136件中 91 - 100件表示
  • 銃

    から見たジャイロ効果

    腔綫(ライフリング) - 銃身の腔内に施される、螺旋状の溝。銃弾を回転させ、精度を増す作用を持つ(ジャイロ効果)。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たアメリカ合衆国軍

    米軍のM79 40mmグレネードランチャーなど(20mm以上の口径を持つ火器は「銃」でなく「砲」と称するのが普通だが、グレネードランチャーは例外的に砲でなく銃に分類される)。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たスミス&ウェッソン

    1858年 - スミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たKar98k

    元々は騎乗での使用を想定し、歩兵用小銃より短い銃身を備えた小銃のことである。ここから転じて、現在ではおおむね「小型のライフル」を意味する語となり、またアサルトライフルの短銃身派生種はアサルトカービンなどと呼ばれる。米軍のM1カービン、M4カービン、ドイツのカラビナー98など。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たトンプソン・サブマシンガン

    拳銃弾などを発射する小型の機関銃。威力と射程に劣るが、小型軽量で素早い運用ができる。第一次世界大戦時下のドイツが、このメリットを塹壕戦に用い効果を上げた。世界各国はサブマシンガンを妥協の産物としメリットを見出せなかったが、冬戦争においてフィンランドのスオミ KP/-31が戦果を上げて以来は各軍で活躍し、アメリカのトンプソンやソビエトのPPSh-41等が知られる。1970年代以降はアサルトライフルのメカニズムを取り入れ、高性能の銃に発展している。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たシングルアクション

    シングルアクション、ダブルアクション - 銃の射撃操作。各項及び拳銃を参照。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た銃用雷管

    引金を引き、撃発。それによって撃鉄が落ち、撃針を押し出して、薬莢底部の雷管を叩く。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た重機関銃

    重機関銃(ヘビーマシンガン) フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たバレットM82

    装甲車や防弾仕様車両などの戦闘車両のうち、比較的装甲の薄い部分へ狙撃を目的として開発された大口径の銃。イギリスのボーイズ対戦車ライフルや日本の九七式自動砲等がある。第二次世界大戦において装甲車の防御力が急激な進化を遂げた事や、成形炸薬弾を撃ち出す無反動砲やロケット発射機が実用化されたため活躍の機会を失った。近年になって、非装甲目標や防弾ガラス等に対する有効性や、弾丸の質量が大きい事による弾道の直進性が高いことが見直され、対物ライフルとして採用する軍もある(アメリカのバレットM82など)。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たサファヴィー朝

    1514年 - 銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、サファヴィー朝のクズルバシュ軍を破る。 フレッシュアイペディアより)

136件中 91 - 100件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード