193件中 131 - 140件表示
  • 添乗員

    添乗員から見た海外旅行海外旅行

    対外調整力や折衝力、また情報収集能力や接客力が求められる職種であり、海外旅行では語学力が必要となる。国内旅行では、観光スポットで旅行会社などの旗やのぼりを持って、団体の先頭に立って歩いており、食事場所や見学場所へ誘導することもある。添乗員 フレッシュアイペディアより)

  • エイチ・アイ・エス

    エイチ・アイ・エスから見た海外旅行海外旅行

    「ツーリズムを通じて、世界の人々の見識を高め、国籍、人種、文化、宗教などを超え、世界平和・相互理解の促進に貢献する」という企業理念のもと、海外旅行および国内旅行の企画・販売・手配を行う総合旅行会社。エイチ・アイ・エス フレッシュアイペディアより)

  • 国際ナンバー

    国際ナンバーから見た海外旅行海外旅行

    この場合、一時渡航における手荷物や業務用機材と同じ扱いで、その車両を持ち帰る(輸出入には当たらない)ことが原則となり、関税が免除される。帰国時期が不明確な転勤や移住に伴う持ち出しの場合は、現地のナンバーを取得する。国際ナンバー フレッシュアイペディアより)

  • 絶園のテンペスト

    絶園のテンペストから見た海外旅行海外旅行

    冷静で前述の通り勘が鋭いが、女性好きな一面もあり、アニメ版では海外旅行に際してエロ本をギッシリ鞄に詰め込んで持ち込んだり、山本の水着姿にノックアウトされるなど強調されている。富士以降はめぐむの特訓に付き合っている。また、ぬれせんべいが好きで頻繁に食べており、アニメージュ2013年2月号によればグルメらしい。絶園のテンペスト フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎県

    宮崎県から見た海外旅行海外旅行

    1960年代には新婚旅行のメッカとして全国的に有名であり、「観光宮崎」として地域経済に貢献したが、日本人の余暇や観光に対する価値観の変化に対してその魅力を必ずしも提供できず低迷している。また、本県の観光はいわゆる「南国情緒」が売りものであったが、1972年の沖縄返還以降は同様のイメージでは沖縄県と競合、同県は沖縄振興特別措置法に基づく税制面での特例が適用されることから、本県の競争力は相対的に低下した。さらに、1990年代以降は円高や規制緩和などにより格安となった海外旅行との競合もある。これらの悪条件に対し、1990年代末までは個人消費の拡大などによって乗り切ったが、ITバブル期を経た2000年代初頭には県内の大型リゾート施設であるシーガイアが会社更生法の適用を申請したほか、県内最大の交通企業であり、観光宮崎の牽引役であった宮崎交通が産業再生機構の支援を仰ぐことになった。宮崎県 フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た海外旅行海外旅行

    JR東日本のびゅうプラザ・提携販売センターと主な旅行会社で、成田空港発着の国内旅行・海外旅行商品または成田空港発着航空券の購入・提示と同時に発売される特別企画乗車券。普通車指定席用で2枚または3枚を1セットとして発売される。設定区間は東京電車特定区間各駅 - 空港第2ビル・成田空港間。発売額はおとな2枚分4,800円、同3枚分7,200円、こども1枚1,200円。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周双六ゲーム

    世界一周双六ゲームから見た海外旅行海外旅行

    最後にゴールの東京に戻り「世界一周」を達成すると、天井から大量の紙吹雪が降り(ただし紙テープと風船はなし。当初は紙吹雪はなく、電飾のみ)、日本交通公社のLOOK(現・ルックJTB)による海外旅行獲得となったが(目録代わりにプレートが贈呈された)、ローカル放送の時代、ノーマル(ゴールに必要な出目の数字以上)の場合はハワイ旅行、「ジャスト宣言」(これについては後述)をしてゴールに必要な出目と同じ数字のサイコロを振れば(オーバーした場合はその分戻された)、アメリカ西海岸旅行がペアで獲得できた。「ジャスト宣言」せずにジャストでゴールした場合はアメリカ西海岸旅行1人。全国ネット化後はアメリカ西海岸旅行に統一されたが、「ジャスト宣言」しなかった場合には1人のみ、「ジャスト宣言」して成功すればペア分を獲得できた。後期はゴールして海外旅行を獲得した場合、解答者の座っている色で「西海岸旅行決定」(ジャスト宣言ゴールの場合はこれに「ペアで」の文言が付く)というテロップが表示された。世界一周双六ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 旅行

    旅行から見た海外旅行海外旅行

    (目的地による)温泉旅行 等々、国内旅行 / 海外旅行、宇宙旅行旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 護衛艦

    護衛艦から見た海外旅行海外旅行

    重要影響事態や災害派遣の際は緊急出航をするために海上自衛官は警急呼集(非常呼集)を受けた場合、2時間以内に帰艦できるよう定められており、上陸した乗員の行動範囲には制限が生じる。乗員は常時、携帯電話を携行するなどして警急呼集に即応しなければならない。行動範囲外に出る場合や海外旅行などは、別途に休暇申請をして許可を受けることとなる。入港中の艦内では、艦長さえいればいつでも出港できるように当直員が確保されており、完全に無人になることはない。東日本大震災に関する緊急出航では、当直の制度のおかげで発災から1時間以内に複数の護衛艦が緊急出航を実施することができ、追って数時間以内に全国の基地から20隻を超える護衛艦・補助艦艇が被災地に向かっていった。特に、横須賀地方隊では発災当日のうちに稼働する全艦艇を緊急出航させた。護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • 宮ゆい

    宮ゆいから見た海外旅行海外旅行

    趣味はロードバイク(anchorRFX8)、キックボクシング、映画鑑賞、バックパック海外旅行、温泉、銭湯。宮ゆい フレッシュアイペディアより)

193件中 131 - 140件表示

「海外旅行」のニューストピックワード