193件中 71 - 80件表示
  • Nokia Tune

    Nokia Tuneから見た海外旅行海外旅行

    こうしたことから日本国内においては、海外の映画やテレビドラマの劇中に登場する携帯電話の着信音・効果音として初めて Nokia Tune に気づく場合が多い。その他、海外旅行の際に携帯電話をレンタルしたり、海外旅行先で現地の住民が携帯電話を使用している場面を目撃する、などで Nokia Tune を知ることもある。Nokia Tune フレッシュアイペディアより)

  • 懸川武史

    懸川武史から見た海外旅行海外旅行

    長い教員生活を経て、現在に至る。趣味は海外旅行懸川武史 フレッシュアイペディアより)

  • 手間いらず

    手間いらずから見た海外旅行海外旅行

    予約.com株式会社(よやくドットコム)は、海外旅行のオンライン販売を行う第1種旅行業者。住友商事の100%子会社であったが、現在比較.com傘下となる。2009年4月1日、グローバルトラベルオンライン株式会社(略称・GTO)から社名変更。2014年4月、比較.com株式会社に「予約.com株式会社」を統合。手間いらず フレッシュアイペディアより)

  • 豊田麻衣

    豊田麻衣から見た海外旅行海外旅行

    海外旅行の費用を貯めようと、アルバイトでモデルを始めたのをきっかけにしてローカルタレントとなり、富山テレビの番組で天気予報コーナーやリポーターなどを担当するようになった。豊田麻衣 フレッシュアイペディアより)

  • さあ!どうする!

    さあ!どうする!から見た海外旅行海外旅行

    番組は、放送第5回をもって「カプセル・スペシャル」の内容を変更。賞品が金券から海外旅行になり、それに伴って出場者たちの掴み取る対象がアルミ箔に変更された。改定後のゲームでは、まず賞品獲得の合格ラインとするアルミ箔の重量をあらかじめ設定していた。その後は第4回までのゲームと同じ展開で、挑戦権を得たチームメンバー全員が制限時間20秒以内にできる限り多くのアルミ箔を掴み取っていた。さあ!どうする! フレッシュアイペディアより)

  • 臨時列車

    臨時列車から見た海外旅行海外旅行

    国鉄・JRの房総各線では1961年(昭和36年)より海水浴客が集中する夏休みの期間(約40日間)に「夏ダイヤ」を設定、総武緩行線を含めた千葉鉄道管理局(→JR東日本千葉支社)管内のダイヤを組み替え、他管理局からの車両借り入れやダイヤ改正用早期落成車の一時転用により増発を行なった。1972年(昭和47年)の総武快速線開業以降は特急列車増発や快速「青い海」「白い砂」として快速列車の延長運転(内房線君津駅 - 千倉駅間、外房線大原駅 - 安房鴨川駅間)を実施していた。これらの列車にはヘッドマークを装着するなど力を入れていたが、高速バス網の整備や東京湾アクアライン開通などによる乗客動向の変化、海外旅行の一般化などのレジャー志向の変化により1998年(平成10年)をもって廃止された。臨時列車 フレッシュアイペディアより)

  • 森奥戦争

    森奥戦争から見た海外旅行海外旅行

    1997年(平成9年)1月のナホトカ号重油流出事故発災当時、小松市長北栄一郎が事故発生後、偽りの理由で休暇を取得し、サイパンに海外旅行に出かけてしまったことが明らかになった。この責任を取り北は市長を辞任し、後継市長選挙が1997年3月に実施された。候補としては、共産党から1名出馬を表明し、自民、新進両党は北に代わる相乗り候補の決定を迫られた。この時は、県農水部長を務めていた西村徹の他、西原啓を押す声も自民党の一部にあった。奥田のラインに属する一川は最初から西村支持であった。これに対して、自民党の若手市会議員の一部は西原を押しており、候補者を一本化するための委員会が開催されて西村への一本化が決定する。この時、森は西原の支持者たちに配慮し「彼らの気持ちを大事にしてほしい。将来の小松につながることだ」とコメントを残している。その後、北が再出馬を表明したこともあり、西村は自民、新進、社民からの推薦を受けて選挙戦を戦い当選した。当選後西村は最初の挨拶回りで森と一川の事務所を回っている。森奥戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩地中海村

    志摩地中海村から見た海外旅行海外旅行

    1993年(平成5年)に会員制の別荘として開業する。運営会社は地中海村のオーナーらが設立した。2014年(平成26年)頃より来訪者がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で地中海村の写真をアップロードしたり感想を書き込んだりしたことで注目を浴び始め、2015年(平成27年)のゴールデンウィークには前年の数倍の観光客が訪れた。その背景には円安やホテル需要逼迫(ひっぱく)による国外旅行価格の上昇や、語学面などから国外旅行を敬遠する一方で手軽に日本国外の雰囲気を味わいたいと考える若年世代の増加が指摘されている。志摩地中海村 フレッシュアイペディアより)

  • 成田離婚

    成田離婚から見た海外旅行海外旅行

    成田離婚はバブル景気に有名になった。当時は未婚女性が海外旅行を楽しむ機会が多くなった一方、男性には海外渡航経験が少ない傾向があり、日本では「立派に見えた」夫が、慣れない海外でトラブルの際などに適切な行動ができなかったことなどが原因で口論になり、しまいには離婚に至ったというケースが多いとも説明された。成田離婚 フレッシュアイペディアより)

  • ツーリストエキスパーツ

    ツーリストエキスパーツから見た海外旅行海外旅行

    1979年(昭和54年) - 近畿日本ツーリスト(初代・旧会社)の海外旅行添乗業務と成田国際空港における送迎(旅客案内)業務を受託。ツーリストエキスパーツ フレッシュアイペディアより)

193件中 71 - 80件表示

「海外旅行」のニューストピックワード