136件中 11 - 20件表示
  • 銃

    から見た空気銃

    火薬を用いるものは小型火器に分類され、火器以外の銃としては空気銃が代表的である。空気銃は狩猟や兵士・警官の訓練にも用いられ、これに関連した遊戯銃としてエアソフトガンがある。また、何らかの物体を高速で射出する装置を銃として形容することもあり、電子銃やネイルガンがこれにあたる。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た日露戦争

    銃がマズルローダー(前装式)からブリーチローダー(後装式)に変わると発射ガスの漏洩を防ぐために金属薬莢が考案され、これを元に連発銃が開発される。これは従来の単発銃と異なり、弾倉を備え、特定の動作で弾薬の再装填が可能な銃であり、その完成版と言えるのがモーゼルのボルトアクション方式である。連発小銃と機関銃は日露戦争や第一次世界大戦などで猛威を振るった。この頃、自動拳銃や機関銃の自動装填機構を小銃に応用して自動(装填)小銃を開発する研究が行われ、やがて第二次世界大戦時のアメリカで使用されたM1ガーランドが最初に大規模に使用された自動小銃となった。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たサバイバルゲーム

    プラスチック製の弾丸を発射する安全なエアソフトガンをもちいて撃ち合う遊び・スポーツがサバイバルゲームである。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た警察官

    警察官、自衛官、海上保安官など、一部公務員に対する銃の貸与はあるが、これらは厳重に管理されており、使用についても慎重である。一般に対する銃規制も厳しく、狩猟やスポーツを目的とした銃の所持については、審査を伴う許可制と古式銃に対しては美術品としての登録制が設けられている。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た暴力団

    このため、現在の日本における銃問題は、これらの規制をかいくぐる形で行われる密輸や、遊戯銃の改造が主である。特に暴力団の手による密輸は後を絶たず、これらは銃が容易に手に入る国、例えばロシアや中国、東南アジア(たまに韓国、台湾、アメリカ、グアムなどから密輸することもある)などから流入することが多い。遊戯銃の改造については、ごく一部の銃愛好家が行う傾向にあるもので、プラスチック製の弾を撃ち出すエアソフトガンや、本来模型であるモデルガンを改造強化するなどして、殺傷力を生じさせるものである。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た拳銃

    銃とは、火薬や様々な気体の圧力を用いて、高速で弾丸と呼ばれる小型の飛翔体を発射する武器の総称。弾丸の運動エネルギーによって対象を破壊することを目的としており、狩猟や戦闘に用いられるほか、美術価値を持つものもある。特に大型の物は砲と呼ばれ区別される。拳銃、小銃、機関銃などの種類がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た火薬

    一般に火薬の燃焼ガスの圧力で、金属製(主に鉛)の銃弾を発射する。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た大砲

    銃(じゅう)とは筒状の銃身から弾を発射する道具であり、より小型の物を指す。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た弾頭

    口径 - 弾頭の直径。銃弾や、それを扱う銃の種類を示すために用いられる。アメリカではインチ、ヨーロッパではメートル法が主として使われる。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た火縄銃

    1543年 - 日本の種子島に火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。 フレッシュアイペディアより)

136件中 11 - 20件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード