194件中 81 - 90件表示
  • 浜通り

    浜通りから見た三春町

    戦国時代になると、相馬氏(本拠地:小高→中村)が南朝方であった標葉氏を滅ぼし、標葉郡を領土に収めて勢力を拡張し、岩城氏(本拠地:飯野平→長友→白土→飯野平)と境界を接した。この相馬領と岩城領の境界が、熊川の2km南に位置する夜ノ森であった。西には現在の福島県中通り中部を領土とする田村氏(本拠地:船引・三春)や蘆名氏(本拠地:会津若松・岩瀬・須賀川)が、南には現在の茨城県北部(本拠地:常陸太田→水戸)を領土とする佐竹氏が、北には現在の福島県中通り北部から山形県南東部(本拠地:信夫、伊達→米沢)を領土とした伊達氏が、それぞれ勢力を拡大した。伊達氏が現在の宮城県に本拠地を移したのは、豊臣政権の政策によるものである(本拠地:米沢→岩出山→仙台)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た南朝 (日本)

    南北朝時代になると、相馬氏は小高を本拠地として北朝方につき、岩城氏は初めのうち南朝方についたが、後に北朝方についた。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た由利本荘市

    そして、岩城氏は飯野平から追放され、亀田(由利本荘市北部)に飛ばされた。これに代わって、浜通り南部には徳川家康の幼なじみである鳥居忠政が入り、飯野平は磐城平に改名された。こうして、藩政時代の浜通り南部は、徳川将軍家の友人(譜代)が治める磐城平藩の領土となり、内藤氏や安藤氏など藩主は何度か入れ替わった。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た磐越東線

    現在では、これらの律令時代からの道と似た経路で、東京を始点として国道6号、常磐線、常磐自動車道が、幹線として南北を縦断している。なお、中通りとの連絡線としては、南はいわき市の平から国道49号・磐越東線・磐越自動車道が通り、北は相馬市の中村から国道115号が通る。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見たみだれ髪

    みだれ髪(美空ひばり):薄磯(小名浜郊外)浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た放送

    いわき市民コミュニティ放送:いわき市を放送対象地域とするコミュニティFM局。愛称は「SEA WAVE FMいわき」。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た猪苗代町

    国道115号(相馬 - 福島 - 猪苗代浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た相馬野馬追

    相馬氏に因んだ郷土芸能として、相馬野馬追が有名である。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た常陸太田市

    戦国時代になると、相馬氏(本拠地:小高→中村)が南朝方であった標葉氏を滅ぼし、標葉郡を領土に収めて勢力を拡張し、岩城氏(本拠地:飯野平→長友→白土→飯野平)と境界を接した。この相馬領と岩城領の境界が、熊川の2km南に位置する夜ノ森であった。西には現在の福島県中通り中部を領土とする田村氏(本拠地:船引・三春)や蘆名氏(本拠地:会津若松・岩瀬・須賀川)が、南には現在の茨城県北部(本拠地:常陸太田→水戸)を領土とする佐竹氏が、北には現在の福島県中通り北部から山形県南東部(本拠地:信夫、伊達→米沢)を領土とした伊達氏が、それぞれ勢力を拡大した。伊達氏が現在の宮城県に本拠地を移したのは、豊臣政権の政策によるものである(本拠地:米沢→岩出山→仙台)。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た広域放送

    他にも、浜通り北部では宮城県の民放テレビ局を、浜通り南部のいわき市では関東地方の民放テレビ局を受信している世帯も多い。浜通り フレッシュアイペディアより)

194件中 81 - 90件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード

  • 若者が相馬で農業をするきっかけを作りたい

  • いわきの声援で野球できた

  • (塾生で)かなり多くの方が立候補に意欲を燃やしている。