226件中 61 - 70件表示
  • 浜通り

    浜通りから見たDASH村

    福島第一原子力発電所(福島第一原発。大熊)など、多数の原子炉を持つ原子力発電所が多く立地するため、「原発銀座」とも呼ばれている。また、村落型施設として、サッカーのナショナルトレーニングセンターであるJヴィレッジ(広野)や、テレビ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』の企画として設けられたDASH村(浪江)がある。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た富岡町

    海岸線は砂浜、崖、あるいは崖の前に砂浜が広がる地形となっている。隆起にともない海岸段丘も作られており、海岸侵食が強く、南相馬市や富岡町では年平均0.4メートルほど海岸線が後退している。削られた陸地により、海側には幅約2.5キロメートルの海食台ができており、これが約7000年前に海面水準が現在のものになった時の海岸線に対応していると考えられる。7000年前の海岸は2.5キロメートル先だったということである。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た宮城県

    また、夜ノ森を境にして、南(岩城氏領・磐城平藩領)と北(相馬氏領・中村藩領)に分ける場合もある。なお、福島県庁によるエリア区分では、南のいわき(いわき市)と北の相双(相馬氏領、岩城氏領のうち旧楢葉郡)に分ける場合もある。福島県東部は、戊辰戦争の結果、陸奥国が分割されて磐城国と命名された。この磐城国には、戦国時代に白河氏が治めた白河郡や、伊達氏の家臣亘理氏が治めた宮城県亘理郡の地域も含まれている。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た佐竹氏

    西には現在の福島県中通り中部を領土とする田村氏(本拠地:船引・三春)や蘆名氏(本拠地:会津若松・岩瀬・須賀川)が、南には現在の茨城県北部(本拠地:常陸太田→水戸)を領土とする佐竹氏が、北には現在の福島県中通り北部から山形県南東部(本拠地:信夫、伊達→米沢)を領土とした伊達氏が、それぞれ勢力を拡大した。伊達氏が現在の宮城県に本拠地を移したのは、豊臣政権の政策によるものである(本拠地:米沢→岩出山→仙台)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た律令制

    古代には、当時の日本の中心地だった畿内から陸奥国に通じる道として「海道」が当地を貫き、これが律令制以後に東海道と呼ばれた。「海道」がその道沿いにある地方名としても用いられたのに対し、東海道は多賀城までの道の名前としては使われたが、地方名としては常陸国を北限とし、当地は東山道に含まれた。中世には、とりわけ当地のみを指して海道あるいは東海道と呼ぶ例も見られる。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た新地町

    (※ 相馬氏領と伊達氏領の境は駒ヶ嶺城であり、新地町域は1591年から1868年まで仙台藩主伊達氏の領土であった。)浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た常陸国

    古代には、当時の日本の中心地だった畿内から陸奥国に通じる道として「海道」が当地を貫き、これが律令制以後に東海道と呼ばれた。「海道」がその道沿いにある地方名としても用いられたのに対し、東海道は多賀城までの道の名前としては使われたが、地方名としては常陸国を北限とし、当地は東山道に含まれた。中世には、とりわけ当地のみを指して海道あるいは東海道と呼ぶ例も見られる。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た会津若松市

    西には現在の福島県中通り中部を領土とする田村氏(本拠地:船引・三春)や蘆名氏(本拠地:会津若松・岩瀬・須賀川)が、南には現在の茨城県北部(本拠地:常陸太田→水戸)を領土とする佐竹氏が、北には現在の福島県中通り北部から山形県南東部(本拠地:信夫、伊達→米沢)を領土とした伊達氏が、それぞれ勢力を拡大した。伊達氏が現在の宮城県に本拠地を移したのは、豊臣政権の政策によるものである(本拠地:米沢→岩出山→仙台)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た緩衝地帯

    この戦国時代において、浜通りは佐竹・伊達・田村・蘆名の4勢力の緩衝地帯、特に熊川・富岡は相馬と岩城を加えた6勢力の緩衝地帯となった。そして、相馬氏領と伊達氏領の境界が、相馬氏の本拠地だった中村に近い駒ヶ嶺であった。一方、岩城氏領と佐竹氏領の境界は、律令時代と同じく勿来であった。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た小高町

    南北朝時代になると、相馬氏は小高を本拠地として北朝方につき、岩城氏は初めのうち南朝方についたが、後に北朝方についた。南北朝時代・室町時代には、海道・仙道(山道)・会津という後の浜通り・中通り・会津に対応する地域区分が現われた。海道は東海道とも呼ばれ、岩崎郡(後の磐前郡)、岩城郡、楢葉郡、標葉郡、行方郡の5郡が該当した。後の福島県内でも宇多郡は入らない。北朝の勝利が確定した後も、陸奥国では奥州管領・奥州探題や鎌倉公方の対立のせいで上位権力が分裂する時代が続いた。そこで相馬・岩城を含む海道5郡の10氏は、応永17年(1410年)に五郡一揆を結んで相互の協力による紛争解決を約した。浜通り フレッシュアイペディアより)

226件中 61 - 70件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード