226件中 91 - 100件表示
  • 浜通り

    浜通りから見た国道6号

    現在では、これらの律令時代からの道と似た経路で、東京を始点として国道6号・常磐線・常磐自動車道が、幹線として南北を縦断している。なお、中通りとの連絡線としては、南はいわき市の平から国道49号・磐越東線・磐越自動車道が通り、北は相馬市の中村から国道115号が通る。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た白水阿弥陀堂

    11世紀中期には後三年の役の結果として飯野八幡宮が建立され、常陸平家の岩城氏が常陸府中から飯野平に転入し、平泉藤原氏と姻戚関係を持って勢力を伸ばし、白水阿弥陀堂を建てて浜通り南部(菊多郡・磐前郡・楢葉郡)を領土に収めた。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た多賀郡

    7世紀前半の浜通りには、菊多国造・石城国造・染羽国造・浮田国造などが割拠していた。7世紀中葉には、高国造・菊多国造・石城国造の3つが統合されて多珂国となり、その南限が「助川」こと日立市で、北限が「苦麻」の村と呼ばれた大熊であった。この多珂国では、助川は「道前(道の口)」、苦麻の村は「道後(道の尻)」とも呼ばれていた。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た蘆名氏

    西には現在の福島県中通り中部を領土とする田村氏(本拠地:船引・三春)や蘆名氏(本拠地:会津若松・岩瀬・須賀川)が、南には現在の茨城県北部(本拠地:常陸太田→水戸)を領土とする佐竹氏が、北には現在の福島県中通り北部から山形県南東部(本拠地:信夫、伊達→米沢)を領土とした伊達氏が、それぞれ勢力を拡大した。伊達氏が現在の宮城県に本拠地を移したのは、豊臣政権の政策によるものである(本拠地:米沢→岩出山→仙台)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た米沢市

    西には現在の福島県中通り中部を領土とする田村氏(本拠地:船引・三春)や蘆名氏(本拠地:会津若松・岩瀬・須賀川)が、南には現在の茨城県北部(本拠地:常陸太田→水戸)を領土とする佐竹氏が、北には現在の福島県中通り北部から山形県南東部(本拠地:信夫、伊達→米沢)を領土とした伊達氏が、それぞれ勢力を拡大した。伊達氏が現在の宮城県に本拠地を移したのは、豊臣政権の政策によるものである(本拠地:米沢→岩出山→仙台)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た東京都

    現在では、これらの律令時代からの道と似た経路で、東京を始点として国道6号・常磐線・常磐自動車道が、幹線として南北を縦断している。なお、中通りとの連絡線としては、南はいわき市の平から国道49号・磐越東線・磐越自動車道が通り、北は相馬市の中村から国道115号が通る。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た茨城県

    西には現在の福島県中通り中部を領土とする田村氏(本拠地:船引・三春)や蘆名氏(本拠地:会津若松・岩瀬・須賀川)が、南には現在の茨城県北部(本拠地:常陸太田→水戸)を領土とする佐竹氏が、北には現在の福島県中通り北部から山形県南東部(本拠地:信夫、伊達→米沢)を領土とした伊達氏が、それぞれ勢力を拡大した。伊達氏が現在の宮城県に本拠地を移したのは、豊臣政権の政策によるものである(本拠地:米沢→岩出山→仙台)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た廃藩置県

    1871年8月29日の廃藩置県によって、浜通り南部は平県、浜通り北部は中村県となり、これら2県は1872年1月9日に合併されて磐前県となった。1876年4月22日には、亘理郡・伊具郡・刈田郡が宮城県から磐前県に入れ替えられた。しかし、1876年8月21日には、亘理・伊具・刈田の3郡は宮城県に復帰し、磐前県は福島県1876年以前(中通り)や若松県(会津地方)と合併され、福島県の一部となって現在に至っている。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た三春町

    西には現在の福島県中通り中部を領土とする田村氏(本拠地:船引・三春)や蘆名氏(本拠地:会津若松・岩瀬・須賀川)が、南には現在の茨城県北部(本拠地:常陸太田→水戸)を領土とする佐竹氏が、北には現在の福島県中通り北部から山形県南東部(本拠地:信夫、伊達→米沢)を領土とした伊達氏が、それぞれ勢力を拡大した。伊達氏が現在の宮城県に本拠地を移したのは、豊臣政権の政策によるものである(本拠地:米沢→岩出山→仙台)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た南朝 (日本)

    南北朝時代になると、相馬氏は小高を本拠地として北朝方につき、岩城氏は初めのうち南朝方についたが、後に北朝方についた。南北朝時代・室町時代には、海道・仙道(山道)・会津という後の浜通り・中通り・会津に対応する地域区分が現われた。海道は東海道とも呼ばれ、岩崎郡(後の磐前郡)、岩城郡、楢葉郡、標葉郡、行方郡の5郡が該当した。後の福島県内でも宇多郡は入らない。北朝の勝利が確定した後も、陸奥国では奥州管領・奥州探題や鎌倉公方の対立のせいで上位権力が分裂する時代が続いた。そこで相馬・岩城を含む海道5郡の10氏は、応永17年(1410年)に五郡一揆を結んで相互の協力による紛争解決を約した。浜通り フレッシュアイペディアより)

226件中 91 - 100件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード