226件中 81 - 90件表示
  • 浜通り

    浜通りから見た若松県

    浜通りは、1876年以前は磐前県(いわさきけん)という独立した県であり、中通り(1876年以前の福島県)や会津地方(1876年以前は若松県)とは別の県であった。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た南相馬市

    海岸線は砂浜、崖、あるいは崖の前に砂浜が広がる地形となっている。隆起にともない海岸段丘も作られており、海岸侵食が強く、南相馬市や富岡町では年平均0.4メートルほど海岸線が後退している。削られた陸地により、海側には幅約2.5キロメートルの海食台ができており、これが約7000年前に海面水準が現在のものになった時の海岸線に対応していると考えられる。7000年前の海岸は2.5キロメートル先だったということである。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た国道49号

    現在では、これらの律令時代からの道と似た経路で、東京を始点として国道6号・常磐線・常磐自動車道が、幹線として南北を縦断している。なお、中通りとの連絡線としては、南はいわき市の平から国道49号・磐越東線・磐越自動車道が通り、北は相馬市の中村から国道115号が通る。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た国道115号

    現在では、これらの律令時代からの道と似た経路で、東京を始点として国道6号・常磐線・常磐自動車道が、幹線として南北を縦断している。なお、中通りとの連絡線としては、南はいわき市の平から国道49号・磐越東線・磐越自動車道が通り、北は相馬市の中村から国道115号が通る。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た亘理町

    浜通り地方の西側を占める阿武隈高地の地形説明はその項目に記す。東側、山地と海岸にはさまれた南北に細長い地域に地形の名はついていない。本節ではここを浜通り海岸地域、あるいは単に海岸地域と呼んで説明する。北北西 - 南南東 の方向に直線的に伸びる双葉断層を西の境界とし、北では宮城県亘理町から、南では福島県いわき市の北東部(久之浜の付近)までがここでいう海岸地域である。阿武隈山地も海岸線も南北方向に伸びているので、斜めに走る双葉断層で切り取られる海岸地域の幅は北で広く、南にいくほど狭い。南北に細長い三角形である。地域内を詳しく見ると、高度200メートル以下の低い丘陵と、何段にも分かれる河岸段丘、川沿いに広がる沖積低地という小地形が多数、それぞれ東西方向に伸びている。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た殖産興業

    20世紀前半、即ち殖産興業期から高度経済成長期までは、久慈川と夜ノ森の間(7世紀中葉の多珂国の範囲)の一帯には、長州閥の久原房之助が創業した常磐炭田の営む炭鉱町が点在した。また、常磐炭田の石炭を東京に輸送する手段として、常磐線が敷設された。同じく、夜ノ森以北(江戸時代の中村藩の領土)では森林開発が行われて森林鉄道も敷設され、浪江や原町を発着点として、旧中村藩内の木材も東京に輸送されていた。また、エネルギー源以外での著名な歴史遺産として、1923年9月1日の関東大震災を世界中に報じた原町無線塔が有名である。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た宇多郡

    文治5年(1189年)の奥州合戦で功績があった千葉常胤は、陸奥国で得た恩賞を子に分け与えた。その一人が相馬師常で、宇多郡、行方郡の地頭となった。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た亘理郡

    また、夜ノ森を境にして、南(岩城氏領・磐城平藩領)と北(相馬氏領・中村藩領)に分ける場合もある。なお、福島県庁によるエリア区分では、南のいわき(いわき市)と北の相双(相馬氏領、岩城氏領のうち旧楢葉郡)に分ける場合もある。福島県東部は、戊辰戦争の結果、陸奥国が分割されて磐城国と命名された。この磐城国には、戦国時代に白河氏が治めた白河郡や、伊達氏の家臣亘理氏が治めた宮城県亘理郡の地域も含まれている。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た高度経済成長

    20世紀前半、即ち殖産興業期から高度経済成長期までは、久慈川と夜ノ森の間(7世紀中葉の多珂国の範囲)の一帯には、長州閥の久原房之助が創業した常磐炭田の営む炭鉱町が点在した。また、常磐炭田の石炭を東京に輸送する手段として、常磐線が敷設された。同じく、夜ノ森以北(江戸時代の中村藩の領土)では森林開発が行われて森林鉄道も敷設され、浪江や原町を発着点として、旧中村藩内の木材も東京に輸送されていた。また、エネルギー源以外での著名な歴史遺産として、1923年9月1日の関東大震災を世界中に報じた原町無線塔が有名である。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た常磐炭田

    20世紀前半、即ち殖産興業期から高度経済成長期までは、久慈川と夜ノ森の間(7世紀中葉の多珂国の範囲)の一帯には、長州閥の久原房之助が創業した常磐炭田の営む炭鉱町が点在した。また、常磐炭田の石炭を東京に輸送する手段として、常磐線が敷設された。同じく、夜ノ森以北(江戸時代の中村藩の領土)では森林開発が行われて森林鉄道も敷設され、浪江や原町を発着点として、旧中村藩内の木材も東京に輸送されていた。また、エネルギー源以外での著名な歴史遺産として、1923年9月1日の関東大震災を世界中に報じた原町無線塔が有名である。浜通り フレッシュアイペディアより)

226件中 81 - 90件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード