136件中 41 - 50件表示
  • 銃

    から見たM79 グレネードランチャー

    米軍のM79 40mmグレネードランチャーなど(20mm以上の口径を持つ火器は「銃」でなく「砲」と称するのが普通だが、グレネードランチャーは例外的に砲でなく銃に分類される)。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た螺旋

    施条銃。長い銃身を備えた銃で、威力・精度ともに拳銃をはるかに凌駕する。ライフルとは本来、銃身内に施された腔線(ライフリング)を意味しており、これは螺旋状の浅い溝で、銃身内で加速される弾丸に回転運動を加え、弾軸の安定を図り直進性を高める目的で施されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たStG44 (突撃銃)

    一発撃つと次弾が自動的に装填されるセミオート、引き金を引き続ける限り次々に弾丸が発射され続けるフルオートの切り替えが可能なライフル。また、フルオートでは反動の制御が難しい上に弾薬消費が激しいことから、一回引き金を引くと自動的に三発ないし二発までしか発射できないバースト(制限点射)という機能を備えた銃も現在では多い。アサルトライフルの概念は、第二次大戦中のドイツで開発されたStG44で確立され、現在では軍用小銃の多くを占める。米軍のM16、ソビエトが開発したAK-47、自衛隊の89式小銃など。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たオスマン帝国

    1473年 - 銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破る。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た軽機関銃

    軽機関銃(ライトマシンガン) フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た戦闘

    銃とは、火薬や様々な気体の圧力を用いて、高速で弾丸と呼ばれる小型の飛翔体を発射する武器の総称。弾丸の運動エネルギーによって対象を破壊することを目的としており、狩猟や戦闘に用いられるほか、美術価値を持つものもある。特に大型の物は砲と呼ばれ区別される。拳銃、小銃、機関銃などの種類がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た破壊

    銃とは、火薬や様々な気体の圧力を用いて、高速で弾丸と呼ばれる小型の飛翔体を発射する武器の総称。弾丸の運動エネルギーによって対象を破壊することを目的としており、狩猟や戦闘に用いられるほか、美術価値を持つものもある。特に大型の物は砲と呼ばれ区別される。拳銃、小銃、機関銃などの種類がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た中華人民共和国

    このため、現在の日本における銃問題は、これらの規制をかいくぐる形で行われる密輸や、遊戯銃の改造が主である。特に暴力団の手による密輸は後を絶たず、これらは銃が容易に手に入る国、例えばロシアや中国、東南アジア(たまに韓国、台湾、アメリカ、グアムなどから密輸することもある)などから流入することが多い。遊戯銃の改造については、ごく一部の銃愛好家が行う傾向にあるもので、プラスチック製の弾を撃ち出すエアソフトガンや、本来模型であるモデルガンを改造強化するなどして、殺傷力を生じさせるものである。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た火器

    火薬を用いるものは小型火器に分類され、火器以外の銃としては空気銃が代表的である。空気銃は狩猟や兵士・警官の訓練にも用いられ、これに関連した遊戯銃としてエアソフトガンがある。また、何らかの物体を高速で射出する装置を銃として形容することもあり、電子銃やネイルガンがこれにあたる。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た騎兵

    元々は騎乗での使用を想定し、歩兵用小銃より短い銃身を備えた小銃のことである。ここから転じて、現在ではおおむね「小型のライフル」を意味する語となり、またアサルトライフルの短銃身派生種はアサルトカービンなどと呼ばれる。米軍のM1カービン、M4カービン、ドイツのカラビナー98など。 フレッシュアイペディアより)

136件中 41 - 50件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード