177件中 61 - 70件表示
  • 銃

    から見たシングルアクション

    シングルアクション、ダブルアクション - 銃の射撃操作。各項及び拳銃を参照。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た銃用雷管

    引金を引き、撃発。それによって撃鉄が落ち、撃針を押し出して、薬莢底部の雷管を叩く。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たサファヴィー朝

    はじめて銃器に近いものが発明されたのは中国であり、8世紀末から9世紀初頭ごろに、唐で開発された飛発()がその嚆矢とされる。その後、銃は宋王朝の兵器廠において生産されるようになり、1279年に南宋が滅亡するまでこの生産は続き、対元戦などに使用された。この銃器の生産法は西方のイスラム世界にも伝えられ、なかでもオスマン帝国は銃を多用した。1473年には銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破っており、1514年にも同じくオスマン帝国のイェニチェリが、チャルディラーンの戦いにおいてサファヴィー朝のクズルバシュ軍を破っている。15世紀ごろにはヨーロッパでも銃が生産されるようになり、1542年には騎兵用の短銃がスペイン帝国領のドイツで開発され対仏戦に使用された。1543年には、日本の種子島にポルトガル商人によって火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。また、銃はヨーロッパ世界やイスラム世界がその他の世界を征服するのに大きな力を発揮し、スペインのアステカ帝国・インカ帝国の征服、モロッコ・サアド朝のソンガイ帝国征服などの原動力となった。その後、三角貿易の時代にはヨーロッパ諸国のアフリカへの主要輸出品のひとつは銃となり、この銃を入手した西アフリカ海岸部の国々は内陸部の国々に奴隷狩りを仕掛け、これによって入手された奴隷が新大陸へと送られるようになった。1650年代 には銃が火縄式(マッチロック式)から火打ち式(フリントロック式)に移り変わった。1775年のアメリカ独立戦争でライフル(施条式銃)が普及する。その後も銃の開発は進展していき、1822年にはアメリカ人のジョシュア・ショウがパーカッションロックを開発する。1836年にはサミュエル・コルトがリボルバーを開発。1858年にはスミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。1872年にはコルトが、現行リボルバー銃の元祖である「コルトSAA (Single Action Army)」を開発。1893年にはドイツ人のヒューゴ・ボーチャードにより自動拳銃が開発された。1914年ごろにはボルトアクション式ライフルが普及する。1950年代に入ると自動式小銃が世界的に普及するようになり、1960年代には小口径弾を扱う自動小銃が登場した。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たレミントンM870

    大きな1発の弾を撃ち出すスラッグ弾と呼ばれるカートリッジや、非殺傷目的のゴム弾など、様々なカートリッジが存在する。クレー射撃のようなスポーツ用や、狩猟用、警察用(暴徒鎮圧銃)や軍用などにわかれる。近年では近距離戦での有効性が認められ警察用と軍用で発展が著しく、フルオート/セミオートマチックで射撃できる物もある。基本的にライフルサイズであるが、拳銃サイズで使用できるものも存在する。スパス12、M870などが有名。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たイェニチェリ

    はじめて銃器に近いものが発明されたのは中国であり、8世紀末から9世紀初頭ごろに、唐で開発された飛発()がその嚆矢とされる。その後、銃は宋王朝の兵器廠において生産されるようになり、1279年に南宋が滅亡するまでこの生産は続き、対元戦などに使用された。この銃器の生産法は西方のイスラム世界にも伝えられ、なかでもオスマン帝国は銃を多用した。1473年には銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破っており、1514年にも同じくオスマン帝国のイェニチェリが、チャルディラーンの戦いにおいてサファヴィー朝のクズルバシュ軍を破っている。15世紀ごろにはヨーロッパでも銃が生産されるようになり、1542年には騎兵用の短銃がスペイン帝国領のドイツで開発され対仏戦に使用された。1543年には、日本の種子島にポルトガル商人によって火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。また、銃はヨーロッパ世界やイスラム世界がその他の世界を征服するのに大きな力を発揮し、スペインのアステカ帝国・インカ帝国の征服、モロッコ・サアド朝のソンガイ帝国征服などの原動力となった。その後、三角貿易の時代にはヨーロッパ諸国のアフリカへの主要輸出品のひとつは銃となり、この銃を入手した西アフリカ海岸部の国々は内陸部の国々に奴隷狩りを仕掛け、これによって入手された奴隷が新大陸へと送られるようになった。1650年代 には銃が火縄式(マッチロック式)から火打ち式(フリントロック式)に移り変わった。1775年のアメリカ独立戦争でライフル(施条式銃)が普及する。その後も銃の開発は進展していき、1822年にはアメリカ人のジョシュア・ショウがパーカッションロックを開発する。1836年にはサミュエル・コルトがリボルバーを開発。1858年にはスミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。1872年にはコルトが、現行リボルバー銃の元祖である「コルトSAA (Single Action Army)」を開発。1893年にはドイツ人のヒューゴ・ボーチャードにより自動拳銃が開発された。1914年ごろにはボルトアクション式ライフルが普及する。1950年代に入ると自動式小銃が世界的に普及するようになり、1960年代には小口径弾を扱う自動小銃が登場した。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た

    かつて漫画等では、銃が左右反転していることがまあまあったが、これは漫画家が自分の利き手でないほうの手でエアガンやモデルガン等を握り、に映したものを描写することがあるためといわれている。漫画家も登場人物も右利きである場合が多く、指などの細かい描写を優先させるためには左手に持った銃を鏡で反転させれば楽に描ける。現在ではインターネット等を利用して銃を構えている実際の画像を入手しやすくなったため、あまり見られなくなっている。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たチャルディラーンの戦い

    はじめて銃器に近いものが発明されたのは中国であり、8世紀末から9世紀初頭ごろに、唐で開発された飛発()がその嚆矢とされる。その後、銃は宋王朝の兵器廠において生産されるようになり、1279年に南宋が滅亡するまでこの生産は続き、対元戦などに使用された。この銃器の生産法は西方のイスラム世界にも伝えられ、なかでもオスマン帝国は銃を多用した。1473年には銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破っており、1514年にも同じくオスマン帝国のイェニチェリが、チャルディラーンの戦いにおいてサファヴィー朝のクズルバシュ軍を破っている。15世紀ごろにはヨーロッパでも銃が生産されるようになり、1542年には騎兵用の短銃がスペイン帝国領のドイツで開発され対仏戦に使用された。1543年には、日本の種子島にポルトガル商人によって火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。また、銃はヨーロッパ世界やイスラム世界がその他の世界を征服するのに大きな力を発揮し、スペインのアステカ帝国・インカ帝国の征服、モロッコ・サアド朝のソンガイ帝国征服などの原動力となった。その後、三角貿易の時代にはヨーロッパ諸国のアフリカへの主要輸出品のひとつは銃となり、この銃を入手した西アフリカ海岸部の国々は内陸部の国々に奴隷狩りを仕掛け、これによって入手された奴隷が新大陸へと送られるようになった。1650年代 には銃が火縄式(マッチロック式)から火打ち式(フリントロック式)に移り変わった。1775年のアメリカ独立戦争でライフル(施条式銃)が普及する。その後も銃の開発は進展していき、1822年にはアメリカ人のジョシュア・ショウがパーカッションロックを開発する。1836年にはサミュエル・コルトがリボルバーを開発。1858年にはスミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。1872年にはコルトが、現行リボルバー銃の元祖である「コルトSAA (Single Action Army)」を開発。1893年にはドイツ人のヒューゴ・ボーチャードにより自動拳銃が開発された。1914年ごろにはボルトアクション式ライフルが普及する。1950年代に入ると自動式小銃が世界的に普及するようになり、1960年代には小口径弾を扱う自動小銃が登場した。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た前装式

    銃がマズルローダー(前装式)からブリーチローダー(後装式)に変わると発射ガスの漏洩を防ぐために金属薬莢が考案され、これを元に連発銃が開発される。これは従来の単発銃と異なり、弾倉を備え、特定の動作で弾薬の再装填が可能な銃であり、その完成版と言えるのがモーゼルのボルトアクション方式である。連発小銃と機関銃は日露戦争や第一次世界大戦などで猛威を振るった。この頃、自動拳銃や機関銃の自動装填機構を小銃に応用して自動(装填)小銃を開発する研究が行われ、やがて第二次世界大戦時のアメリカで使用されたM1ガーランドが最初に大規模に使用された自動小銃となった。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た白羊朝

    はじめて銃器に近いものが発明されたのは中国であり、8世紀末から9世紀初頭ごろに、唐で開発された飛発()がその嚆矢とされる。その後、銃は宋王朝の兵器廠において生産されるようになり、1279年に南宋が滅亡するまでこの生産は続き、対元戦などに使用された。この銃器の生産法は西方のイスラム世界にも伝えられ、なかでもオスマン帝国は銃を多用した。1473年には銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破っており、1514年にも同じくオスマン帝国のイェニチェリが、チャルディラーンの戦いにおいてサファヴィー朝のクズルバシュ軍を破っている。15世紀ごろにはヨーロッパでも銃が生産されるようになり、1542年には騎兵用の短銃がスペイン帝国領のドイツで開発され対仏戦に使用された。1543年には、日本の種子島にポルトガル商人によって火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。また、銃はヨーロッパ世界やイスラム世界がその他の世界を征服するのに大きな力を発揮し、スペインのアステカ帝国・インカ帝国の征服、モロッコ・サアド朝のソンガイ帝国征服などの原動力となった。その後、三角貿易の時代にはヨーロッパ諸国のアフリカへの主要輸出品のひとつは銃となり、この銃を入手した西アフリカ海岸部の国々は内陸部の国々に奴隷狩りを仕掛け、これによって入手された奴隷が新大陸へと送られるようになった。1650年代 には銃が火縄式(マッチロック式)から火打ち式(フリントロック式)に移り変わった。1775年のアメリカ独立戦争でライフル(施条式銃)が普及する。その後も銃の開発は進展していき、1822年にはアメリカ人のジョシュア・ショウがパーカッションロックを開発する。1836年にはサミュエル・コルトがリボルバーを開発。1858年にはスミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。1872年にはコルトが、現行リボルバー銃の元祖である「コルトSAA (Single Action Army)」を開発。1893年にはドイツ人のヒューゴ・ボーチャードにより自動拳銃が開発された。1914年ごろにはボルトアクション式ライフルが普及する。1950年代に入ると自動式小銃が世界的に普及するようになり、1960年代には小口径弾を扱う自動小銃が登場した。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たドイツ

    一発撃つと次弾が自動的に装填されるセミオート、引き金を引き続ける限り次々に弾丸が発射され続けるフルオートの切り替えが可能なライフル。また、フルオートでは反動の制御が難しい上に弾薬消費が激しいことから、一回引き金を引くと自動的に三発または二発までしか発射できないバースト(制限点射)という機能を備えた銃も現在では多い。アサルトライフルの概念は、第二次大戦中のドイツで開発されたStG44で確立され、現在では軍用小銃の多くを占める。米軍のM16、ソビエトが開発したAK-47、自衛隊の89式小銃など。 フレッシュアイペディアより)

177件中 61 - 70件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード