58件中 41 - 50件表示
  • 海上警備行動

    海上警備行動から見た内閣総理大臣

    自衛隊法82条に規定されたものであり、自衛隊法93条に権限についての規定が定められている。海上における治安出動に相当し、警察官職務執行法・海上保安庁法が準用される。発令に当たっては、閣議を経て、内閣総理大臣による承認が必要である。海上警備行動 フレッシュアイペディアより)

  • 海上警備行動

    海上警備行動から見たくらま (護衛艦)

    海上自衛隊は護衛艦「くらま」「ゆうだち」及び航空機「P-3C」による追跡を行ったが、武器は使用しなかった。海上警備行動 フレッシュアイペディアより)

  • 海上警備行動

    海上警備行動から見た治安

    海上警備行動(かいじょうけいびこうどう)とは、防衛大臣が、海上における人命若しくは財産の保護又は治安の維持のため特別の必要があると判断した場合に命ぜられる、自衛隊の部隊による海上における必要な行動をいう。1999年(平成11年)の「能登半島沖不審船事件」に際し、初めて発動された。海上警備行動 フレッシュアイペディアより)

  • 海上警備行動

    海上警備行動から見た海賊行為の処罰及び海賊行為への対処に関する法律

    7月24日、海賊行為の処罰及び海賊行為への対処に関する法律(通称 : 海賊対処法、平成21年6月24日法律第55号)の施行に伴い、以後の活動根拠は海賊対処法となる。海上警備行動 フレッシュアイペディアより)

  • 海上警備行動

    海上警備行動から見た警備隊 (保安庁)

    なお、この海上警備行動は保安庁法にも同様の要件で定められていたが、保安庁時代には発令されたことはなかった。現在は、単に「自衛隊の部隊」と規定されており、陸上自衛隊及び航空自衛隊の部隊も海上警備行動に参加することができるが、かつての保安庁法によると、海上自衛隊の前身である「警備隊の部隊」とされており、陸上自衛隊の前身である保安隊の部隊は行動することはできなかった。海上警備行動 フレッシュアイペディアより)

  • 海上警備行動

    海上警備行動から見た東アフリカ

    日本政府は2009年1月16日、東アフリカのソマリア沖の海賊対策に当たり、海上警備行動をもって対処する方針を固めたことを明らかにした。同月20日に国会内で開かれた海賊対策プロジェクトチームの会合でまとめられた報告案は次のとおり。海上警備行動 フレッシュアイペディアより)

  • 海上警備行動

    海上警備行動から見たP-3 (航空機)

    海上自衛隊は護衛艦「くらま」「ゆうだち」及び航空機「P-3C」による追跡を行ったが、武器は使用しなかった。海上警備行動 フレッシュアイペディアより)

  • 海上警備行動

    海上警備行動から見た貨物

    保護の対象は日本船籍、日本人及び日本の貨物を運搬する外国船舶など、日本が関与するもの海上警備行動 フレッシュアイペディアより)

  • 海上警備行動

    海上警備行動から見た三等海曹

    2. 海上保安庁法第十六条、第十七条第一項及び第十八条の規定は、第八十二条の規定により行動を命ぜられた海上自衛隊の三等海曹以上の自衛官の職務の執行について準用する。海上警備行動 フレッシュアイペディアより)

  • 海上警備行動

    海上警備行動から見た正当防衛

    武器の使用は刑法36条1項(正当防衛)及び37条1項前段(緊急避難)に規定する状況下に限定海上警備行動 フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示