磐炭田の石炭を東京に輸送する手段として、常磐線が敷設された。同じく、夜ノ森以北(徳川時代の中村藩の領土)では森林開発が行われて森林鉄道も敷設され、浪江や原町を発着点として、旧中村藩内の木材も東京浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た干拓

    日本海からの季節風も奥羽山脈や阿武隈高地などに遮られるので、太平洋側気候に属し、冬でも雪は少なく、温暖な気候を呈している。特に小名浜は「東北の湘南」と呼ばれることもある。阿武隈高地が西に連なっており、狭く細長い平野が縦断している。海岸沿いには松川浦をはじめ、かつては井田川浦、八沢浦などの潟湖が多く、水運や漁業や塩業などに用いられたが、多くは近代に入り干拓されていった。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た石岡市

    11世紀中期に前九年の役と後三年の役が起こると、浜通りは陸奥国北部(今の岩手県内陸北部)へ通じる道として重視された。後三年合戦の結果として飯野八幡宮が建立され、岩城氏が常陸府中から飯野平に転入し、平泉藤原氏と姻戚関係を持って勢力を伸ばし、白水阿弥陀堂を建てて浜通り南部(菊多郡・磐前郡・楢葉郡)を領土に収めた。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た白河郡

    また、夜ノ森を境にして、南(岩城氏領・磐城平藩領)と北(相馬氏領・中村藩領)に分ける場合もある。なお、福島県庁によるエリア区分では、南のいわき(いわき市)と北の相双(相馬氏領、岩城氏領のうち旧楢葉郡)に分ける場合もある。福島県東部は、戊辰戦争の結果、陸奥国が分割されて磐城国と命名された。この磐城国には、戦国時代に白河氏が治めた白河郡や、伊達氏の家臣亘理氏が治めた宮城県亘理郡の地域も含まれている。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た行方郡 (磐城国)

    そして、鎌倉時代初期の平泉遠征の結果として、1189年には相馬氏が浜通り北部を与えられて流山から転入し、宇多郡と行方郡を領土に収めた。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た白石市

    国道113号(相馬 - 白石 - 南陽 - 荒川)浜通り フレッシュアイペディアより)

194件中 91 - 100件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード

  • 若者が相馬で農業をするきっかけを作りたい

  • いわきの声援で野球できた

  • (塾生で)かなり多くの方が立候補に意欲を燃やしている。