226件中 21 - 30件表示
  • 浜通り

    浜通りから見た相馬師常

    文治5年(1189年)の奥州合戦で功績があった千葉常胤は、陸奥国で得た恩賞を子に分け与えた。その一人が相馬師常で、宇多郡、行方郡の地頭となった。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た豊臣秀吉

    豊臣秀吉が関白に任官すると、領土争いを続けていた岩城氏と相馬氏は和睦したが、共に蘆名氏の領土を侵攻する伊達政宗には水戸を本拠地とする佐竹氏と連合軍を形成して対抗した。人取橋の戦いはその事端といえる。その後、田村郡が伊達氏の属領となったため、岩城氏と相馬氏は現在の国道288号を経由して田村氏の領内に攻め入るなどした。友軍であった蘆名氏・二階堂氏の滅亡後、岩城氏は伊達氏と和睦したが、小田原征伐の直後に当主・岩城常隆が死去したため佐竹義重の三男・貞隆が岩城氏の名跡を継いでいる。これは豊臣政権の政策によるものという見方が強い。小田原征伐後の豊臣政権下において伊達氏は蘆名領を没収され岩出山に本拠を移されたが、岩城氏と相馬氏はそのまま自領の統治を認められた。佐竹氏との同盟的立場にも変わりはなかったといえる。1600年の関ヶ原の戦いで、岩城氏と相馬氏は、佐竹義宣と共に西軍についたとみなされ、結果、両氏ともに徳川家康によって領土を没収された。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た伊達政宗

    豊臣秀吉が関白に任官すると、領土争いを続けていた岩城氏と相馬氏は和睦したが、共に蘆名氏の領土を侵攻する伊達政宗には水戸を本拠地とする佐竹氏と連合軍を形成して対抗した。人取橋の戦いはその事端といえる。その後、田村郡が伊達氏の属領となったため、岩城氏と相馬氏は現在の国道288号を経由して田村氏の領内に攻め入るなどした。友軍であった蘆名氏・二階堂氏の滅亡後、岩城氏は伊達氏と和睦したが、小田原征伐の直後に当主・岩城常隆が死去したため佐竹義重の三男・貞隆が岩城氏の名跡を継いでいる。これは豊臣政権の政策によるものという見方が強い。小田原征伐後の豊臣政権下において伊達氏は蘆名領を没収され岩出山に本拠を移されたが、岩城氏と相馬氏はそのまま自領の統治を認められた。佐竹氏との同盟的立場にも変わりはなかったといえる。1600年の関ヶ原の戦いで、岩城氏と相馬氏は、佐竹義宣と共に西軍についたとみなされ、結果、両氏ともに徳川家康によって領土を没収された。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た本多正信

    相馬氏は関ヶ原以後には相馬三胤が徳川幕府に訴訟を起こし奔走した。徳川家康の直臣・本多正信の説得を得たことで、旧領である浜通り北部へ復帰を果たし、浜通り北部は引き続き相馬氏が治める中村藩の領地となった。浪江の大堀相馬焼や中村城下の相馬駒焼などの陶磁器産業は、この徳川藩政時代に始まったものである。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た岩城常隆

    豊臣秀吉が関白に任官すると、領土争いを続けていた岩城氏と相馬氏は和睦したが、共に蘆名氏の領土を侵攻する伊達政宗には水戸を本拠地とする佐竹氏と連合軍を形成して対抗した。人取橋の戦いはその事端といえる。その後、田村郡が伊達氏の属領となったため、岩城氏と相馬氏は現在の国道288号を経由して田村氏の領内に攻め入るなどした。友軍であった蘆名氏・二階堂氏の滅亡後、岩城氏は伊達氏と和睦したが、小田原征伐の直後に当主・岩城常隆が死去したため佐竹義重の三男・貞隆が岩城氏の名跡を継いでいる。これは豊臣政権の政策によるものという見方が強い。小田原征伐後の豊臣政権下において伊達氏は蘆名領を没収され岩出山に本拠を移されたが、岩城氏と相馬氏はそのまま自領の統治を認められた。佐竹氏との同盟的立場にも変わりはなかったといえる。1600年の関ヶ原の戦いで、岩城氏と相馬氏は、佐竹義宣と共に西軍についたとみなされ、結果、両氏ともに徳川家康によって領土を没収された。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た磐越自動車道

    現在では、これらの律令時代からの道と似た経路で、東京を始点として国道6号・常磐線・常磐自動車道が、幹線として南北を縦断している。なお、中通りとの連絡線としては、南はいわき市の平から国道49号・磐越東線・磐越自動車道が通り、北は相馬市の中村から国道115号が通る。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見たコミュニティ放送

    いわき市民コミュニティ放送:いわき市を放送対象地域とするコミュニティFM局。愛称は「SEA WAVE FMいわき」。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た石炭

    20世紀前半、即ち殖産興業期から高度経済成長期までは、久慈川と夜ノ森の間(7世紀中葉の多珂国の範囲)の一帯には、長州閥の久原房之助が創業した常磐炭田の営む炭鉱町が点在した。また、常磐炭田の石炭を東京に輸送する手段として、常磐線が敷設された。同じく、夜ノ森以北(江戸時代の中村藩の領土)では森林開発が行われて森林鉄道も敷設され、浪江や原町を発着点として、旧中村藩内の木材も東京に輸送されていた。また、エネルギー源以外での著名な歴史遺産として、1923年9月1日の関東大震災を世界中に報じた原町無線塔が有名である。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た天気予報

    福島地方気象台 - 天気予報において、「浜通り」とは小名浜の観測所(いわき市)を指し示している浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た東北地方太平洋沖地震

    2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(14:46女川沖M9、15:15鹿嶋沖M7)では、浜通りの大部分の地域で震度6強を観測し、沿岸は大津波に襲われ、大震動によるインフラや建造物の倒壊も相次いだ。そして、この地震に誘発された福島第一原発事故は、全世界に衝撃を与えた。第一原発から20km圏内は、発生2年後の2013年3月11日の時点でも、住民が退去させられたままである。浜通り フレッシュアイペディアより)

226件中 21 - 30件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード