136件中 31 - 40件表示
  • 銃

    から見たエアソフトガン

    火薬を用いるものは小型火器に分類され、火器以外の銃としては空気銃が代表的である。空気銃は狩猟や兵士・警官の訓練にも用いられ、これに関連した遊戯銃としてエアソフトガンがある。また、何らかの物体を高速で射出する装置を銃として形容することもあり、電子銃やネイルガンがこれにあたる。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た機関銃

    銃とは、火薬や様々な気体の圧力を用いて、高速で弾丸と呼ばれる小型の飛翔体を発射する武器の総称。弾丸の運動エネルギーによって対象を破壊することを目的としており、狩猟や戦闘に用いられるほか、美術価値を持つものもある。特に大型の物は砲と呼ばれ区別される。拳銃、小銃、機関銃などの種類がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たばね

    火縄式の欠点を克服するために、火打ち式(または燧発式)が開発された。最初に登場した火打ち式銃はホイールロック(歯輪銃)と呼ばれるもので、引き金を引くと黄鉄鉱片に押しつけた歯車状のやすりがゼンマイの力で回転してこすれ合い、火花を発生させて火皿の火薬に着火する。ホイールロックは構造が複雑なため確実性に乏しく、また高価であったため、兵器としてはあまり普及せず、貴族の決闘用などに用いられた。その後に登場したのが瞬発式火縄銃の機構を改造して生まれたフリントロック(火打石式銃)で、引き金を引くと、火打石が強力なばねの反発力で火蓋に取り付けられた鋼鉄製の火打ち金に倒れこみ、火花を発生すると同時に、火蓋が開いて火皿の火薬に着火する。この方式は広く各国の軍隊に普及した。インカ帝国はフリントロック式の銃で征服されている。日本においてこのフリントロック方式は全く普及しなかった。その理由として、品質のよい燧石(ひうちいし、すいせき、flint、フリント)が産出できなかったことと、それに伴い発射に充分な火花を得るためハンマーに当たる部分のバネを強くする必要があり、反動とぶれにより命中率が顕著に低下したことが挙げられる。また高温多湿で雨の多い日本では、フリントロック方式の方が生火を使うマッチロック方式より実用性に欠けたためでもある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た分隊支援火器

    重機関銃の「重量があり素早く陣地転換できない」問題を解消するため軽量化を施した機関銃で、1人で運搬できるようにしたもの。堅牢性や持続発射能力などは重機関銃に劣る。近年は汎用機関銃もしくは分隊支援火器として発展している(ミニミ軽機関銃、ラインメタルMG3、PKM機関銃など)。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た短機関銃

    ナチス・ドイツではサブマシンガンと自動小銃の中間的な銃であるアサルトライフルを開発した。ドイツの影響を受けた旧ソ連では同様な能力を持つAK-47が採用されたが、アメリカはM14といった強力な反動を持つ自動小銃を使い続けた。しかし、後のベトナム戦争においてM16など5.56mm弾を使用するアサルトライフルを主力に切り替えることになる。現在はアサルトライフルが歩兵銃の主流となっている フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たスポーツ

    警察官、自衛官、海上保安官など、一部公務員に対する銃の貸与はあるが、これらは厳重に管理されており、使用についても慎重である。一般に対する銃規制も厳しく、狩猟やスポーツを目的とした銃の所持については、審査を伴う許可制と古式銃に対しては美術品としての登録制が設けられている。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たクズルバシュ

    1514年 - 銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、サファヴィー朝のクズルバシュ軍を破る。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たハンドロード

    弾倉(マガジン) - 銃内部に銃弾を収める部品。一般的に箱状で交換ができる。この交換する動作を装弾というが、リロードと呼ぶ場合がある(本来は薬莢に雷管・火薬・弾頭などを再び込めなおし、実包にすること)。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た電子銃

    火薬を用いるものは小型火器に分類され、火器以外の銃としては空気銃が代表的である。空気銃は狩猟や兵士・警官の訓練にも用いられ、これに関連した遊戯銃としてエアソフトガンがある。また、何らかの物体を高速で射出する装置を銃として形容することもあり、電子銃やネイルガンがこれにあたる。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た南部大型自動拳銃

    ショルダー-使用する弾頭によってはない場合もある。NATO弾などはリムと弾頭の口径が異なる実包に多く見られる。カートリッジの直径が小さくなるところから小さくなりきったところまでのこと。このカートリッジを使用する主な理由は、火薬量を増やし、弾頭の初速を上げるためである。この構造を持つ弾薬を「ボトルネック」と呼び、ライフル弾には一般的な構造。ただし、一部口径を除くマウザーシリーズ・トカレフTT-33 ・FN Five-seveN・南部式自動拳銃・GLOCK31/32/33の弾薬もこの構造を持つ。 フレッシュアイペディアより)

136件中 31 - 40件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード