136件中 81 - 90件表示
  • 銃

    から見た東南アジア

    このため、現在の日本における銃問題は、これらの規制をかいくぐる形で行われる密輸や、遊戯銃の改造が主である。特に暴力団の手による密輸は後を絶たず、これらは銃が容易に手に入る国、例えばロシアや中国、東南アジア(たまに韓国、台湾、アメリカ、グアムなどから密輸することもある)などから流入することが多い。遊戯銃の改造については、ごく一部の銃愛好家が行う傾向にあるもので、プラスチック製の弾を撃ち出すエアソフトガンや、本来模型であるモデルガンを改造強化するなどして、殺傷力を生じさせるものである。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たPPSh-41

    拳銃弾などを発射する小型の機関銃。威力と射程に劣るが、小型軽量で素早い運用ができる。第一次世界大戦時下のドイツが、このメリットを塹壕戦に用い効果を上げた。世界各国はサブマシンガンを妥協の産物としメリットを見出せなかったが、冬戦争においてフィンランドのスオミ KP/-31が戦果を上げて以来は各軍で活躍し、アメリカのトンプソンやソビエトのPPSh-41等が知られる。1970年代以降はアサルトライフルのメカニズムを取り入れ、高性能の銃に発展している。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たボーイズ対戦車ライフル

    装甲車や防弾仕様車両などの戦闘車両のうち、比較的装甲の薄い部分へ狙撃を目的として開発された大口径の銃。イギリスのボーイズ対戦車ライフルや日本の九七式自動砲等がある。第二次世界大戦において装甲車の防御力が急激な進化を遂げた事や、成形炸薬弾を撃ち出す無反動砲やロケット発射機が実用化されたため活躍の機会を失った。近年になって、非装甲目標や防弾ガラス等に対する有効性や、弾丸の質量が大きい事による弾道の直進性が高いことが見直され、対物ライフルとして採用する軍もある(アメリカのバレットM82など)。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た歯車

    火縄式の欠点を克服するために、火打ち式(または燧発式)が開発された。最初に登場した火打ち式銃はホイールロック(歯輪銃)と呼ばれるもので、引き金を引くと黄鉄鉱片に押しつけた歯車状のやすりがゼンマイの力で回転してこすれ合い、火花を発生させて火皿の火薬に着火する。ホイールロックは構造が複雑なため確実性に乏しく、また高価であったため、兵器としてはあまり普及せず、貴族の決闘用などに用いられた。その後に登場したのが瞬発式火縄銃の機構を改造して生まれたフリントロック(火打石式銃)で、引き金を引くと、火打石が強力なばねの反発力で火蓋に取り付けられた鋼鉄製の火打ち金に倒れこみ、火花を発生すると同時に、火蓋が開いて火皿の火薬に着火する。この方式は広く各国の軍隊に普及した。インカ帝国はフリントロック式の銃で征服されている。日本においてこのフリントロック方式は全く普及しなかった。その理由として、品質のよい燧石(ひうちいし、すいせき、flint、フリント)が産出できなかったことと、それに伴い発射に充分な火花を得るためハンマーに当たる部分のバネを強くする必要があり、反動とぶれにより命中率が顕著に低下したことが挙げられる。また高温多湿で雨の多い日本では、フリントロック方式の方が生火を使うマッチロック方式より実用性に欠けたためでもある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た圧力

    銃とは、火薬や様々な気体の圧力を用いて、高速で弾丸と呼ばれる小型の飛翔体を発射する武器の総称。弾丸の運動エネルギーによって対象を破壊することを目的としており、狩猟や戦闘に用いられるほか、美術価値を持つものもある。特に大型の物は砲と呼ばれ区別される。拳銃、小銃、機関銃などの種類がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た九七式自動砲

    装甲車や防弾仕様車両などの戦闘車両のうち、比較的装甲の薄い部分へ狙撃を目的として開発された大口径の銃。イギリスのボーイズ対戦車ライフルや日本の九七式自動砲等がある。第二次世界大戦において装甲車の防御力が急激な進化を遂げた事や、成形炸薬弾を撃ち出す無反動砲やロケット発射機が実用化されたため活躍の機会を失った。近年になって、非装甲目標や防弾ガラス等に対する有効性や、弾丸の質量が大きい事による弾道の直進性が高いことが見直され、対物ライフルとして採用する軍もある(アメリカのバレットM82など)。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たM16

    一発撃つと次弾が自動的に装填されるセミオート、引き金を引き続ける限り次々に弾丸が発射され続けるフルオートの切り替えが可能なライフル。また、フルオートでは反動の制御が難しい上に弾薬消費が激しいことから、一回引き金を引くと自動的に三発ないし二発までしか発射できないバースト(制限点射)という機能を備えた銃も現在では多い。アサルトライフルの概念は、第二次大戦中のドイツで開発されたStG44で確立され、現在では軍用小銃の多くを占める。米軍のM16、ソビエトが開発したAK-47、自衛隊の89式小銃など。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たボルトアクション

    リピーター(連発式) - 複数の弾薬を収める弾倉が存在し、弾倉から薬室へ弾薬を給弾する機構を一回の発射ごとに手動で操作するもの。ポンプアクション、レバーアクション、ボルトアクションなどがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見たぜんまいばね

    火縄式の欠点を克服するために、火打ち式(または燧発式)が開発された。最初に登場した火打ち式銃はホイールロック(歯輪銃)と呼ばれるもので、引き金を引くと黄鉄鉱片に押しつけた歯車状のやすりがゼンマイの力で回転してこすれ合い、火花を発生させて火皿の火薬に着火する。ホイールロックは構造が複雑なため確実性に乏しく、また高価であったため、兵器としてはあまり普及せず、貴族の決闘用などに用いられた。その後に登場したのが瞬発式火縄銃の機構を改造して生まれたフリントロック(火打石式銃)で、引き金を引くと、火打石が強力なばねの反発力で火蓋に取り付けられた鋼鉄製の火打ち金に倒れこみ、火花を発生すると同時に、火蓋が開いて火皿の火薬に着火する。この方式は広く各国の軍隊に普及した。インカ帝国はフリントロック式の銃で征服されている。日本においてこのフリントロック方式は全く普及しなかった。その理由として、品質のよい燧石(ひうちいし、すいせき、flint、フリント)が産出できなかったことと、それに伴い発射に充分な火花を得るためハンマーに当たる部分のバネを強くする必要があり、反動とぶれにより命中率が顕著に低下したことが挙げられる。また高温多湿で雨の多い日本では、フリントロック方式の方が生火を使うマッチロック方式より実用性に欠けたためでもある。 フレッシュアイペディアより)

  • 銃

    から見た運動エネルギー

    銃とは、火薬や様々な気体の圧力を用いて、高速で弾丸と呼ばれる小型の飛翔体を発射する武器の総称。弾丸の運動エネルギーによって対象を破壊することを目的としており、狩猟や戦闘に用いられるほか、美術価値を持つものもある。特に大型の物は砲と呼ばれ区別される。拳銃、小銃、機関銃などの種類がある。 フレッシュアイペディアより)

136件中 81 - 90件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード