226件中 71 - 80件表示
  • 浜通り

    浜通りから見た原子力発電所

    福島第一原子力発電所(福島第一原発。大熊)など、多数の原子炉を持つ原子力発電所が多く立地するため、「原発銀座」とも呼ばれている。また、村落型施設として、サッカーのナショナルトレーニングセンターであるJヴィレッジ(広野)や、テレビ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』の企画として設けられたDASH村(浪江)がある。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た豊臣政権

    西には現在の福島県中通り中部を領土とする田村氏(本拠地:船引・三春)や蘆名氏(本拠地:会津若松・岩瀬・須賀川)が、南には現在の茨城県北部(本拠地:常陸太田→水戸)を領土とする佐竹氏が、北には現在の福島県中通り北部から山形県南東部(本拠地:信夫、伊達→米沢)を領土とした伊達氏が、それぞれ勢力を拡大した。伊達氏が現在の宮城県に本拠地を移したのは、豊臣政権の政策によるものである(本拠地:米沢→岩出山→仙台)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た岩出山町

    西には現在の福島県中通り中部を領土とする田村氏(本拠地:船引・三春)や蘆名氏(本拠地:会津若松・岩瀬・須賀川)が、南には現在の茨城県北部(本拠地:常陸太田→水戸)を領土とする佐竹氏が、北には現在の福島県中通り北部から山形県南東部(本拠地:信夫、伊達→米沢)を領土とした伊達氏が、それぞれ勢力を拡大した。伊達氏が現在の宮城県に本拠地を移したのは、豊臣政権の政策によるものである(本拠地:米沢→岩出山→仙台)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た磐城国

    また、夜ノ森を境にして、南(岩城氏領・磐城平藩領)と北(相馬氏領・中村藩領)に分ける場合もある。なお、福島県庁によるエリア区分では、南のいわき(いわき市)と北の相双(相馬氏領、岩城氏領のうち旧楢葉郡)に分ける場合もある。福島県東部は、戊辰戦争の結果、陸奥国が分割されて磐城国と命名された。この磐城国には、戦国時代に白河氏が治めた白河郡や、伊達氏の家臣亘理氏が治めた宮城県亘理郡の地域も含まれている。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見たフラガール

    ところが、20世紀後半、高度経済成長期になると、常磐炭田と森林鉄道は閉鎖され、浜通りは「炭鉱地帯」「木材地帯」から「電源地帯」に転換され、原子力発電所や火力発電所が多数建設された。小名浜の臨海工業地域や、「苦麻」こと大熊に建設されて2011年に爆発した福島第一原発(1967年着工)は、この高度経済成長期に着工した施設である。炭鉱が閉鎖される過程で創作された地域振興策が、常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾート・ハワイアンズ)で創作されたフラガールである。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た奥羽山脈

    福島県は奥羽山脈と阿武隈高地、その2つの山地によって会津と中通りと浜通りの3地域に区分されている。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た標葉郡

    南北朝時代になると、相馬氏は小高を本拠地として北朝方につき、岩城氏は初めのうち南朝方についたが、後に北朝方についた。南北朝時代・室町時代には、海道・仙道(山道)・会津という後の浜通り・中通り・会津に対応する地域区分が現われた。海道は東海道とも呼ばれ、岩崎郡(後の磐前郡)、岩城郡、楢葉郡、標葉郡、行方郡の5郡が該当した。後の福島県内でも宇多郡は入らない。北朝の勝利が確定した後も、陸奥国では奥州管領・奥州探題や鎌倉公方の対立のせいで上位権力が分裂する時代が続いた。そこで相馬・岩城を含む海道5郡の10氏は、応永17年(1410年)に五郡一揆を結んで相互の協力による紛争解決を約した。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た森林鉄道

    20世紀前半、即ち殖産興業期から高度経済成長期までは、久慈川と夜ノ森の間(7世紀中葉の多珂国の範囲)の一帯には、長州閥の久原房之助が創業した常磐炭田の営む炭鉱町が点在した。また、常磐炭田の石炭を東京に輸送する手段として、常磐線が敷設された。同じく、夜ノ森以北(江戸時代の中村藩の領土)では森林開発が行われて森林鉄道も敷設され、浪江や原町を発着点として、旧中村藩内の木材も東京に輸送されていた。また、エネルギー源以外での著名な歴史遺産として、1923年9月1日の関東大震災を世界中に報じた原町無線塔が有名である。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た勿来

    7世紀後半になると、律令制が浸透して中央集権国家が形成され、苦麻以南である多珂国は常陸国に編入され、長塚以北は陸奥国に編入された。そして、奈良時代当初の718年には、現在の平潟トンネルを境に北側は分離され、現在の関田から亘理までは石城国として分立した。そして、この平潟トンネルの崖のすぐ北には、「勿来関」と呼ばれる菊多関が設置された。しかし、720年代になると、石城国は陸奥国に再編入された。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た仙台藩

    1868年に勃発した戊辰戦争では、磐城平藩と中村藩は、仙台藩などと共にいわゆる奥羽越列藩同盟に加わったが、薩長軍に敗れた。この戊辰戦争の結果、磐城平には明治政府の占領地政府である「民政局」が設置された。また、1869年1月19日に陸奥国は分割され、阿武隈川以東の地域が、磐城国とされた。浜通り フレッシュアイペディアより)

226件中 71 - 80件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード