193件中 101 - 110件表示
  • 山中水無山展望台

    山中水無山展望台から見た海外旅行海外旅行

    しかし、レジャーの多様化や1970年代から始まった海外旅行の一般化で温泉客は次第に減少し1980年代にロープウェイが廃業になったのに伴い、このレジャー施設も廃業に追い込まれた。山中水無山展望台 フレッシュアイペディアより)

  • 水瀬千尋

    水瀬千尋から見た海外旅行海外旅行

    趣味は海外旅行、好きな食べ物は肉。水瀬千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 世界びっくり旅行社

    世界びっくり旅行社から見た海外旅行海外旅行

    この番組シリーズのコンセプトは、俳優の児玉清が社長・オーナーを務める架空の旅行代理店「児玉トラベル」を舞台に、海外旅行に出かけようとする人を対象に、世界各国の法律やルール・マナーについて解説する、というものである。後述のとおり、海外にも放送されることから現地に滞在または海外旅行で現地を訪問中の日本人にも海外安全情報とともに必見・重要な情報番組ともされる。世界びっくり旅行社 フレッシュアイペディアより)

  • ハナイチゴ (お笑いコンビ)

    ハナイチゴ (お笑いコンビ)から見た海外旅行海外旅行

    海外旅行とディズニーランドと羽根モノパチンコ好き。競艇ファン。ハナイチゴ (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のテレビ (日本)

    2011年のテレビ (日本)から見た海外旅行海外旅行

    TBS系『世界・ふしぎ発見!』のこの日の放送にて、解答者全員が全問不正解という珍事が起こった。この珍事は1986年4月の放送開始以来26年目、1183回目にして初。番組内にてトップ賞が不在となったため、特別措置としてパーフェクト達成時にプレゼントされる海外旅行を視聴者プレゼントした。2011年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • クイズMr.ロンリー

    クイズMr.ロンリーから見た海外旅行海外旅行

    時間が一杯になった時点で(ドアチャイムと同じ音が鳴る。ただし、チャンピオンの正解数以下で解答者がまだ正解を続けている場合に時間が来た際は、次週も引き続き出場できる)チャンピオンの座を守った解答者は「今週のチャンピオン」となり、海外旅行(初期にはガルーダインドネシア航空で行くバリ島、後に大韓航空(番組では「コリアンエアー」と称した)で行くハワイ)を賭けたチャレンジクイズに挑戦。その際の解答形式は通常と同じで、1問のみの出題で見事正解すれば、天井から大量の紙吹雪と風船が降り(後に、NHK『NHK紅白歌合戦』で優勝決定時や、朝日放送『THE ビッグ!』のエンディングシーンの様に正解して海外旅行獲得の瞬間、天井から紙吹雪を大量に降らせて、エンディングまで降り続いた)、解答者・出題者双方が海外旅行を獲得できた。海外旅行獲得の瞬間の際、文珍が天井から降った紙吹雪を直接頭上に受け、唖然としていて大爆笑になったことがあった。クイズMr.ロンリー フレッシュアイペディアより)

  • 海外

    海外から見た海外旅行海外旅行

    現代では地球規模の地理が把握され、20世紀以降は飛行機(空路)による海外旅行が確立しているが、五大陸の把握も曖昧だった頃は外国へ渡る手段は陸路か海路しかなく、後者の場合は冒険や探検の意味合いが強かった。15世紀に始まった大航海時代を経て、帆船による航路が確立されると、大洋を隔てた海外への渡航は飛行船へと引き継がれた。上記の歴史的経緯から、ここで言う海とは多くの場合大洋を指し、海の外であっても歴史的観念上では近距離のものは含んでいなかった。海外 フレッシュアイペディアより)

  • ドキュメンタリー

    ドキュメンタリーから見た海外旅行海外旅行

    一方で、観客の劣情に訴える娯楽としてのドキュメンタリー映画もテレビ・ドキュメンタリーの普及以前には流行した。これらは世界各地の大都市の夜の風俗、退廃的・奇怪なイベント、欧米以外のアジア(日本も含む)やアフリカの民族の「野蛮な」風習を切り取ったものである。特にグァルティエロ・ヤコペッティの『世界残酷物語』(1962年)は海外旅行の珍しい時代に世界の奇習を紹介して大ヒットを記録し、以後1980年代前半に衰退するまでこの手のドキュメンタリーは数多く制作された(これらの映画はモンド映画と呼ばれている)。ドキュメンタリー フレッシュアイペディアより)

  • 片山津温泉

    片山津温泉から見た海外旅行海外旅行

    発見は承応2年(1653年)だが、本格的に開発されたのは明治になってからである。北陸最大級の山代温泉と同じく加賀温泉駅を最寄り駅とし、京阪神や中京からの団体旅行客を主な客層として、山代、そして山中温泉と共に歓楽温泉として発展を遂げていった。全盛期の1980年(その年には北陸自動車道も開通した)には151万人の温泉客が訪れたが、バブル崩壊後による消費低迷や円高による海外旅行の増加、団体客から個人客へのニーズ変化とその対応の遅れなどで低迷し、2007年には32万人にまで落ち込んだ。今日では柴山潟の花火打ち上げやサイクリングロード整備によるレジャー開発、また「中谷宇吉郎雪の科学館」の建設、総湯の新設などで巻き返しを図っている。片山津温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 中川真由美

    中川真由美から見た海外旅行海外旅行

    10ヶ国以上の海外旅行経験を持つ行動派。中川真由美 フレッシュアイペディアより)

193件中 101 - 110件表示

「海外旅行」のニューストピックワード