177件中 11 - 20件表示
  • 銃

    から見た空気銃

    火薬を用いるものは小型火器に分類され、火器以外の銃としては空気銃が代表的である。空気銃は狩猟や兵士・警官の訓練にも用いられ、これに関連した遊戯銃としてエアソフトガンがある。また、何らかの物体を高速で射出する装置を銃として形容することもあり、電子銃やネイルガン、また手持ち火器に類似した形状の高低速の射出工具に銃(ガン)の名を準えて命名した物があり模型や手芸の分野で用いられるグルーガン等がこれにあたる。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た自衛官

    警察官、自衛官、海上保安官など、一部公務員に対する銃の貸与はあるが、これらは厳重に管理されており、使用についても慎重である。一般に対する銃規制も厳しく、狩猟やスポーツを目的とした銃の所持については、審査を伴う許可制と古式銃に対しては美術品としての登録制が設けられている。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た自衛隊

    一発撃つと次弾が自動的に装填されるセミオート、引き金を引き続ける限り次々に弾丸が発射され続けるフルオートの切り替えが可能なライフル。また、フルオートでは反動の制御が難しい上に弾薬消費が激しいことから、一回引き金を引くと自動的に三発または二発までしか発射できないバースト(制限点射)という機能を備えた銃も現在では多い。アサルトライフルの概念は、第二次大戦中のドイツで開発されたStG44で確立され、現在では軍用小銃の多くを占める。米軍のM16、ソビエトが開発したAK-47、自衛隊の89式小銃など。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たナチス・ドイツ

    ナチス・ドイツではサブマシンガンと自動小銃の中間的な銃であるアサルトライフルStG44を開発した。ドイツの影響を受けた旧ソ連では同様な能力を持つAK-47が採用されたが、アメリカはM14といった強力な反動を持つ自動小銃を使い続けた。しかしM14は発射時の強い反動故に、フルオート射撃時の命中率が低いものだった。これが原因でベトナム戦争においてM16など小口径・低反動の5.56mm弾を使用するアサルトライフルを主力に切り替えることになる。現在はアサルトライフルが歩兵銃の主流となっている フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た銃砲刀剣類所持等取締法

    日本では、銃砲刀剣類所持等取締法第二条において金属性の弾丸を火薬やガスで発射するものを銃砲と定義して、所持や使用を規制している。(金属性に「性」の文字が使われており、必ずしも金属製の弾丸でなくともこれに含まれると解釈される) フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た暴力団

    このため、現在の日本における銃問題は、これらの規制をかいくぐる形で行われる密輸や、遊戯銃の改造が主である。特に暴力団の手による密輸は後を絶たず、これらは銃が容易に手に入る国、例えばロシアや中国、東南アジア(たまに韓国、台湾、アメリカ、グアムなどから密輸することもある)などから流入することが多い。遊戯銃の改造については、ごく一部の銃愛好家が行う傾向にあるもので、プラスチック製の弾を撃ち出すエアソフトガンや、本来模型であるモデルガンを改造強化するなどして、殺傷力を生じさせるものである。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た東京マルイ

    射撃を伴う訓練であってもCQBなど暴発の危険が高まる訓練では、実銃の外観を再現したエアソフトガンを使う軍もある。自衛隊では東京マルイが製造した89式の電動ガンをCQB訓練用教材として利用している。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た拳銃

    銃とは、火薬や様々な気体の圧力を用いて、弾丸と呼ばれる小型の飛翔体を高速で発射する武器の総称。弾丸の運動エネルギーによって対象を破壊することを目的としており、狩猟や戦闘に用いられるほか、美術価値を持つものもある。特に大型の物は砲と呼ばれ区別される。拳銃、小銃、機関銃などの種類がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た火薬

    一般に火薬の燃焼ガスの圧力で、金属弾(主に鉛製)を発射する。銃から高速で発射される金属弾は強い殺傷力を持つため、狩猟や戦闘に広く使われている。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た大砲

    銃(じゅう)とは筒状の銃身から弾を発射する道具であり、より小型の物を指す。 フレッシュアイペディアより)

177件中 11 - 20件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード