193件中 161 - 170件表示
  • 運転免許証

    運転免許証から見た海外旅行海外旅行

    更新期間前に更新手続きが受け付けられるのは、海外旅行、海外滞在、入院、出産の場合で、理由を証明するもの(パスポート、診断書、母子手帳)の提出が必要。運転免許証 フレッシュアイペディアより)

  • 軽井沢

    軽井沢から見た海外旅行海外旅行

    1980年代には海外旅行ブームが起こり、それまで軽井沢の別荘・ホテルに避暑・レジャーを楽しみに来ていた層は海外に出掛けるようになっていった。軽井沢は客足が伸びなくなり一時的に寂れ、レイクニュータウンの三越やホテルなども次々に撤退(別荘地自体は存続しており、庭園も維持されている)。同時期に若年層を中心にペンションなどが人気となっていた新興別荘地の清里と比較される程度に別荘ブームは沈静化し、活気を失っていった。その後1980年代から1990年代のバブル期には単なる別荘地・避暑地から行楽地への脱皮、観光地としての充実が図られた。宿場町当時の遺構がほとんど残っていない軽井沢にとって稀少な歴史的建造物の一つである旧三笠ホテルの一般公開を1983年(昭和58年)より開始。また別荘地としての原点であるショーハウス記念館の一般公開も1986年(昭和61年)から行われている。また軽井沢に点在する美術館・文学館・記念館の大半はこの時期に開館しており、国内外の著名建築家などが設計・デザインした特徴的な建造物や西洋風庭園が次々に出現した。塩沢湖レイクランドにも1985年(昭和60年)から1986年(昭和61年)にかけて園内に美術館・文学館が相次いで開館し、1996年(平成8年)には総合レクリエーション施設「軽井沢タリアセン」となった。軽井沢 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイアール東海ツアーズ

    ジェイアール東海ツアーズから見た海外旅行海外旅行

    店舗網は、東海道新幹線や在来線沿線の主要駅に展開しており、主に東海道新幹線を利用した国内旅行のパッケージツアーやフリープランを「ぷらっと」のブランド名で企画・販売している。海外旅行については、以前は「ぷらっとWORLD」→「EXPRESS WORLD」のブランド名で自社商品を販売していたが、現在はびゅうプラザ等と同等に、ルックJTBやJALパックをはじめとした他社企画旅行の販売代理業および国際線航空券の販売などに特化している。社章は東海旅客鉄道の社章(JRマーク)下に“TOURS”が列記されたもので、公式サイトのドメイン名も「jrtours.co.jp」となっている。ジェイアール東海ツアーズ フレッシュアイペディアより)

  • フィリピンパブ

    フィリピンパブから見た海外旅行海外旅行

    1970年代に、日本の海外旅行ブームが訪れると、フィリピンは日本に近い事もあって、アメリカ合衆国のオアフ島やグアム島の次に入る程の人気のある観光地となっていた。特にマニラ市は、歓楽街が充実しており、多くの日本人男性を魅了していた。ところが1985年あたりから、フェルディナンド・マルコス政権のクーデターをきっかけに『危険な国』として、一斉に旅行ツアーが廃止となり、日本人客の足は遠いていった。フィリピンパブ フレッシュアイペディアより)

  • 1968年

    1968年から見た海外旅行海外旅行

    2月23日 - 中曽根康弘運輸相、閣議で不要不急の海外旅行の自粛を求める発言。1968年 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た海外旅行海外旅行

    芸能界きっての読書家としても知られ、多くのエッセー・書評も執筆している。年に数回海外旅行に行く際には、飛行機内で分厚い英語原文の小説を読むことが楽しみであったという。なお大好きなポール・リンゼイ『覇者』(講談社刊)の解説では、お気に入りの『FBI物語』とそのほかの作品を比べ、熱く述べている。また、NHKの書評番組『週刊ブックレビュー』の進行役を週替わりで務めた他に、日本図書館協会などが主宰するシンポジウムのコメンテーターも務めたことがある。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 断層の世代

    断層の世代から見た海外旅行海外旅行

    断層の世代(だんそうのせだい)とは日本において国民の生まれた時期による分類の一つ。1951年?1960年に生まれた世代が断層の世代とされており、人口は約1660万人である。団塊の世代の次に現れた世代であり、高度経済成長の時代に育った。バブル景気も経験しており元祖オタク世代でもある。1976年以降に生まれた世代は「断層ジュニア」などと呼ばれている。断層の世代が好消費と呼ばれるようにローンを組んで買い物をするなど消費水準が高かったものの、以降の世代になるにつれて減少していき消費や支出が行われなくなっている。また断層の世代は消費の好みでは自動車やAV機器や海外旅行が多かったものの、以降の世代になるにつれてこれらへの関心も減少している。断層の世代 フレッシュアイペディアより)

  • 宮下宗一郎

    宮下宗一郎から見た海外旅行海外旅行

    趣味はスポーツと旅行。野球、サッカー(フットサル)、スキー、ゴルフ。海外旅行も趣味の一つ。宮下宗一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た海外旅行海外旅行

    ボーイング747()は、アメリカのボーイング社が開発・製造する大型旅客機のシリーズ。ジャンボジェット(Jumbo Jet)の愛称で知られる。世界初のワイドボディ機であり、大量輸送によってそれまで一般庶民にとって高嶺の花であった航空旅行、特に国外旅行の大衆化を可能にした画期的な機体であった。基本設計から半世紀が経過した現在においてもなお大型民間航空機の一角を占めており、最新型として747-8型が生産されている。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見た海外旅行海外旅行

    ノートパソコンに付属するACアダプターは、外部電源による動作および内蔵バッテリーの充電のために使用するが、ノートパソコンが携帯される機器として、販売されている(購入した)地域を離れた海外旅行や海外出張にも持ち出される場合もあることから、世界各国の電源事情に対応、電圧や交流周波数の違い(100?240ボルト、50/60ヘルツ)を自動的にノートパソコンの機能に即した電圧で直流の電流に変換できるよう設計された製品も見られ、またコンセント形状も様々な規格が存在し国・地域によってまちまちであることから、プラグ変換で対応する製品も見出せる。このほか、乗用車のアクセサリーソケットを利用できるアダプターなど、様々な製品も見られる。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

193件中 161 - 170件表示

「海外旅行」のニューストピックワード