193件中 151 - 160件表示
  • ジェーシービー

    ジェーシービーから見た海外旅行海外旅行

    一方、北米本土地域では、主に高級ホテルや日本人街の物販・飲食店、サイモン・プロパティ・グループ(チェルシー・プレミアム・アウトレット)といった日本人・日系人が頻繁に利用する業種や地域を中心に加盟店を整備してきた。しかし、加盟店自体は国土や人口が日本の倍以上であるため単純比較してもそう多くはなく、特に海外旅行での利用では、JCBプラザでのサービス提供を除き、ショッピング利用に対して加盟店の少なさから支障が起きうるとされてきた。例えば、米国のセブン-イレブンもJCBには加盟していなかった(しかし近年はDISCOVER経由での利用が可能となり、加盟店網は飛躍的に整備されてきている)。ジェーシービー フレッシュアイペディアより)

  • きんさんぎんさん

    きんさんぎんさんから見た海外旅行海外旅行

    1995年(平成7年)には「金銀婆婆」と呼ばれ人気を得ていた台湾へ招かれて、103歳で初めての海外旅行をした。この時、ぎんは「(名古屋弁が)通じればええけどね」と語っていた。きんさんぎんさん フレッシュアイペディアより)

  • 深田愛衣

    深田愛衣から見た海外旅行海外旅行

    趣味は海外旅行、釣り。料理(特に魚の血抜き)や三味線を得意とし、英語やフランス語にも堪能。英検2級および仏検2級の資格も所持している。深田愛衣 フレッシュアイペディアより)

  • 栗城史多

    栗城史多から見た海外旅行海外旅行

    2004年5月21日 - マッキンリー登頂に向けて日本から出発。初の海外旅行栗城史多 フレッシュアイペディアより)

  • 文教スタヂオ

    文教スタヂオから見た海外旅行海外旅行

    発足当初は卒業アルバムや結婚などの記念写真撮影を行なっていたが、のちに彦根城や和歌山県南部の三段壁や那智山などの名勝地を拠点とする営業所を設立していった。開催が決定した東京オリンピックを前に、昭和30年代の日本社会は空前の高度経済成長時代(オリンピック景気)を迎えつつあった。一方、解禁されたとはいえ海外旅行は庶民にはあまりに高額であり、国内旅行は活気を呈していた(兵庫の有馬温泉や和歌山の南紀白浜・熱海温泉などは当時は、新婚旅行の名所であった)時期である。当時は写真撮影=フィルムの時代であり、カメラが一般家庭にも普及し始めたとはいえ、ポラロイドなどのインスタントカメラは存在はしていても一般に高価であった。そのような時代に当時の社長・一圓泰三(現社長・泰成は泰三の息子)は、観光地で団体写真撮影を行ったその日のうちに営業所内の現像設備で大量にプリントして、団体宿泊先のホテルにて販売する手法を確立した事で多額の利益をあげたという。文教スタヂオ フレッシュアイペディアより)

  • ラピート

    ラピートから見た海外旅行海外旅行

    2010年以降は海外旅行者の利用者数が増加するなど、空港連絡鉄道として乗客数の流動性が高くなってきている。ラピート フレッシュアイペディアより)

  • 日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行

    日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行から見た海外旅行海外旅行

    番組開始当時の1966年頃は海外旅行自由化がなされてからまだ2年ほどしか経っておらず、海外旅行は多くの日本人にとって高嶺の花であった。テレビの世界においても、海外を取材した番組は少なかった。この番組は、海外旅行にあこがれる日本人に海外旅行のすばらしさを伝えてきた。日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本旅客鉄道長野支社

    東日本旅客鉄道長野支社から見た海外旅行海外旅行

    すべての駅で海外旅行取り扱い可。ただし、びゅうプラザ中込駅ではえきねっと受け取り不可、回数券等をクレジットカードで購入不可。東日本旅客鉄道長野支社 フレッシュアイペディアより)

  • 特殊警棒

    特殊警棒から見た海外旅行海外旅行

    オランダなど、一部の国では特殊警棒の所持は許可制となっているなど、日本よりも所持規制が厳しい国もあるこれらの制度・規制は国や地域によって大きく異なるので、海外旅行や海外滞在の際に護身用具として特殊警棒を所持しようとする際には当該国・地域の制度を事前に熟知しておく必要がある。場合によっては、言葉の通じない現地の警察に逮捕される危険性もある。特殊警棒 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング

    ボーイングから見た海外旅行海外旅行

    ボーイング707は高速を生かして長距離国際線用に使用され、一般人の海外旅行をより容易にすることに役立った。続いて1963年に中距離用のジェット旅客機ボーイング727を開発した。この機体は三重隙間フラップ等の強力な高揚力装置を装備して離着陸性能を改善し、中規模空港でも運用が出来るようにした。この結果、それまでバイカウント等のターボプロップ機が運航していた中距離路線にもジェット機が進出するようになった。さらに、より小型の短距離機ボーイング737を開発して、航空輸送のジェット化を著しく推し進めた。ボーイング フレッシュアイペディアより)

193件中 151 - 160件表示

「海外旅行」のニューストピックワード