177件中 91 - 100件表示
  • 銃

    から見たマスケット銃

    現代の銃器は合金や合成樹脂などをつや消しの黒色に塗装した実用性の高い設計であるが、式典の際には見栄えが重視されるため、主力のライフルではなく専用の銃器を用意する軍もある。特にM1ガーランドのような弾倉や照準器等が突出せず木製部品が使われるライフルや、装飾が施されたマスケット銃など歴史的な銃器が好まれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たM16自動小銃

    一発撃つと次弾が自動的に装填されるセミオート、引き金を引き続ける限り次々に弾丸が発射され続けるフルオートの切り替えが可能なライフル。また、フルオートでは反動の制御が難しい上に弾薬消費が激しいことから、一回引き金を引くと自動的に三発または二発までしか発射できないバースト(制限点射)という機能を備えた銃も現在では多い。アサルトライフルの概念は、第二次大戦中のドイツで開発されたStG44で確立され、現在では軍用小銃の多くを占める。米軍のM16、ソビエトが開発したAK-47、自衛隊の89式小銃など。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た重機関銃

    重機関銃(ヘビーマシンガン) フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たFN P90

    サブマシンガンは近年の市街戦に最適だが、ボディアーマー(防弾チョッキ)の貫通が難しいという欠点があり、それを克服するためPDWという新しい概念が生まれた。ボディアーマーを貫通するに十分な威力と小型軽量さを兼ね備えたコンセプトで、ピストル弾ではなく小銃弾に改良を加えた新開発の弾丸を使用する傾向がある。使用する弾丸の種類が増えることは補給上好ましくないので現在では広い採用に至っておらず、特殊部隊や民間軍事会社の一部が採用しているにとどまっている。P90など。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た海上保安官

    警察官、自衛官、海上保安官など、一部公務員に対する銃の貸与はあるが、これらは厳重に管理されており、使用についても慎重である。一般に対する銃規制も厳しく、狩猟やスポーツを目的とした銃の所持については、審査を伴う許可制と古式銃に対しては美術品としての登録制が設けられている。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たソンガイ帝国

    はじめて銃器に近いものが発明されたのは中国であり、8世紀末から9世紀初頭ごろに、唐で開発された飛発()がその嚆矢とされる。その後、銃は宋王朝の兵器廠において生産されるようになり、1279年に南宋が滅亡するまでこの生産は続き、対元戦などに使用された。この銃器の生産法は西方のイスラム世界にも伝えられ、なかでもオスマン帝国は銃を多用した。1473年には銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破っており、1514年にも同じくオスマン帝国のイェニチェリが、チャルディラーンの戦いにおいてサファヴィー朝のクズルバシュ軍を破っている。15世紀ごろにはヨーロッパでも銃が生産されるようになり、1542年には騎兵用の短銃がスペイン帝国領のドイツで開発され対仏戦に使用された。1543年には、日本の種子島にポルトガル商人によって火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。また、銃はヨーロッパ世界やイスラム世界がその他の世界を征服するのに大きな力を発揮し、スペインのアステカ帝国・インカ帝国の征服、モロッコ・サアド朝のソンガイ帝国征服などの原動力となった。その後、三角貿易の時代にはヨーロッパ諸国のアフリカへの主要輸出品のひとつは銃となり、この銃を入手した西アフリカ海岸部の国々は内陸部の国々に奴隷狩りを仕掛け、これによって入手された奴隷が新大陸へと送られるようになった。1650年代 には銃が火縄式(マッチロック式)から火打ち式(フリントロック式)に移り変わった。1775年のアメリカ独立戦争でライフル(施条式銃)が普及する。その後も銃の開発は進展していき、1822年にはアメリカ人のジョシュア・ショウがパーカッションロックを開発する。1836年にはサミュエル・コルトがリボルバーを開発。1858年にはスミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。1872年にはコルトが、現行リボルバー銃の元祖である「コルトSAA (Single Action Army)」を開発。1893年にはドイツ人のヒューゴ・ボーチャードにより自動拳銃が開発された。1914年ごろにはボルトアクション式ライフルが普及する。1950年代に入ると自動式小銃が世界的に普及するようになり、1960年代には小口径弾を扱う自動小銃が登場した。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たアメリカ独立戦争

    はじめて銃器に近いものが発明されたのは中国であり、8世紀末から9世紀初頭ごろに、唐で開発された飛発()がその嚆矢とされる。その後、銃は宋王朝の兵器廠において生産されるようになり、1279年に南宋が滅亡するまでこの生産は続き、対元戦などに使用された。この銃器の生産法は西方のイスラム世界にも伝えられ、なかでもオスマン帝国は銃を多用した。1473年には銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破っており、1514年にも同じくオスマン帝国のイェニチェリが、チャルディラーンの戦いにおいてサファヴィー朝のクズルバシュ軍を破っている。15世紀ごろにはヨーロッパでも銃が生産されるようになり、1542年には騎兵用の短銃がスペイン帝国領のドイツで開発され対仏戦に使用された。1543年には、日本の種子島にポルトガル商人によって火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。また、銃はヨーロッパ世界やイスラム世界がその他の世界を征服するのに大きな力を発揮し、スペインのアステカ帝国・インカ帝国の征服、モロッコ・サアド朝のソンガイ帝国征服などの原動力となった。その後、三角貿易の時代にはヨーロッパ諸国のアフリカへの主要輸出品のひとつは銃となり、この銃を入手した西アフリカ海岸部の国々は内陸部の国々に奴隷狩りを仕掛け、これによって入手された奴隷が新大陸へと送られるようになった。1650年代 には銃が火縄式(マッチロック式)から火打ち式(フリントロック式)に移り変わった。1775年のアメリカ独立戦争でライフル(施条式銃)が普及する。その後も銃の開発は進展していき、1822年にはアメリカ人のジョシュア・ショウがパーカッションロックを開発する。1836年にはサミュエル・コルトがリボルバーを開発。1858年にはスミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。1872年にはコルトが、現行リボルバー銃の元祖である「コルトSAA (Single Action Army)」を開発。1893年にはドイツ人のヒューゴ・ボーチャードにより自動拳銃が開発された。1914年ごろにはボルトアクション式ライフルが普及する。1950年代に入ると自動式小銃が世界的に普及するようになり、1960年代には小口径弾を扱う自動小銃が登場した。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たボルトアクション方式

    銃がマズルローダー(前装式)からブリーチローダー(後装式)に変わると発射ガスの漏洩を防ぐために金属薬莢が考案され、これを元に連発銃が開発される。これは従来の単発銃と異なり、弾倉を備え、特定の動作で弾薬の再装填が可能な銃であり、その完成版と言えるのがモーゼルのボルトアクション方式である。連発小銃と機関銃は日露戦争や第一次世界大戦などで猛威を振るった。この頃、自動拳銃や機関銃の自動装填機構を小銃に応用して自動(装填)小銃を開発する研究が行われ、やがて第二次世界大戦時のアメリカで使用されたM1ガーランドが最初に大規模に使用された自動小銃となった。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た射的

    かつては光線銃は遊具やゲームとして、的当てや一種のサバイバルゲームのように用いていた。射出弾体には当初は可視光線、後には赤外線を用いていた。実体弾の安全な素材が増加した為に現在ではこの用途ではほとんど用いられていない。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た雷管

    プライマー(雷管) - カートリッジ底部中央の部品。撃発の際に撃針で叩かれる衝撃により、火花が飛び散り薬莢内部の発射薬を燃焼させる。.22・.22LR・.22マグナム等はリムがこれを兼用する。 フレッシュアイペディアより)

177件中 91 - 100件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード