前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示
  • 銃

    から見たサミュエル・コルト

    1836年 - サミュエル・コルト、リボルバーを開発。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たベルトルド・シュバルツ

    ベルトルド・シュバルツ(黒色火薬を発明したとされる人物) フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た全米ライフル協会

    銃規制が緩い国の代表格にアメリカ合衆国が挙げられる。これは建国以来、市民が自衛するための武装権が基本的な権利として伝統的に受容されてきたからであり、地方に行くほど銃規制への反発が根強い。愛好者や銃器メーカーからなる圧力団体全米ライフル協会が強力なロビー活動を展開している。銃規制は州によって異なるが、定められた条件を満たしていれば、未成年者でも銃を所持することができる。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た自衛官

    警察官、自衛官、海上保安官など、一部公務員に対する銃の貸与はあるが、これらは厳重に管理されており、使用についても慎重である。一般に対する銃規制も厳しく、狩猟やスポーツを目的とした銃の所持については、審査を伴う許可制と古式銃に対しては美術品としての登録制が設けられている。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た自衛隊

    一発撃つと次弾が自動的に装填されるセミオート、引き金を引き続ける限り次々に弾丸が発射され続けるフルオートの切り替えが可能なライフル。また、フルオートでは反動の制御が難しい上に弾薬消費が激しいことから、一回引き金を引くと自動的に三発ないし二発までしか発射できないバースト(制限点射)という機能を備えた銃も現在では多い。アサルトライフルの概念は、第二次大戦中のドイツで開発されたStG44で確立され、現在では軍用小銃の多くを占める。米軍のM16、ソビエトが開発したAK-47、自衛隊の89式小銃など。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た第一次世界大戦

    銃がマズルローダー(前装式)からブリーチローダー(後装式)に変わると発射ガスの漏洩を防ぐために金属薬莢が考案され、これを元に連発銃が開発される。これは従来の単発銃と異なり、弾倉を備え、特定の動作で弾薬の再装填が可能な銃であり、その完成版と言えるのがモーゼルのボルトアクション方式である。連発小銃と機関銃は日露戦争や第一次世界大戦などで猛威を振るった。この頃、自動拳銃や機関銃の自動装填機構を小銃に応用して自動(装填)小銃を開発する研究が行われ、やがて第二次世界大戦時のアメリカで使用されたM1ガーランドが最初に大規模に使用された自動小銃となった。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た漫画

    かつて漫画等では、銃が左右反転していることがままあったが、これは漫画家が自分の利き手でないほうの手でエアガンやモデルガン等を握り、鏡に映したものを描写することがあるためといわれている。漫画家も登場人物も右利きである場合が多く、指などの細かい描写を優先させるためには左手に持った銃を鏡で反転させれば楽に描ける。現在ではインターネット等を利用して銃を構えている実際の画像を入手しやすくなったため、あまり見られなくなっている。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たナチス・ドイツ

    ナチス・ドイツではサブマシンガンと自動小銃の中間的な銃であるアサルトライフルを開発した。ドイツの影響を受けた旧ソ連では同様な能力を持つAK-47が採用されたが、アメリカはM14といった強力な反動を持つ自動小銃を使い続けた。しかし、後のベトナム戦争においてM16など5.56mm弾を使用するアサルトライフルを主力に切り替えることになる。現在はアサルトライフルが歩兵銃の主流となっている フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た演劇

    演劇の舞台やドラマ・映画の撮影で使用される模造の銃をステージガンといい、特に実際の撃発を再現するプロップガンが知られている。プロップは「小道具」の意。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た銃砲刀剣類所持等取締法

    日本では、金属性の弾丸を火薬やガスで発射するものを銃砲と定義(銃砲刀剣類所持等取締法)して、所持や使用を規制している。(金属性に「性」の文字が使われており、必ずしも金属製の弾丸でなくともこれに含まれると解釈される) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード