177件中 31 - 40件表示
  • 銃

    から見た戦闘

    一般に火薬の燃焼ガスの圧力で、金属弾(主に鉛製)を発射する。銃から高速で発射される金属弾は強い殺傷力を持つため、狩猟や戦闘に広く使われている。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た弾倉

    多数の弾丸を詰めたマガジンを備え、発射の反動またはガス圧によって自動的に次弾が薬室に装填され、撃鉄が起こされる。リボルバーに比べて装弾数が多く、口径やマガジンの構造にもよるが、15発前後の弾を扱うことができる。マガジンは素早く交換できるため、持続的に発射できる。フルオートで発射できないものは、正確には半自動式拳銃と表現することになるが、近年のハンドガンでフルオート機構をもつものはほとんどない。フルオート機構をもつものはマシンピストルとも呼ばれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た分隊支援火器

    重機関銃の「重量があり素早く陣地転換できない」問題を解消するため軽量化を施した機関銃で、1人で運搬できるようにしたもの。堅牢性や持続発射能力などは重機関銃に劣る。近年は汎用機関銃もしくは分隊支援火器として発展している(ミニミ軽機関銃、ラインメタルMG3、PKM機関銃など)。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た短機関銃

    ナチス・ドイツではサブマシンガンと自動小銃の中間的な銃であるアサルトライフルStG44を開発した。ドイツの影響を受けた旧ソ連では同様な能力を持つAK-47が採用されたが、アメリカはM14といった強力な反動を持つ自動小銃を使い続けた。しかしM14は発射時の強い反動故に、フルオート射撃時の命中率が低いものだった。これが原因でベトナム戦争においてM16など小口径・低反動の5.56mm弾を使用するアサルトライフルを主力に切り替えることになる。現在はアサルトライフルが歩兵銃の主流となっている フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たアメリカ合衆国

    銃がマズルローダー(前装式)からブリーチローダー(後装式)に変わると発射ガスの漏洩を防ぐために金属薬莢が考案され、これを元に連発銃が開発される。これは従来の単発銃と異なり、弾倉を備え、特定の動作で弾薬の再装填が可能な銃であり、その完成版と言えるのがモーゼルのボルトアクション方式である。連発小銃と機関銃は日露戦争や第一次世界大戦などで猛威を振るった。この頃、自動拳銃や機関銃の自動装填機構を小銃に応用して自動(装填)小銃を開発する研究が行われ、やがて第二次世界大戦時のアメリカで使用されたM1ガーランドが最初に大規模に使用された自動小銃となった。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たインカ帝国

    はじめて銃器に近いものが発明されたのは中国であり、8世紀末から9世紀初頭ごろに、唐で開発された飛発()がその嚆矢とされる。その後、銃は宋王朝の兵器廠において生産されるようになり、1279年に南宋が滅亡するまでこの生産は続き、対元戦などに使用された。この銃器の生産法は西方のイスラム世界にも伝えられ、なかでもオスマン帝国は銃を多用した。1473年には銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破っており、1514年にも同じくオスマン帝国のイェニチェリが、チャルディラーンの戦いにおいてサファヴィー朝のクズルバシュ軍を破っている。15世紀ごろにはヨーロッパでも銃が生産されるようになり、1542年には騎兵用の短銃がスペイン帝国領のドイツで開発され対仏戦に使用された。1543年には、日本の種子島にポルトガル商人によって火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。また、銃はヨーロッパ世界やイスラム世界がその他の世界を征服するのに大きな力を発揮し、スペインのアステカ帝国・インカ帝国の征服、モロッコ・サアド朝のソンガイ帝国征服などの原動力となった。その後、三角貿易の時代にはヨーロッパ諸国のアフリカへの主要輸出品のひとつは銃となり、この銃を入手した西アフリカ海岸部の国々は内陸部の国々に奴隷狩りを仕掛け、これによって入手された奴隷が新大陸へと送られるようになった。1650年代 には銃が火縄式(マッチロック式)から火打ち式(フリントロック式)に移り変わった。1775年のアメリカ独立戦争でライフル(施条式銃)が普及する。その後も銃の開発は進展していき、1822年にはアメリカ人のジョシュア・ショウがパーカッションロックを開発する。1836年にはサミュエル・コルトがリボルバーを開発。1858年にはスミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。1872年にはコルトが、現行リボルバー銃の元祖である「コルトSAA (Single Action Army)」を開発。1893年にはドイツ人のヒューゴ・ボーチャードにより自動拳銃が開発された。1914年ごろにはボルトアクション式ライフルが普及する。1950年代に入ると自動式小銃が世界的に普及するようになり、1960年代には小口径弾を扱う自動小銃が登場した。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たAK-47

    ナチス・ドイツではサブマシンガンと自動小銃の中間的な銃であるアサルトライフルStG44を開発した。ドイツの影響を受けた旧ソ連では同様な能力を持つAK-47が採用されたが、アメリカはM14といった強力な反動を持つ自動小銃を使い続けた。しかしM14は発射時の強い反動故に、フルオート射撃時の命中率が低いものだった。これが原因でベトナム戦争においてM16など小口径・低反動の5.56mm弾を使用するアサルトライフルを主力に切り替えることになる。現在はアサルトライフルが歩兵銃の主流となっている フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た光線銃

    最近では非実体弾を射出する各種の武装・装備を銃と呼称する事も増えている(光線銃等)。その為に、前述の銃定義は広義では当てはまらない事も多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た散弾銃

    もとは小さい弾丸が多数入ったカートリッジで散弾を発射するものだったが、散弾と同じサイズのカートリッジを利用して様々な弾体を撃ち出せるようになった。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た口径

    一般には、口径が20ミリ未満のものを銃と呼び、20ミリ以上のものを砲として分類するが、この基準は運用組織によって異なる場合がある。例えばアメリカ軍および自衛隊では口径20ミリ以上、海上保安庁では同30ミリ以上を砲と呼んでいるが、旧陸軍では明治40年6月以降は口径11ミリを超えるものを砲、昭和11年1月以降はこの区分を廃止して銃か砲かは制式制定毎に決定、旧海軍では40ミリ以上の口径を砲と呼んだ。 フレッシュアイペディアより)

177件中 31 - 40件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード