43件中 21 - 30件表示
  • 尖閣諸島国有化

    尖閣諸島国有化から見た海上警備行動海上警備行動

    また国有化以降、農業部漁業局漁業部の「漁政」や中華人民共和国国務院国家海洋局の「海監」等の中国公船を尖閣諸島海域に監視・巡航のために頻繁に派遣して、9月14日には過去最多となる6隻の「海監」が同時に尖閣諸島を領海侵犯し、9月18日は過去最多となる12隻の公船が接続数域に侵入しこのうち3隻が領海侵犯した。この際、日中のメディアにより「漁政」が1,000隻の漁船団を引き連れて尖閣海域にやってくると報じられていたため、日本の海上保安庁は過去最大となるPS以上巡視船50隻体制で領海警備に当たり、海上警備行動が発令される事態に備えて海上自衛隊の自衛艦も距離を置いて集結した。以後も中国公船は接続水域の出入りを繰り返し、海上保安庁の巡視船艇や海上自衛隊のP-3C哨戒機の監視を受けている。尖閣諸島国有化 フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア沖の海賊

    ソマリア沖の海賊から見た海上警備行動海上警備行動

    12月23日、政府が、総合海洋政策本部で検討している海賊対策一般法制定までの過渡的な措置として、「海賊が日本籍船を襲撃する可能性が高い場合には、海上自衛隊の護衛艦による海上警備行動を発令する」と表明。ソマリア沖の海賊 フレッシュアイペディアより)

  • 海賊行為の処罰及び海賊行為への対処に関する法律

    海賊行為の処罰及び海賊行為への対処に関する法律から見た海上警備行動海上警備行動

    このような状況で、日本も国際社会の中の責任ある国家として、ソマリア沖海賊の対策部隊派遣を実行する必要性が高まった。しかし、海上保安官や海上警備行動下の自衛官の、職務執行時の武器使用基準を定めた警察官職務執行法7条では、正当防衛や緊急避難や重大犯罪容疑者(懲役3年以上)が逮捕時に抵抗・逃亡する場合を除いて、武器を使用して容疑者に危害を与えることが禁止されていた。このため、仮に海賊が警告を無視して海賊をしようと航行船舶に海賊船を接近させるだけでは懲役3年以上の重大犯罪ではないため、海上保安官は海賊に危害を与える恐れのある海賊船への船体射撃ができないでいた。また、海賊の定義も定められておらず、国内に対応した海上警備行動では海賊から外国船舶を護衛できなかったため、実効力のある取り締まり活動は不可能であった。海賊行為の処罰及び海賊行為への対処に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た海上警備行動海上警備行動

    2009年(平成21年)3月13日に海上警備行動が発令され、翌14日に護衛艦2隻を基幹とする約400名がソマリア沖・アデン湾へ向けて出発。その後、法的根拠が海賊対処法へ変更。海上自衛隊の海空部隊が基幹であるものの、航空自衛隊の空輸部隊、その拠点を警備する陸上自衛隊の戦闘部隊、更に数名の海上保安官らなどをも含む統合部隊である。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍海軍

    中国人民解放軍海軍から見た海上警備行動海上警備行動

    2004年11月10日、漢型原子力潜水艦が日本の領海を侵犯し、日本の海上自衛隊が海上警備行動を行う事件が発生した(漢級原子力潜水艦領海侵犯事件)。後に、外交部は、意図的な侵犯ではなかったと釈明している。中国人民解放軍海軍 フレッシュアイペディアより)

  • 能登半島沖不審船事件

    能登半島沖不審船事件から見た海上警備行動海上警備行動

    不審船は威嚇射撃に反応したためか、35ノットに増速して逃走。この速度に海上保安庁の巡視船艇は付いて行けず、燃料不足も懸念されたため「はまゆき」「なおづき」「さど」が続々と脱落、深夜には巡視船艇すべてが脱落した。特に「第一大西丸」は護衛艦「はるな」のみの追跡となった。官邸対策室ではこれを受けて海上警備行動発令へと傾いたが、野中広務内閣官房長官が発令しないよう官邸に圧力をかけ、官邸も一旦は追跡打ち切りの方向へと向かっていた。能登半島沖不審船事件 フレッシュアイペディアより)

  • 3月23日

    3月23日から見た海上警備行動海上警備行動

    1999年 - 能登半島沖不審船事件。自衛隊に初の実戦命令となった海上警備行動が発令される。3月23日 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮の歴史

    朝鮮の歴史から見た海上警備行動海上警備行動

    1999年3月23日 能登半島沖不審船事件。日本国海上警備行動発令。朝鮮の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛省

    防衛省から見た海上における警備行動海上警備行動

    ただしこれは、省昇格を支持する勢力の国会議員にあっても、文民統制尊重の観点から自衛隊に対する内閣総理大臣の最高指揮権限を残す(防衛担当の国務大臣の職務執行に対し一定の歯止めを残す)べきとの意見が多かったので、2006年の防衛庁設置法等の改正でも自衛隊の出動に関する権限は、最高指揮監督権、防衛出動の命令、治安出動の命令、海上における警備行動の承認を内閣の長である内閣総理大臣の権限とする従来の規定が維持された。防衛省 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛省

    防衛省から見た海上警備行動海上警備行動

    省への移行によって、内閣法にいう主任の大臣は、総理府・内閣府の長たる内閣総理大臣から防衛大臣となった。すなわち、防衛大臣は防衛省の所掌事務である国防について分担管理する大臣として責任を負う。しかし、防衛大臣が自衛隊に対して命令できる行動は「海上警備行動」までであり、それより上位の「警護出動」・「治安出動」、最上位の「防衛出動」は内閣の首長としての内閣総理大臣に命令権が与えられている。このため、省への移行に伴う防衛大臣(旧防衛庁長官)の職責上の変更点は、閣議への請議や財務大臣への予算要求、省令の制定などが防衛大臣の名において行えるようになったことに留まった。したがって、省への移行の具体的な効果は事務手続のごく若干の緩和、庁より格が高いとされる省への名称変更による隊員と職員の士気向上、他国の国防機関との均衡の改善などが挙げられている。防衛省 フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「海上自衛隊ソマリア沖派遣」のニューストピックワード