前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団から見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ語: ベルリーナー・フィルハルモニカー)は、ドイツ・ベルリンのフィルハーモニー(Berliner Philharmonie ベルリーナー・フィルハルモニー)に本拠を置くオーケストラである。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・シャロウン

    ハンス・シャロウンから見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    ベルンハルト・ハンス・ヘンリー・シャロウン(、1893年9月20日1972年11月25日)は、ドイツの建築家。ベルリン・フィルハーモニー(コンサートホール)、シュミンケ邸(Haus Schminke)などの作品で知られる。ハンス・シャロウン フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン・フィルハーモニーザール

    ベルリン・フィルハーモニーザールから見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    ベルリン・フィルハーモニーザール フレッシュアイペディアより)

  • 日本スケッチ

    日本スケッチから見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    作曲年代は詳らかにされていないが、恐らく作曲者が3度目にヨーロッパに渡ったベルリン留学時の1934年であろうと思われる。世界初演は1934年11月18日に作曲者指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、自作の交響曲「仏陀」と共に旧ベルリン・フィルハーモニーで初演された。日本初演は1942年7月31日、NHK大阪放送局に於いて斎藤登指揮、大阪放送管弦楽団によって「日本の写生」として行われた。日本スケッチ フレッシュアイペディアより)

  • 仏陀 (交響曲)

    仏陀 (交響曲)から見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    交響曲『仏陀』(ぶっだ)は、日本の作曲家貴志康一が作曲した交響曲。ドイツ語の題名はSinfonie "Das Leben Buddhas"(仏陀の生涯)となっている。1934年11月18日、旧ベルリン・フィルハーモニーで催された日独協会主催の演奏会において、自作の交響組曲「日本スケッチ」や若干の管弦楽伴奏付歌曲とともに、貴志の指揮するベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で初演された。日本初演は1984年9月13日、大阪のザ・シンフォニーホールで催された関西フィルハーモニー管弦楽団の第46回定期演奏会において、小松一彦の指揮で行われた。仏陀 (交響曲) フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第1番 (尹伊桑)

    交響曲第1番 (尹伊桑)から見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    1984年5月15日ベルリン・フィルハーモニー・ザールにおいてラインハルト・ペータース指揮によるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。その後すぐにチョン・ミュンフン指揮のザール放送管弦楽団で フランスや、初演時の指揮者でオランダでロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団で再演されている。交響曲第1番 (尹伊桑) フレッシュアイペディアより)

  • ファジル・サイ

    ファジル・サイから見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    これまで定期的に協演したのは、ニューヨーク・フィルハーモニック、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ボルティモア交響楽団、サンクトペテルブルク管弦楽団、BBC交響楽団、フランス国立管弦楽団。また、ルツェルン音楽祭、ヴェルビエ音楽祭、モンペリエ音楽祭、ルール・ピアノ音楽祭、ボン・ベートーヴェン音楽祭、ウィーン楽友協会、サントリーホール、カーネギーホール、エイヴリー・フィッシャー・ホール、ベルリン・フィルハーモニー、ウィグモア・ホール、シャンゼリゼ劇場など、世界各地で演奏している。ファジル・サイ フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・ピエモンテージ

    フランチェスコ・ピエモンテージから見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    フランチェスコ・ピエモンテージはこれまでにロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、 BBC交響楽団、バイエルン放送交響楽団、バーミンガム市交響楽団、 クリーヴランド管弦楽団、 NHK交響楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ベルリン放送交響楽団、 ベルリン・ドイツ交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、スコットランド室内管弦楽団など世界の一流オーケストラと共演。また、ズービン・メータ、ロジャー・ノリントン、シャルル・デュトワ、イルジー・ビエロフラーヴェク、スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ、ウラディーミル・アシュケナージ、サカリ・オラモ、マレク・ヤノフスキ、アンドルー・マンゼ、ミハイル・プレトニョフなどの指揮者のもとで演奏。室内楽では、ルノー・カピュソン、イェルク・ヴィトマン、アントワン・タメスティ、ダニエル・ ミュラー=ショット、エマーソン弦楽四重奏団などと共演を重ねている。また、ベルリン・フィルハーモニー、ウィーン・コンツェルトハウス、ロンドンのサウスバンク・センター、ニューヨークのカーネギー・ホール及びエイヴリー・フィッシャー・ホール、東京のサントリーホール、アムステルダムのコンセルトヘボウなど著名なコンサートホールでピアノリサイタルを行い、2016年からはロンドンのウィグモア・ホールにてモーツァルトのピアノソナタ全曲の演奏会を始めている。さらに、BBCプロムス、エディンバラ・フェスティバル、エクサン・プロヴァンス音楽祭、ルツェルン音楽祭、モストリー・モーツァルト・フェスティバル、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭など国際音楽祭への出演も多い。フランチェスコ・ピエモンテージ フレッシュアイペディアより)

  • ユンディ・リ

    ユンディ・リから見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    2004年:北米ツアーを敢行、フィルハーモニーホールで演奏。ユンディ・リ フレッシュアイペディアより)

  • マクシミリアン・ツィモロング

    マクシミリアン・ツィモロングから見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    ルダ・シロンスカのの生まれ。1931年から1935年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を務め、1935年から1947年までシュターツカペレ・ドレスデンの首席奏者として活躍した。マクシミリアン・ツィモロング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「海外オーケストラ」のニューストピックワード