37件中 11 - 20件表示
  • 狩野泰一

    狩野泰一から見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    1987年、佐渡島の鼓童研修生となる。以降、鼓童メンバーとして、カーネギー・ホール、ベルリン・フィルハーモニー・ホール、パリ市立劇場を始めとする世界20カ国で1000回を超える公演に参加した。狩野泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内修 (音楽評論家)

    堀内修 (音楽評論家)から見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    ベルリン・フィルハーモニー』Reinhard Friedrich ほか写真 真鍋圭子共著 音楽之友社 1987堀内修 (音楽評論家) フレッシュアイペディアより)

  • 新沼大輝

    新沼大輝から見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    ヘルベルト・フォン・カラヤンは世界最高の指揮者として「帝王」の名を欲しいままにしたが、その気性から数多くの問題を引き起こした。カラヤンはメディアに掲載される自らの写真を全てチェックし、認めたもののみ公表を許すなど、自分が最も理想的な姿で映し出されることを求めた。1975年に不意打ちで写真を撮られた際にはカメラマンを殴りつけるという事件を起こしている。またカラヤンは自らが貴族階級出身であることをあらわす「フォン」をつけて名乗ったが、パスポートには「ヘルベルト・カラヤン」とだけ記されていたという。幾度にも渡るベルリン・フィルハーモニーとの対立に示されるように、カラヤンは少しでも意見を言う者や、従わないものには怒り狂い、徹底的に攻撃した。世間の持つ「天才」、「帝王」という二枚目な「芸術家としてのカラヤン」と、「人間カラヤン」を同じように評価することはできないと楽員は述べている。新沼大輝 フレッシュアイペディアより)

  • レリオ、あるいは生への復帰

    レリオ、あるいは生への復帰から見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    2005年1月9日、ベルリン・フィルハーモニーベルリン・ドイツ交響楽団、指揮:シルヴァン・カンブルランカンブルラン(語り)、デイヴィッド・キューブラー(テノール)、フィリップ・ルイヨン(バリトン)。レリオ、あるいは生への復帰 フレッシュアイペディアより)

  • ナナ・ムスクーリ

    ナナ・ムスクーリから見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    2004年、ベルリンで行われた70歳記念コンサートにて、引退を宣言する。この記念コンサートもDVDとして発売されている。2005年 - 2008年にかけて、アメリカ合衆国、ヨーロッパ、オーストラリア、アジア、南アメリカ、カナダの各地で、歌手としての最後のフェアウェル・ワールドツアー・コンサートを実施。2008年7月23・24日のアテネ・アクロポリスのHerod Atticus劇場でのコンサートは、当初は23日だけだったものの即日完売となり、急遽24日が追加されたが、こちらもすぐに完売となった。このことは、AFPなどのメディアを通じて世界中で報道された。しかし日本では全く報じられていない。このコンサートは記録映画として収録されDVDとして発売されている。2011年11月29日にはドイツ、ベルリン・フィルハーモニーにて「50 Jahre Weiße Rosen」(アテネの白いバラ)活動50周年記念コンサートが行われた。また、50周年を機会に、各国で新しいアルバムも次々に発表されている。ナナ・ムスクーリ フレッシュアイペディアより)

  • 黒川和伸

    黒川和伸から見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    2015年7月1日、ベルリン・フィルハーモニーホールに於けるコンサートにて日本の合唱作品(?田三郎「水のいのち」源田俊一郎「ホームソングメドレー」)を演奏した。黒川和伸 フレッシュアイペディアより)

  • ブルックナーの管弦楽曲・吹奏楽曲

    ブルックナーの管弦楽曲・吹奏楽曲から見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    マーラーの作品としては、1876年の作とされる。ハンブルクのシコルスキーより出版された。初演は1981年3月19日、ベルリン・フィルハーモニーザールで、ローレンス・フォスター指揮のベルリン放送交響楽団(西側)。ブルックナーの管弦楽曲・吹奏楽曲 フレッシュアイペディアより)

  • コンサートホール

    コンサートホールから見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    19世紀の代表例として、第二次世界大戦の空爆で消失した二代目ライプツィヒ・ゲヴァントハウス (1884)、初代ベルリン・フィルハーモニー (1882)、建設当時の姿を今に残すウィーン楽友協会大ホール (1870)、アムステルダムのコンセルトヘボウ (1888)、ボストンのシンフォニーホール (1900) などがある(括弧内は建設年)。これらは、いずれも現在に至ってなお優れた音響特性を持ち、19世紀当時において最も理想的なコンサートホールの“形”と考えられていた、シューボックス(靴箱)型のホールである。コンサートホール フレッシュアイペディアより)

  • アルプス交響曲

    アルプス交響曲から見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    初演:1915年10月28日、ベルリン、フィルハーモニー楽堂でリヒャルト・シュトラウス指揮、シュターツカペレ・ドレスデンの演奏による。アルプス交響曲 フレッシュアイペディアより)

  • 大賀典雄

    大賀典雄から見たベルリン・フィルハーモニーベルリン・フィルハーモニー

    東京芸術大学の音楽学部を卒業後、同大学の専攻科を修了し、東京通信工業の嘱託として給料をもらいながら、ドイツに留学した。ミュンヘン国立高等音楽大学にて学んだのち、田中路子の勧めでベルリン国立芸術大学に移り、同大学の音楽学部を卒業した。このころ田中路子の紹介で、ベルリン・フィルハーモニーの新指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンと知り合う。ベルリンから帰国後は二期会に所属し、バリトン歌手として活動。帰国後間もない1957年9月に、井深大の媒酌で、芸大の同級生で留学仲間でもあるピアニストの松原緑と結婚し、妻の実家が敷地内に建ててくれた白山の家で新婚生活を始める。緑の父親・松原正香は東邦医大教授やホンダの顧問医などを務める医師で、丸山ワクチンで知られる丸山千里の兄。大賀典雄 フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示

「海外オーケストラ」のニューストピックワード