53件中 21 - 30件表示
  • あぶくま (護衛艦)

    あぶくま (護衛艦)から見た海上警備行動海上警備行動

    1999年3月23日に発生した、能登半島沖不審船事件において、初の「海上における警備行動」が発令され、護衛艦「はるな」、「みょうこう」と共に不審船を追跡した。あぶくま (護衛艦) フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た海上警備行動海上警備行動

    2009年(平成21年)3月13日に海上警備行動が発令され、翌14日に護衛艦2隻を基幹とする約400名がソマリア沖・アデン湾へ向けて出発。その後、法的根拠が海賊対処法へ変更。海上自衛隊の海空部隊が基幹であるものの、航空自衛隊の空輸部隊、その拠点を警備する陸上自衛隊の戦闘部隊、更に数名の海上保安官らなどをも含む統合部隊である。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • スクランブル

    スクランブルから見た海上警備行動海上警備行動

    また海上保安庁の要請により、遭難船舶や不審船の捜索も行う。不審船の対処は、海上保安庁の管轄であるが、対処不能な場合には、海上自衛隊が海上警備行動を実施する。スクランブル フレッシュアイペディアより)

  • 川崎二郎

    川崎二郎から見た海上警備行動海上警備行動

    運輸大臣在任中の1999年(平成11年)3月23日、能登半島沖不審船事件が発生する。海上保安庁の所管官庁は運輸省であったため、川崎は海上保安庁に対し、威嚇射撃を許可する旨を通達。これを受け、海上保安庁は不審船に対して威嚇射撃を行った。首相官邸対策室は海上警備行動の発令を検討するも、この不審船は北朝鮮の工作船である可能性が高く、親朝派の野中広務内閣官房長官が官邸に圧力をかけたために阻止された。しかし威嚇射撃を受けた不審船は一旦逃走を始めたが、日本側が追跡を一時的に中断したものを、追跡を断念したものと判断したのか、日本の領海内で停船。そのため翌24日0時過ぎ、川崎は野呂田芳成防衛庁長官に「海上保安庁の能力を超えている」と連絡。川崎から連絡を受けた野呂田が海上自衛隊に対し、海上警備行動を発令した。川崎二郎 フレッシュアイペディアより)

  • ゆうだち (護衛艦・2代)

    ゆうだち (護衛艦・2代)から見た海上警備行動海上警備行動

    同年11月10日から12日にかけて護衛艦「くらま」と共に漢級原子力潜水艦領海侵犯事件(海上警備行動発令)に対処するため出動。ゆうだち (護衛艦・2代) フレッシュアイペディアより)

  • 海上保安庁の歴史

    海上保安庁の歴史から見た海上警備行動海上警備行動

    11月10日:漢級原子力潜水艦領海侵犯事件発生。海上自衛隊と共に中国海軍所属の091型原子力潜水艦の追跡を行い、所属航空機が潜水艦の写真撮影に成功したが、対潜水艦ゆえに海上保安庁の能力では必要な対策が出来ず、海上警備行動の発令となった。海上保安庁の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 第3護衛隊群

    第3護衛隊群から見た海上警備行動海上警備行動

    1999年(平成11年)3月23日:能登半島沖不審船事件が発生し、海上自衛隊創設以来初となる海上警備行動が発令され、第3護衛隊群司令が現場指揮にあたり、「はるな」「みょうこう」が不審船を追跡、警告射撃等を行った。第3護衛隊群 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛艦隊

    自衛艦隊から見た海上における警備行動海上警備行動

    3月24日:能登半島沖不審船事件に際し、防衛庁長官から海上における警備行動に関する海上自衛隊行動命令(海甲行警命第16号。11.3.24 0050)を発令。自衛艦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍海軍

    中国人民解放軍海軍から見た海上警備行動海上警備行動

    2004年11月10日、漢型原子力潜水艦が日本の領海を侵犯し、日本の海上自衛隊が海上警備行動を行う事件が発生した(漢級原子力潜水艦領海侵犯事件)。後に、外交部は、意図的な侵犯ではなかったと釈明している。中国人民解放軍海軍 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島国有化

    尖閣諸島国有化から見た海上警備行動海上警備行動

    国有化以降は、それを更にエスカレートさせ、2012年9月14日には過去最多となる6隻の「海監」が同時に尖閣諸島を領海侵犯し、9月18日は過去最多となる12隻の公船が接続水域に侵入しこのうち3隻が領海侵犯した。この際、日中のメディアにより「漁政」が1,000隻の漁船団を引き連れて尖閣海域にやってくると報じられていたため、日本の海上保安庁は過去最大となるPS(350トン型未満)以上の巡視船50隻体制で領海警備に当たり、海上警備行動が発令される事態に備えて海上自衛隊の自衛艦も距離を置いて集結した。以後も中国公船は接続水域の出入りを繰り返し、海上保安庁の巡視船艇や海上自衛隊のP-3C哨戒機の監視を受けている。尖閣諸島国有化 フレッシュアイペディアより)

53件中 21 - 30件表示

「海上自衛隊ソマリア沖派遣」のニューストピックワード

  • S.H.Figuarts ウルトラマンベリアル

  • ウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル