858件中 81 - 90件表示
  • デカ吉チビ助のアフリカ探検

    デカ吉チビ助のアフリカ探検から見た銃

    チビ助が新聞を読んでいたら、「世界で一番小さい小人を捕まえたら一万ドルが手に入る」と書いてあった。デカ吉・チビ助は、アフリカへ小人を捕まえに行くが、なかなかうまくいかない。最後は、なんとか捕まえることができたが、小人は咳払いしながら、「フン、まだ小さいのがいるよ」と小屋に呼びかけると、さらに小さい小人が出てきた。その小人は夕日に向かって走っていった。小人とお金を失った二匹は、自らにを向け自殺してしまった。デカ吉チビ助のアフリカ探検 フレッシュアイペディアより)

  • ブレンバイザー

    ブレンバイザーから見た銃

    ブレンバイザーは元からドイツに土着していた狩猟用犬種で、およそ14世紀から存在していたことが確認されている。はじめは犬種ではなく、名も無かったが、力強くて体力が多いため、大型獣の狩猟のために犬種として固定された。狩猟のは数頭でブレンバイザーのパックを構成し、獲物を探させて飛びつかせて噛み留めすることで獲物を動けなくしておき、駆けつけた主人がでとどめを刺す方法で行われていた。闘牛(牛いじめ)のブームがドイツにも起こると、ブレンバイザーの狩猟方法が闘牛に最適だったため、ひっぱりだこになった。ブレンバイザー フレッシュアイペディアより)

  • オールド・ボスニアン=クロアチアン・サイトハウンド

    オールド・ボスニアン=クロアチアン・サイトハウンドから見た銃

    主にノウサギ、キツネ、イノシシなどを狩るのに用いられた。ノウサギとキツネは単独で、イノシシはパックを組んで狩猟を行った。視覚で獲物を捜索し、サイトハウンドの持ち味である俊足で一気に加速して獲物を仕留めた。獲物がイノシシの場合は相手を撹乱させたりして弱らせてから噛み留めを行い、主人になどで仕留めてもらった。オールド・ボスニアン=クロアチアン・サイトハウンド フレッシュアイペディアより)

  • ムクワワ

    ムクワワから見た銃

    ドイツの東アフリカ進出に対し、部族として抵抗し、植民地政府をもっとも苦しめたのは南西部でムクワワに率いられていたヘヘ族だった。ムクワワはしばしばキャラバン隊を襲い、通商路を分断した。1891年7月、ドイツ植民地長官は1個大隊(将校を含む320名のアスカリとポーター)を率いてヘヘ族の鎮圧に向かった。ムクワワはドイツ軍と和平しようと贈り物を持たせた使者を送ったが、ドイツ軍兵士はその使者が近づいてくると射殺してしまった。態度を硬化させたムクワワは8月17日、にて3,000名からなる強力な軍(とはいえ槍と数丁のしか装備していなかった)でドイツ軍を待ち伏せ、攻撃した。ドイツ軍はまたたく間に圧倒され、ツェレウスキは殺された()。ムクワワ フレッシュアイペディアより)

  • アーカンソー中央大学

    アーカンソー中央大学から見た銃

    10月26日の午後9時30分ころ、校内の学生寮近くでによる殺人事件が発生し、アーカンソー中央大学に通う男子学生2名が死亡、男性1名(学生ではない)が足に銃弾による傷を負った。事件直後から、容疑者4人のうち3人は逃亡していたが、現地時間27日の夜までに容疑者の男性4人(19歳が2人、20歳が2人)は全員警察によって逮捕された。容疑者はいずれもアーカンソー中央大学の学生ではなかった。アーカンソー中央大学 フレッシュアイペディアより)

  • グアダルーペカラカラ

    グアダルーペカラカラから見た銃

    1700年から島でヤギの放牧が始められると、子ヤギを襲う害鳥とされて(現生のカラカラの獲物には、子ヒツジや子ワニさえも含まれる。グアダルーペカラカラも実際に子ヤギを襲ったのかどうかは資料によって記述がわかれている)グアダルーペカラカラは毒やで駆除されるようになった。小さな島ではグアダルーペカラカラを脅かす動物はそれまで存在せず、警戒心の薄いグアダルーペカラカラはあっさり撃ち取られた。数が少なくなると博物館、鳥類学者、収集家などが標本を手に入れようとして奔走し、ますます減少に拍車がかかった(オオウミガラスやアメリカハシジロキツツキと同じパターンである)。1897年には、1羽100ドルの値が付けられた。1900年12月1日、11羽のグアダルーペカラカラの群れが鳥類学者によって発見され、9羽が標本用に撃ち落とされた。それ以降、グアダルーペカラカラを見たものは誰もおらず、1900年絶滅とされている。グアダルーペカラカラ フレッシュアイペディアより)

  • アキュラシー・インターナショナル

    アキュラシー・インターナショナルから見た銃

    アキュラシー・インターナショナル (Accuracy International) は、イギリスの銃器専門メーカー。アキュラシー・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • ヴァージン (ユタ州)

    ヴァージン (ユタ州)から見た銃器銃

    2000年5月、全家庭に銃器を所持し保有することを命じる法律が可決された。このことは2002年公開のマイケル・ムーア監督の映画「ボウリング・フォー・コロンバイン(Bowling for Columbine)」で取り上げられた。ヴァージン (ユタ州) フレッシュアイペディアより)

  • ニューファンドランドシロオオカミ

    ニューファンドランドシロオオカミから見た銃

    beothucusの由来は先述したとおり、ニューファンドランドに住んでいた先住民ベオトク族に因むが、ヨーロッパ人は彼らの頭の皮に懸賞金をかけて皆殺しにし、1800年までにベオトク族は消滅した。1842年、今度はニューファンドランドシロオオカミが家畜を襲うというので懸賞金の対象になり、や毒餌によってオオカミ狩りが行われるとともに、ゲームとしての狩猟の対象にもなって生息数は減少の一途をたどっていった。しかし、従来はこれら人間の行為が絶滅の直接の原因だとされてきたが、近年の研究では餌であるトナカイの減少が主要な要因となり、その他の要因が複合的にはたらき絶滅に至ったのではないかと考えられるようになった。ニューファンドランドシロオオカミ フレッシュアイペディアより)

  • 猟騎兵

    猟騎兵から見た銃

    記録上最も古い猟兵部隊としては、三十年戦争当時にスウェーデン軍で組織された猟兵中隊が知られる。スウェーデン語で狩猟者と呼ばれたこの部隊は、日頃からの取り扱いになれていた猟師や、森林監視員から徴集され、自前で用意した馬にまたがり乗馬歩兵として活動した。彼らは有用な兵であったが、部隊の規模としてはごく少数に留まり、有力者や指揮官の従者的な側面が強かったとされる。猟騎兵 フレッシュアイペディアより)

858件中 81 - 90件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード