226件中 31 - 40件表示
  • 浜通り

    浜通りから見た火力発電所

    ところが、20世紀後半、高度経済成長期になると、常磐炭田と森林鉄道は閉鎖され、浜通りは「炭鉱地帯」「木材地帯」から「電源地帯」に転換され、原子力発電所や火力発電所が多数建設された。小名浜の臨海工業地域や、「苦麻」こと大熊に建設されて2011年に爆発した福島第一原発(1967年着工)は、この高度経済成長期に着工した施設である。炭鉱が閉鎖される過程で創作された地域振興策が、常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾート・ハワイアンズ)で創作されたフラガールである。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た

    日本海からの季節風も奥羽山脈や阿武隈高地などに遮られるので、太平洋側気候に属し、冬でもは少なく、温暖な気候を呈している。阿武隈高地が西に連なっており、狭く細長い平野が縦断している。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た東北地方

    浜通りは太平洋と阿武隈高地に挟まれている為、同じ海沿いに当たる常磐線沿いの市町村との交流が多く、夜ノ森以南は水戸との、夜ノ森以北は仙台とのつながりが深い。このため、福島市(県庁所在地)や郡山(地理的中間地)を抱える中通りからは独立した地域圏を形成している。夜ノ森以南は、東北の他の地域よりも、日立など茨城県北部との関係がて深く、方言(岩城弁)も茨城県北方言に近い。同じく、夜ノ森以北は、福島県の他の地域よりも、仙台など宮城県南部との関係が深く、方言(相馬弁)もどちらかと言えば仙台弁に近い。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見たスパリゾート・ハワイアンズ

    ところが、20世紀後半、高度経済成長期になると、常磐炭田と森林鉄道は閉鎖され、浜通りは「炭鉱地帯」「木材地帯」から「電源地帯」に転換され、原子力発電所や火力発電所が多数建設された。小名浜の臨海工業地域や、「苦麻」こと大熊に建設されて2011年に爆発した福島第一原発(1967年着工)は、この高度経済成長期に着工した施設である。炭鉱が閉鎖される過程で創作された地域振興策が、常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾート・ハワイアンズ)で創作されたフラガールである。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た新潟市

    国道49号(平 - 郡山 - 会津若松 - 新潟浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た森林

    20世紀前半、即ち殖産興業期から高度経済成長期までは、久慈川と夜ノ森の間(7世紀中葉の多珂国の範囲)の一帯には、長州閥の久原房之助が創業した常磐炭田の営む炭鉱町が点在した。また、常磐炭田の石炭を東京に輸送する手段として、常磐線が敷設された。同じく、夜ノ森以北(江戸時代の中村藩の領土)では森林開発が行われて森林鉄道も敷設され、浪江や原町を発着点として、旧中村藩内の木材も東京に輸送されていた。また、エネルギー源以外での著名な歴史遺産として、1923年9月1日の関東大震災を世界中に報じた原町無線塔が有名である。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た日立市

    7世紀前半の浜通りには、菊多国造・石城国造・染羽国造・浮田国造などが割拠していた。7世紀中葉には、高国造・菊多国造・石城国造の3つが統合されて多珂国となり、その南限が「助川」こと日立市で、北限が「苦麻」の村と呼ばれた大熊であった。この多珂国では、助川は「道前(道の口)」、苦麻の村は「道後(道の尻)」とも呼ばれていた。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た常磐自動車道

    現在では、これらの律令時代からの道と似た経路で、東京を始点として国道6号・常磐線・常磐自動車道が、幹線として南北を縦断している。なお、中通りとの連絡線としては、南はいわき市の平から国道49号・磐越東線・磐越自動車道が通り、北は相馬市の中村から国道115号が通る。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た会津地方

    浜通りは、1876年以前は磐前県(いわさきけん)という独立した県であり、中通り(1876年以前の福島県)や会津地方(1876年以前は若松県)とは別の県であった。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た多賀城

    古代には、当時の日本の中心地だった畿内から陸奥国に通じる道として「海道」が当地を貫き、これが律令制以後に東海道と呼ばれた。「海道」がその道沿いにある地方名としても用いられたのに対し、東海道は多賀城までの道の名前としては使われたが、地方名としては常陸国を北限とし、当地は東山道に含まれた。中世には、とりわけ当地のみを指して海道あるいは東海道と呼ぶ例も見られる。浜通り フレッシュアイペディアより)

226件中 31 - 40件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード