226件中 121 - 130件表示
  • 浜通り

    浜通りから見た国勢調査 (日本)

    人口:195,938人(2010年国勢調査浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た太平洋側気候

    日本海からの季節風も奥羽山脈や阿武隈高地などに遮られるので、太平洋側気候に属し、冬でも雪は少なく、温暖な気候を呈している。阿武隈高地が西に連なっており、狭く細長い平野が縦断している。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た古代

    古代には、当時の日本の中心地だった畿内から陸奥国に通じる道として「海道」が当地を貫き、これが律令制以後に東海道と呼ばれた。「海道」がその道沿いにある地方名としても用いられたのに対し、東海道は多賀城までの道の名前としては使われたが、地方名としては常陸国を北限とし、当地は東山道に含まれた。中世には、とりわけ当地のみを指して海道あるいは東海道と呼ぶ例も見られる。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た高国造

    7世紀前半の浜通りには、菊多国造・石城国造・染羽国造・浮田国造などが割拠していた。7世紀中葉には、高国造・菊多国造・石城国造の3つが統合されて多珂国となり、その南限が「助川」こと日立市で、北限が「苦麻」の村と呼ばれた大熊であった。この多珂国では、助川は「道前(道の口)」、苦麻の村は「道後(道の尻)」とも呼ばれていた。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た二階堂氏

    豊臣秀吉が関白に任官すると、領土争いを続けていた岩城氏と相馬氏は和睦したが、共に蘆名氏の領土を侵攻する伊達政宗には水戸を本拠地とする佐竹氏と連合軍を形成して対抗した。人取橋の戦いはその事端といえる。その後、田村郡が伊達氏の属領となったため、岩城氏と相馬氏は現在の国道288号を経由して田村氏の領内に攻め入るなどした。友軍であった蘆名氏・二階堂氏の滅亡後、岩城氏は伊達氏と和睦したが、小田原征伐の直後に当主・岩城常隆が死去したため佐竹義重の三男・貞隆が岩城氏の名跡を継いでいる。これは豊臣政権の政策によるものという見方が強い。小田原征伐後の豊臣政権下において伊達氏は蘆名領を没収され岩出山に本拠を移されたが、岩城氏と相馬氏はそのまま自領の統治を認められた。佐竹氏との同盟的立場にも変わりはなかったといえる。1600年の関ヶ原の戦いで、岩城氏と相馬氏は、佐竹義宣と共に西軍についたとみなされ、結果、両氏ともに徳川家康によって領土を没収された。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た人取橋の戦い

    豊臣秀吉が関白に任官すると、領土争いを続けていた岩城氏と相馬氏は和睦したが、共に蘆名氏の領土を侵攻する伊達政宗には水戸を本拠地とする佐竹氏と連合軍を形成して対抗した。人取橋の戦いはその事端といえる。その後、田村郡が伊達氏の属領となったため、岩城氏と相馬氏は現在の国道288号を経由して田村氏の領内に攻め入るなどした。友軍であった蘆名氏・二階堂氏の滅亡後、岩城氏は伊達氏と和睦したが、小田原征伐の直後に当主・岩城常隆が死去したため佐竹義重の三男・貞隆が岩城氏の名跡を継いでいる。これは豊臣政権の政策によるものという見方が強い。小田原征伐後の豊臣政権下において伊達氏は蘆名領を没収され岩出山に本拠を移されたが、岩城氏と相馬氏はそのまま自領の統治を認められた。佐竹氏との同盟的立場にも変わりはなかったといえる。1600年の関ヶ原の戦いで、岩城氏と相馬氏は、佐竹義宣と共に西軍についたとみなされ、結果、両氏ともに徳川家康によって領土を没収された。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た関ヶ原の戦い

    豊臣秀吉が関白に任官すると、領土争いを続けていた岩城氏と相馬氏は和睦したが、共に蘆名氏の領土を侵攻する伊達政宗には水戸を本拠地とする佐竹氏と連合軍を形成して対抗した。人取橋の戦いはその事端といえる。その後、田村郡が伊達氏の属領となったため、岩城氏と相馬氏は現在の国道288号を経由して田村氏の領内に攻め入るなどした。友軍であった蘆名氏・二階堂氏の滅亡後、岩城氏は伊達氏と和睦したが、小田原征伐の直後に当主・岩城常隆が死去したため佐竹義重の三男・貞隆が岩城氏の名跡を継いでいる。これは豊臣政権の政策によるものという見方が強い。小田原征伐後の豊臣政権下において伊達氏は蘆名領を没収され岩出山に本拠を移されたが、岩城氏と相馬氏はそのまま自領の統治を認められた。佐竹氏との同盟的立場にも変わりはなかったといえる。1600年の関ヶ原の戦いで、岩城氏と相馬氏は、佐竹義宣と共に西軍についたとみなされ、結果、両氏ともに徳川家康によって領土を没収された。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た石城国

    7世紀後半になると、律令制が浸透して中央集権国家が形成され、苦麻以南である多珂国は常陸国に編入され、長塚以北は陸奥国に編入された。そして、奈良時代当初の718年には、現在の平潟トンネルを境に北側は分離され、現在の関田から亘理までは石城国として分立した。そして、この平潟トンネルの崖のすぐ北には、「勿来関」と呼ばれる菊多関が設置された。しかし、720年代になると、石城国は陸奥国に再編入された。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た東山道

    古代には、当時の日本の中心地だった畿内から陸奥国に通じる道として「海道」が当地を貫き、これが律令制以後に東海道と呼ばれた。「海道」がその道沿いにある地方名としても用いられたのに対し、東海道は多賀城までの道の名前としては使われたが、地方名としては常陸国を北限とし、当地は東山道に含まれた。中世には、とりわけ当地のみを指して海道あるいは東海道と呼ぶ例も見られる。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た岩城四十八館

    岩城氏に因んだ寺院として、白水阿弥陀堂がある。又、岩城氏の家臣団を含めた城郭として、岩城四十八館が点在する。浜通り フレッシュアイペディアより)

226件中 121 - 130件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード