226件中 131 - 140件表示
  • 浜通り

    浜通りから見たじゃんがら念仏踊り

    磐城平藩に因んだ郷土芸能として、じゃんがら念仏踊りが有名である。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た夕刊

    いわき民報:いわき市を対象地域とする夕刊浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た日本

    古代には、当時の日本の中心地だった畿内から陸奥国に通じる道として「海道」が当地を貫き、これが律令制以後に東海道と呼ばれた。「海道」がその道沿いにある地方名としても用いられたのに対し、東海道は多賀城までの道の名前としては使われたが、地方名としては常陸国を北限とし、当地は東山道に含まれた。中世には、とりわけ当地のみを指して海道あるいは東海道と呼ぶ例も見られる。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た道奥菊多国造

    7世紀前半の浜通りには、菊多国造・石城国造・染羽国造・浮田国造などが割拠していた。7世紀中葉には、高国造・菊多国造・石城国造の3つが統合されて多珂国となり、その南限が「助川」こと日立市で、北限が「苦麻」の村と呼ばれた大熊であった。この多珂国では、助川は「道前(道の口)」、苦麻の村は「道後(道の尻)」とも呼ばれていた。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た中郷サービスエリア

    観光宣伝を見ても、茨城県北部の中郷SAや日立駅などでは、いわき市の物産が販売されている。また、道の駅そうまの駐車場のスピーカーからは、エフエム仙台 (Date FM)がBGMの代わりに流されている。タウン情報誌でも、「タウンマガジンいわき」は、東日本大震災(福島第一原発事故)の発生前には、水戸から新地までを取材エリアに収めていた(震災後は、取材エリアは広野以南のみ)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た大館城 (陸奥国)

    その一方で、岩城氏は飯野平から追放され、亀田(由利本荘市北部)に飛ばされた。これに代わって、浜通り南部には徳川家康の幼なじみである鳥居忠政が入り、飯野平は磐城平に改名された。こうして、徳川藩政時代の浜通り南部は、徳川将軍家の友人(譜代)が治める磐城平藩の領土となり、内藤氏や安藤氏など藩主は何度か入れ替わったが、最も安定した時期が安藤氏の治世であった。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た薩長

    1868年に勃発した戊辰戦争では、磐城平藩と中村藩は、仙台藩などと共にいわゆる奥羽越列藩同盟に加わったが、薩長軍に敗れた。この戊辰戦争の結果、磐城平には明治政府の占領地政府である「民政局」が設置された。また、1869年1月19日に陸奥国は分割され、阿武隈川以東の地域が、磐城国とされた。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た奥州藤原氏

    11世紀中期には後三年の役の結果として飯野八幡宮が建立され、常陸平家の岩城氏が常陸府中から飯野平に転入し、平泉藤原氏と姻戚関係を持って勢力を伸ばし、白水阿弥陀堂を建てて浜通り南部(菊多郡・磐前郡・楢葉郡)を領土に収めた。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た鹿島町 (福島県)

    2006年1月1日:原町市と相馬郡小高町、鹿島町が新設合併して南相馬市となった。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た小名浜

    ところが、20世紀後半、高度経済成長期になると、常磐炭田と森林鉄道は閉鎖され、浜通りは「炭鉱地帯」「木材地帯」から「電源地帯」に転換され、原子力発電所や火力発電所が多数建設された。小名浜の臨海工業地域や、「苦麻」こと大熊に建設されて2011年に爆発した福島第一原発(1967年着工)は、この高度経済成長期に着工した施設である。炭鉱が閉鎖される過程で創作された地域振興策が、常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾート・ハワイアンズ)で創作されたフラガールである。浜通り フレッシュアイペディアより)

226件中 131 - 140件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード