677件中 81 - 90件表示
  • ウ・カーングラ・アマンケンガーネ

    ウ・カーングラ・アマンケンガーネから見た銃

    ウ・カーングラ・アマンケンガーネ()はズールー王国の部隊のひとつ。ウ・カーングラ・アマンケンガーネは初代国王シャカ・ズールー(シャカ王)によって組織された。この部隊名は、「怪物たちの監視人」を意味し、怪物たち(白人)を監視するため、白人の居住地付近に配置した特殊部隊を指している。1824年にシャカ王はポート・ナタール(現ダーバン)のイギリス人と・弾薬の入手のために協定を結んだが、その一方でこうした部隊の編成など白人に対する警戒を怠っておらず、シャカ王がヨーロッパ人の脅威に対する対処に苦慮していたことが叙事詩『偉大な王シャカ』の作者、マジン・クネーネによって指摘されている。ウ・カーングラ・アマンケンガーネ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーコロンバイン大虐殺RPG!

    スーパーコロンバイン大虐殺RPG!から見た銃

    ゲームは事件当日、1999年4月20日エリック・ハリスの家から始まる。エリックはディラン・クレボルドに電話をかけ、高校への襲撃の準備を行う。過去を回想し、・ナイフ・爆弾をダッフルバックに詰め、自動車でコロンバイン高校へ向かう。校内に爆弾を設置した二人は爆発予定時刻を待ち、武装して校内に突入。生徒・教師を殺戮し、思うままに校内の設備を破壊。破壊し尽くした後、二人は所持している銃で自殺を図る…スーパーコロンバイン大虐殺RPG! フレッシュアイペディアより)

  • 半島を出よ

    半島を出よから見た銃

    姪浜の倉庫群に、詩人・イシハラと彼を慕う少年たちが暮らしていた。少年たちはいずれも過去に凶悪犯罪を犯すなどの暗い過去を持っていた。イシハラや少年たちは、初めのうち高麗遠征軍に好感を抱いていたが、やがて高麗遠征軍を打倒するべく動き出す。少年たちはそれぞれ特殊な能力を持っており、更にイシハラのもとには少年の他にタケイという中年男性が居着いていた。彼はテロリストに憧れて中東のテロ組織で訓練を受けるも全くついて行けなかったという男だったが、テロ組織とのネットワークを築くことには成功しており、帰国後は会社を経営する傍らでや手榴弾などの武器を収集していた。イシハラグループはそれらの武器を用いて高麗遠征軍を襲撃しようと考えるが、タケイの武器収集は趣味的な部分が多かったため世界中のいろいろな武器が1つずつしかなく、銃弾や使用法に互換性がないため実戦的な使用価値がないと判断される。なお、この際少年の一人が錯乱状態に陥りグループの一人を射殺してしまう。半島を出よ フレッシュアイペディアより)

  • オールド・ボスニアン=クロアチアン・サイトハウンド

    オールド・ボスニアン=クロアチアン・サイトハウンドから見た銃

    主にノウサギ、キツネ、イノシシなどを狩るのに用いられた。ノウサギとキツネは単独で、イノシシはパックを組んで狩猟を行った。視覚で獲物を捜索し、サイトハウンドの持ち味である俊足で一気に加速して獲物を仕留めた。獲物がイノシシの場合は相手を撹乱させたりして弱らせてから噛み留めを行い、主人になどで仕留めてもらった。オールド・ボスニアン=クロアチアン・サイトハウンド フレッシュアイペディアより)

  • 鐶

    から見た銃

    環を開く際、つまみをのトリガのように引く。回転カンがついていることが多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 優駿の門GI

    優駿の門GIから見た銃

    天馬牧場で厩務員として働いている、駿の兄貴分。かつては関西で殺人以外はなんでもやる札付きのワルだったが、トラブルを起こしリンチされていたところを健に助けられ、彼の牧場で働くようになる。中央競馬の騎手になった駿に対してばんえい競馬を捨てた、と憎まれ口を叩くが、内心では強く気にかけており、駿のためなら命もいらないとまで豪語する。哀歌(サラブレッド)を岡田厩舎へと連れてきたとき、自信も居候の厩務員として岡田厩舎に残った。哀歌(サラブレッド)とともにアメリカへ渡り、駿のためにあえて駿の下を離れる。その後口八丁でうまく岡田鮫からケンタッキーダービーの最終追加登録料15万ドルを受け取るが、その金を銀行から引き出した直後強盗に襲われる。金は守ったが、全身をで撃たれ瀕死の重傷を負ってしまう。一度は心肺停止にまで陥るが、ケンタッキーダービー後に奇跡的に復活、一命を取り留めた。優駿の門GI フレッシュアイペディアより)

  • カレル・スヴォボダ

    カレル・スヴォボダから見た銃

    2007年1月28日にイェヴァニーにある邸宅にて変死体となって発見された。68歳だった。による自殺であったと推定されている。カレル・スヴォボダ フレッシュアイペディアより)

  • 登録コサック

    登録コサックから見た銃

    初めての登録コサックは、1572年6月にポーランド・リトアニア共和国の王ジグムント2世の命令により、300人のコサックから編成された兵の小軍団であった。登録コサック以外のコサックは、非登録コサックと呼ばれ、政府によってコサックとして認められず、盗賊と見なされた。登録コサック軍団の正式名は、ザポロージャに住む非登録コサック軍と同様に「ザポロージャのコサック軍」(')であった。軍団の任務は、モスクワ大公国とクリミア・ハン国との境界線の防衛と、ウクライナにおける反乱の鎮圧であった。軍団は登録コサックの軍長(')によって統括され、最初の軍長は貴族のヤン・バドーウシクィイが任命された。登録コサック フレッシュアイペディアより)

  • 筒

    から見た銃

    や大砲等の火器の銃砲身(バレル)をさして、筒という。また転じて銃や大砲そのものを筒と称する事もある(例:大砲の異名である大筒など)。 フレッシュアイペディアより)

  • ポジャールスキー公 (装甲巡洋艦)

    ポジャールスキー公 (装甲巡洋艦)から見た銃

    「ポジャールスキー公」は、1869年に竣工した。艦は事実上の試験艦であり、その後も改修作業が続けられることになった。特に1871年には、長官 海軍中将の意見に従い、近接戦闘時における撃に対する防禦として、すでに撤去されていた戦闘司令塔のかわりに中間艦橋上方に厚み 50.8 mm の装甲覆いが取り付けられた。ポジャールスキー公 (装甲巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

677件中 81 - 90件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード