前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1330件中 1 - 10件表示
  • 自然

    自然から見た海

    1の意味より、山、川、など。人工物の少ない環境。自然環境。自然 フレッシュアイペディアより)

  • 青

    から見た海

    青(?、蒼、碧、あお)は基本色名のひとつで、晴れた日のや瑠璃のような色の総称である。青は英語のblue、外来語のブルーに相当する。寒色のひとつ。また、光の三原色のひとつも青と呼ばれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 地球

    地球から見た海

    対照的に、中心部分は鉄やニッケルが主体である。地表面の71%は液体の水()で被われており、地表から上空約100kmまでの範囲には窒素・酸素を主成分とする大気がある。大気の組成は高度によって変化する。地球 フレッシュアイペディアより)

  • 釣り

    釣りから見た海

    釣りの主な対象は、・川・湖沼・池などの水圏に生息する魚類である。この場合、釣りは漁(漁撈)の一種として、陸上動物を捕獲する猟と区別される。釣り フレッシュアイペディアより)

  • 着衣水泳

    着衣水泳から見た海

    着衣水泳(ちゃくいすいえい)とは、一般的な洋服など、普段人々が陸上で着ている衣類を着たまま、や河川、湖、プールなどで泳ぐことである。着衣水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た海洋海

    地球上に起こる気象は、太陽の活動により地球に供給されるエネルギー(放射エネルギー)に由来している。太陽が発している放射エネルギーを太陽放射といい、ほぼ全量が電磁波であり、そのうち47%が波長0.4 - 0.7μmの可視光線(人間の目に見える光)、46%が波長0.7 - 100μmの赤外線、7%が波長0.4μm以下の紫外線である。なお、生物に有害な波長0.2μm以下の紫外線のほとんどは散乱されたり大気上層(オゾン層)の成分により吸収されたりして、地表にほとんど到達しない。地球に入ってくる太陽放射を100とすると、30は反射によりすぐに宇宙に放出され、残りの70が地球の大気や地面、海洋などに吸収されて熱となる(地球のエネルギー収支も参照)。この熱が、気象の原動力となる。気象 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマトヌマエビ

    ヤマトヌマエビから見た海

    マダガスカル、フィジー、日本まで、インド太平洋沿岸の熱帯・亜熱帯域に広く分布する。日本での分布域は日本海側は鳥取県以西、太平洋側は千葉県以南の西日本とされる。で生活する幼生期(後述)に、海流に乗って分散するため分布域が広く、海洋上に孤立した島の小河川にも生息している。ヤマトヌマエビ フレッシュアイペディアより)

  • 海域

    海域から見た海

    海域(かいいき)とは、区分された面の事を指す。海域 フレッシュアイペディアより)

  • 放射強制力

    放射強制力から見た海洋海

    地球の気候を左右する気候因子のうち、地球の気候システムによるものを除いた、太陽放射や温室効果などを外部因子という。この外部因子にはそれぞれ、光を吸収しやすい、光を反射しやすい、熱を吸収しやすい、熱を放出しやすいなどの性質があり、大気や地面・海洋が蓄える熱量を左右し、気温や海水温に影響を与える。放射強制力 フレッシュアイペディアより)

  • 花貫ダム

    花貫ダムから見た海

    茨城県が管理する県営ダムで、高さ45.3メートルの重力式コンクリートダム。花貫川の治水及び高萩市の水がめとして、国庫の補助を受けて建設された補助多目的ダムである。このダムは日本では数少ない「が見えるダム」の一つでもあり、花園・花貫県立自然公園に指定される観光地でもある。ダムによって形成された人造湖には、特に名称が付けられていない。花貫ダム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1330件中 1 - 10件表示

「海洋事故」のニューストピックワード