海上自衛隊ソマリア沖派遣 ニュース&Wiki etc.

海上警備行動(かいじょうけいびこうどう)とは、防衛大臣が、海上における人命若しくは財産の保護又は治安の維持のため特別の必要があると判断した場合に命ぜられる、自衛隊の部隊による海上における必要な行動をいう。1999年(平成11年)の「能登半島沖不審船事件」に際し、初めて発動された。 (出典:Wikipedia)

「海上自衛隊ソマリア沖派遣」最新ニュース

「海上自衛隊ソマリア沖派遣」Q&A

  • Q&A

    ソマリア沖海賊の対処活動(ソマリアおきかいぞくたいしょかつどう)は、ソマリア沖やアデ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年8月14日 21:38

  • Q&A

    日本の独立と、日本国民の生命財産はアメリカ「トランプ候補の米国意識」、憲法9条、帰化…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年6月12日 14:00

  • Q&A

    日本の独立と、日本国民の生命財産はアメリカ「トランプ候補の米国意識」、憲法9条、帰化…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年6月11日 13:16

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「海上警備行動」のつながり調べ

  • 中国人民解放軍海軍

    中国人民解放軍海軍から見た海上警備行動

    2004年11月10日、漢型原子力潜水艦が日本の領海を侵犯し、日本の海上自衛隊が海上警備行動を行う事件が発生した(漢級原子力潜水艦領海侵犯事件)。後に、外交部は、意図的な侵犯ではなかったと釈明している。(中国人民解放軍海軍 フレッシュアイペディアより)

  • 海上自衛隊

    海上自衛隊から見た海上警備行動

    2009年4月以降、ソマリア沖の海賊対策において、航行する日本の商船の護衛任務を行っている。派遣当初は海上警備行動及び警察官職務執行法を準用していたが、7月24日以降海賊行為の処罰及び海賊行為への対処に関する法律に切り替えて活動を継続している。(海上自衛隊 フレッシュアイペディアより)

「海上警備行動」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ