1549件中 91 - 100件表示
  • ユミル

    ユミルから見た海

    三神はユミルを解体し、血からや川を、身体から大地を、骨から山を、歯と骨から岩石を、髪の毛から草花を、睫毛からミズガルズを囲う防壁を、頭蓋骨から天を造り、ノルズリ、スズリ、アウストリ、ヴェストリに支えさせ、脳髄から雲を造り、残りの腐った体に湧いた蛆に人型と知性を与えて妖精に変えた。ユミル フレッシュアイペディアより)

  • 風成循環

    風成循環から見た海洋海

    海洋の表層近く数十メートルまでの深さでは、コリオリ力と圧力傾度力と風応力がバランスする。コリオリ力の効果のため表層近くの海水は、風の方向を向いて直角右側に輸送される(北半球の場合。南半球では直角左側。)この流れは発見者のV・ヴァルフリート・エクマンにちなんでエクマン流と呼ばれる。エクマン流による輸送のため、北太平洋中緯度では南向きに、低緯度では北向きに海水が輸送され、領域中央部に海水が集合する。この様子は人工衛星搭載の海面高度計で、数センチメートル程度の海面の盛り上がりとして観測できる。海面は盛り上がり続けることはできず、表層の領域中央部に集合した海水は鉛直下向きの流れとなる。風成循環 フレッシュアイペディアより)

  • モモグロカツオドリ

    モモグロカツオドリから見た海洋海

    海洋に生息する。繁殖期を除いて陸に上がることはない。モモグロカツオドリ フレッシュアイペディアより)

  • ハメ

    ハメから見た海

    元来からの人々の定住のパターンから、人々の居住地域は水路、特に大きな湖の周辺の平野に位置している。湖は航行可能であるが、やKokemäenjokiの急流はへの航行を制限した。同様に、3つの別々の航行可能な地域からの湖、ネシ湖は、タンペレの100km北まで航行することができる。また、Pyhäjärvi、VanajavesiとRoineは19世紀に運河によって繋げられた。一方、パイエンネ湖は、ラハティとパイヤト=ハメ県から、中央スオミ県とユヴァスキュラまでを接続している。ハメ フレッシュアイペディアより)

  • ハンズ・スース

    ハンズ・スースから見た海洋海

    その後、海洋と大気中の炭素14と三重水素の分布を研究し、放射性炭素年代測定法の分野に貢献した。ハンズ・スース フレッシュアイペディアより)

  • 微生物環

    微生物環から見た海

    微生物環(びせいぶつかん、microbial loop)とは、溶存有機物質、従属栄養性細菌、および微小動物プランクトンの3者から構成される海洋における栄養経路のこと。微生物ループ、マイクロビアルループとも。微生物環 フレッシュアイペディアより)

  • ウィンドロウ

    ウィンドロウから見た海

    海藻などのウィンドロウはや湖の表面で見られるが、これらは風で作られる海面下のラングミュア循環によって生成される。土のウィンドロウは大規模なミミズ堆肥化システムでよく使われる。落ち葉の回収を行っている多くの自治体では、回収しやすいように落ち葉をウィンドロウに集めるよう住民に求めている。ウィンドロウ フレッシュアイペディアより)

  • ウミガラス属

    ウミガラス属から見た海

    海洋に生息する。群れを形成し生活する。冬季になると南へ渡る。ウミガラス属 フレッシュアイペディアより)

  • クロウミツバメ

    クロウミツバメから見た海洋海

    海洋に生息する。翼を水平に広げ、羽ばたきと滑翔を交えながら飛翔する。クロウミツバメ フレッシュアイペディアより)

  • ジブロモクロロメタン

    ジブロモクロロメタンから見た海洋海

    少量のジブロモクロロメタンが海洋の藻類によって生産されている。ジブロモクロロメタン フレッシュアイペディアより)

1549件中 91 - 100件表示