177件中 71 - 80件表示
  • 銃

    から見たフラッシュサプレッサー

    銃口(マズル) - 銃身の筒先で、銃弾が飛び出す部分。反動を軽減するために穴を空けたものを銃口制退器(マズルブレーキ)と呼び、発砲炎を消すため、または少なくさせるためのものを銃口消炎器(フラッシュサプレッサー)と呼ぶ。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た火打石

    火縄式の欠点を克服するために、火打ち式(または燧発式)が開発された。最初に登場した火打ち式銃はホイールロック(歯輪銃)と呼ばれるもので、引き金を引くと黄鉄鉱片に押しつけた歯車状のやすりがゼンマイの力で回転してこすれ合い、火花を発生させて火皿の火薬に着火する。ホイールロックは構造が複雑なため確実性に乏しく、また高価であったため、兵器としてはあまり普及せず、貴族の決闘用などに用いられた。その後に登場したのが瞬発式火縄銃の機構を改造して生まれたフリントロック(火打石式銃)で、引き金を引くと、火打石が強力なばねの反発力で火蓋に取り付けられた鋼鉄製の火打ち金に倒れこみ、火花を発生すると同時に、火蓋が開いて火皿の火薬に着火する。この方式は広く各国の軍隊に普及した。インカ帝国はフリントロック式の銃で征服されている。日本においてこのフリントロック方式は全く普及しなかった。その理由として、品質のよい燧石(ひうちいし、すいせき、flint、フリント)が産出できなかったことと、それに伴い発射に充分な火花を得るためハンマーに当たる部分のバネを強くする必要があり、反動とぶれにより命中率が顕著に低下したことが挙げられる。また高温多湿で雨の多い日本では、フリントロック方式の方が生火を使うマッチロック方式より実用性に欠けたためでもある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た南宋

    はじめて銃器に近いものが発明されたのは中国であり、8世紀末から9世紀初頭ごろに、唐で開発された飛発()がその嚆矢とされる。その後、銃は宋王朝の兵器廠において生産されるようになり、1279年に南宋が滅亡するまでこの生産は続き、対元戦などに使用された。この銃器の生産法は西方のイスラム世界にも伝えられ、なかでもオスマン帝国は銃を多用した。1473年には銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破っており、1514年にも同じくオスマン帝国のイェニチェリが、チャルディラーンの戦いにおいてサファヴィー朝のクズルバシュ軍を破っている。15世紀ごろにはヨーロッパでも銃が生産されるようになり、1542年には騎兵用の短銃がスペイン帝国領のドイツで開発され対仏戦に使用された。1543年には、日本の種子島にポルトガル商人によって火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。また、銃はヨーロッパ世界やイスラム世界がその他の世界を征服するのに大きな力を発揮し、スペインのアステカ帝国・インカ帝国の征服、モロッコ・サアド朝のソンガイ帝国征服などの原動力となった。その後、三角貿易の時代にはヨーロッパ諸国のアフリカへの主要輸出品のひとつは銃となり、この銃を入手した西アフリカ海岸部の国々は内陸部の国々に奴隷狩りを仕掛け、これによって入手された奴隷が新大陸へと送られるようになった。1650年代 には銃が火縄式(マッチロック式)から火打ち式(フリントロック式)に移り変わった。1775年のアメリカ独立戦争でライフル(施条式銃)が普及する。その後も銃の開発は進展していき、1822年にはアメリカ人のジョシュア・ショウがパーカッションロックを開発する。1836年にはサミュエル・コルトがリボルバーを開発。1858年にはスミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。1872年にはコルトが、現行リボルバー銃の元祖である「コルトSAA (Single Action Army)」を開発。1893年にはドイツ人のヒューゴ・ボーチャードにより自動拳銃が開発された。1914年ごろにはボルトアクション式ライフルが普及する。1950年代に入ると自動式小銃が世界的に普及するようになり、1960年代には小口径弾を扱う自動小銃が登場した。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たゲーム

    かつては光線銃は遊具やゲームとして、的当てや一種のサバイバルゲームのように用いていた。射出弾体には当初は可視光線、後には赤外線を用いていた。実体弾の安全な素材が増加した為に現在ではこの用途ではほとんど用いられていない。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た電子銃

    火薬を用いるものは小型火器に分類され、火器以外の銃としては空気銃が代表的である。空気銃は狩猟や兵士・警官の訓練にも用いられ、これに関連した遊戯銃としてエアソフトガンがある。また、何らかの物体を高速で射出する装置を銃として形容することもあり、電子銃やネイルガン、また手持ち火器に類似した形状の高低速の射出工具に銃(ガン)の名を準えて命名した物があり模型や手芸の分野で用いられるグルーガン等がこれにあたる。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たやすり

    火縄式の欠点を克服するために、火打ち式(または燧発式)が開発された。最初に登場した火打ち式銃はホイールロック(歯輪銃)と呼ばれるもので、引き金を引くと黄鉄鉱片に押しつけた歯車状のやすりがゼンマイの力で回転してこすれ合い、火花を発生させて火皿の火薬に着火する。ホイールロックは構造が複雑なため確実性に乏しく、また高価であったため、兵器としてはあまり普及せず、貴族の決闘用などに用いられた。その後に登場したのが瞬発式火縄銃の機構を改造して生まれたフリントロック(火打石式銃)で、引き金を引くと、火打石が強力なばねの反発力で火蓋に取り付けられた鋼鉄製の火打ち金に倒れこみ、火花を発生すると同時に、火蓋が開いて火皿の火薬に着火する。この方式は広く各国の軍隊に普及した。インカ帝国はフリントロック式の銃で征服されている。日本においてこのフリントロック方式は全く普及しなかった。その理由として、品質のよい燧石(ひうちいし、すいせき、flint、フリント)が産出できなかったことと、それに伴い発射に充分な火花を得るためハンマーに当たる部分のバネを強くする必要があり、反動とぶれにより命中率が顕著に低下したことが挙げられる。また高温多湿で雨の多い日本では、フリントロック方式の方が生火を使うマッチロック方式より実用性に欠けたためでもある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たブローニングM2重機関銃

    固定陣地、車両搭載機関銃として、堅牢で持続発射ができる機関銃。ただし重いため、運搬には2-3人を要する。米軍・自衛隊のブローニングM2重機関銃など。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た薬莢

    はじめて銃器に近いものが発明されたのは中国であり、8世紀末から9世紀初頭ごろに、唐で開発された飛発()がその嚆矢とされる。その後、銃は宋王朝の兵器廠において生産されるようになり、1279年に南宋が滅亡するまでこの生産は続き、対元戦などに使用された。この銃器の生産法は西方のイスラム世界にも伝えられ、なかでもオスマン帝国は銃を多用した。1473年には銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破っており、1514年にも同じくオスマン帝国のイェニチェリが、チャルディラーンの戦いにおいてサファヴィー朝のクズルバシュ軍を破っている。15世紀ごろにはヨーロッパでも銃が生産されるようになり、1542年には騎兵用の短銃がスペイン帝国領のドイツで開発され対仏戦に使用された。1543年には、日本の種子島にポルトガル商人によって火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。また、銃はヨーロッパ世界やイスラム世界がその他の世界を征服するのに大きな力を発揮し、スペインのアステカ帝国・インカ帝国の征服、モロッコ・サアド朝のソンガイ帝国征服などの原動力となった。その後、三角貿易の時代にはヨーロッパ諸国のアフリカへの主要輸出品のひとつは銃となり、この銃を入手した西アフリカ海岸部の国々は内陸部の国々に奴隷狩りを仕掛け、これによって入手された奴隷が新大陸へと送られるようになった。1650年代 には銃が火縄式(マッチロック式)から火打ち式(フリントロック式)に移り変わった。1775年のアメリカ独立戦争でライフル(施条式銃)が普及する。その後も銃の開発は進展していき、1822年にはアメリカ人のジョシュア・ショウがパーカッションロックを開発する。1836年にはサミュエル・コルトがリボルバーを開発。1858年にはスミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。1872年にはコルトが、現行リボルバー銃の元祖である「コルトSAA (Single Action Army)」を開発。1893年にはドイツ人のヒューゴ・ボーチャードにより自動拳銃が開発された。1914年ごろにはボルトアクション式ライフルが普及する。1950年代に入ると自動式小銃が世界的に普及するようになり、1960年代には小口径弾を扱う自動小銃が登場した。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た三角貿易

    はじめて銃器に近いものが発明されたのは中国であり、8世紀末から9世紀初頭ごろに、唐で開発された飛発()がその嚆矢とされる。その後、銃は宋王朝の兵器廠において生産されるようになり、1279年に南宋が滅亡するまでこの生産は続き、対元戦などに使用された。この銃器の生産法は西方のイスラム世界にも伝えられ、なかでもオスマン帝国は銃を多用した。1473年には銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破っており、1514年にも同じくオスマン帝国のイェニチェリが、チャルディラーンの戦いにおいてサファヴィー朝のクズルバシュ軍を破っている。15世紀ごろにはヨーロッパでも銃が生産されるようになり、1542年には騎兵用の短銃がスペイン帝国領のドイツで開発され対仏戦に使用された。1543年には、日本の種子島にポルトガル商人によって火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。また、銃はヨーロッパ世界やイスラム世界がその他の世界を征服するのに大きな力を発揮し、スペインのアステカ帝国・インカ帝国の征服、モロッコ・サアド朝のソンガイ帝国征服などの原動力となった。その後、三角貿易の時代にはヨーロッパ諸国のアフリカへの主要輸出品のひとつは銃となり、この銃を入手した西アフリカ海岸部の国々は内陸部の国々に奴隷狩りを仕掛け、これによって入手された奴隷が新大陸へと送られるようになった。1650年代 には銃が火縄式(マッチロック式)から火打ち式(フリントロック式)に移り変わった。1775年のアメリカ独立戦争でライフル(施条式銃)が普及する。その後も銃の開発は進展していき、1822年にはアメリカ人のジョシュア・ショウがパーカッションロックを開発する。1836年にはサミュエル・コルトがリボルバーを開発。1858年にはスミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。1872年にはコルトが、現行リボルバー銃の元祖である「コルトSAA (Single Action Army)」を開発。1893年にはドイツ人のヒューゴ・ボーチャードにより自動拳銃が開発された。1914年ごろにはボルトアクション式ライフルが普及する。1950年代に入ると自動式小銃が世界的に普及するようになり、1960年代には小口径弾を扱う自動小銃が登場した。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たプロップガン

    演劇の舞台やドラマ・映画の撮影で使用される模造の銃をステージガンといい、特に実際の撃発を再現するプロップガンが知られている。プロップは「小道具」の意。 フレッシュアイペディアより)

177件中 71 - 80件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード