前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1549件中 1 - 10件表示
  • 海と夕焼

    海と夕焼から見た海

    『海と夕焼』(うみとゆうやけ)は、三島由紀夫の短編小説。文永の鎌倉建長寺で寺男になっている老フランス人が、晩夏の夕焼けに遠い昔の少年時代を思い出し、聖地エルサレム奪還を目指し同志を率いてマルセイユの埠頭で祈念した時の挫折感と絶望を回想する物語。地中海が2つに割れる奇蹟を待望しながら至誠が天に通じなかった不思議、さらにその奇蹟の幻影自体よりも、神秘な沈黙のに潜む「ふしぎな不思議」に思い至った心境を、三島自身の少年期の神風待望の心理と重ねつつ、人間と信仰の主題を描いている作品である。また、5本の指に入るほど三島が特に愛着を持っている短編でもある。海と夕焼 フレッシュアイペディアより)

  • 花ざかりの森

    花ざかりの森から見た海

    平安末期、ある女人が情夫の殿上人へ捧げた物語がある。その殿上人も、「わたし」の遠い祖先の1人だった。女人には幼なじみの寺の坊主がいたが、この男は煩悩が捨てきれず、彼女にたびたび手紙をよこした。彼女は殿上人のつれなさや当てつけから、その幼なじみの坊主へ心を傾ける。そんな経緯から女人の物語は綴られていた。修行僧の坊主は女人と都を出奔し、ふるさとの紀伊にやって来た。しかし女はひとり海辺に立ってから気が変り、密かに男から逃れて京の都へ戻り尼になった。女は、「への怖れは憧れの変形ではあるまいか」などと書き記していた。花ざかりの森 フレッシュアイペディアより)

  • 地球

    地球から見た海

    対照的に、中心部分は鉄やニッケルが主体である。地表面の71.1%は液体の水()で被われており、地表から上空約100kmまでの範囲には窒素・酸素を主成分とする大気がある。大気の組成は高度によって変化する。地球 フレッシュアイペディアより)

  • 自然

    自然から見た海

    1の意味より、山、など。人工物の少ない環境。自然環境。自然 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマトヌマエビ

    ヤマトヌマエビから見た海

    マダガスカル、フィジー、日本まで、インド太平洋沿岸の熱帯・亜熱帯域に広く分布する。日本での分布域は日本海側は鳥取県以西、太平洋側は千葉県以南の西日本とされる。で生活する幼生期(後述)に、海流に乗って分散するため分布域が広く、海洋上に孤立した島の小河川にも生息している。ヤマトヌマエビ フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た海洋海

    地球上に起こる気象は、太陽の活動により地球に供給されるエネルギー(放射エネルギー)に由来している。太陽が発している放射エネルギーを太陽放射といい、ほぼ全量が電磁波であり、そのうち47%が波長0.4 - 0.7μmの可視光線(人間の目に見える光)、46%が波長0.7 - 100μmの赤外線、7%が波長0.4μm以下の紫外線である。なお、生物に有害な波長0.2μm以下の紫外線のほとんどは散乱されたり大気上層(オゾン層)の成分により吸収されたりして、地表にほとんど到達しない。地球に入ってくる太陽放射を100とすると、30は反射によりすぐに宇宙に放出され、残りの70が地球の大気や地面、海洋などに吸収されて熱となる(地球のエネルギー収支も参照)。この熱が、気象の原動力となる。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 釣り

    釣りから見た海

    釣りの主な対象は、・川・湖沼・池などの水圏に生息する魚類である。この場合、釣りは漁(漁撈)の一種として、陸上動物を捕獲する猟と区別される。釣り フレッシュアイペディアより)

  • ウミスズメ亜科 (Sibley)

    ウミスズメ亜科 (Sibley)から見た海洋海

    北半球の寒帯・亜寒帯を中心として、海洋に分布する。ウミスズメ亜科 (Sibley) フレッシュアイペディアより)

  • ディスカバリー・ベイ

    ディスカバリー・ベイから見た海

    ほとんどの香港の地形についていえることだが、ランタオ島は水が湧き出る1対の丘の様に見える(?-Lantau Island seems to be a set of hills that rise out of the water)。ディスカバリー・ベイは丘との間にあり、その開発区域からはどちらにも行くことができる。465mの丘には直接辿り着くことができ、ハイキングコースはランタオ内のすべての峰を結び、互いに行き来することができる。ディスカバリー・ベイ フレッシュアイペディアより)

  • イワガニ

    イワガニから見た海

    敵が来るとすばやく岩の隙間やタイドプールの中に逃げ込む。あまり中に入らないが、カクベンケイガニやアカテガニほど水を嫌うわけではない。敵に追いかけられて逃げ場を失うとにダイビングすることもある。人が岩場に立つと岩の隙間からこちらの様子をじっと伺っていることが多く、危険がないと見るやあちこちからわらわらと出てくることが多い。イワガニ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1549件中 1 - 10件表示