1549件中 11 - 20件表示
  • 水循環

    水循環から見た海

    なお、降水のうち、河川となって、へ戻るのは、全体の三分の一であって、残りは、再び蒸発して、大気中に溶け込んでいるとする見解がある。水循環 フレッシュアイペディアより)

  • カモメ科

    カモメ科から見た海洋海

    極地を除く全世界の海洋・内水域に生息する。カモメ類は熱帯・亜熱帯、アジサシ類は温帯・寒帯に多い。カモメ科 フレッシュアイペディアより)

  • 内陸都市

    内陸都市から見た海

    内陸都市(ないりくとし)とは、地理用語で内陸、広義ではに面していない都市、狭義ではから離れている都市のことを言う。内陸都市 フレッシュアイペディアより)

  • 岬にての物語

    岬にての物語から見た海

    1946年(昭和21年)、文芸雑誌『群像』11月号に掲載された。末尾には執筆日が「20・7・9 - 20・8・23」と記されている。単行本は、翌年1947年(昭和22年)11月20日に桜井書店より刊行された。同書の扉には「夕日とと黄金を愛する人に」というエピグラフが付された。その後1956年(昭和31年)、雑誌『文藝』5月・増刊号の〈廿代小説傑作全集〉と、1957年(昭和32年)、雑誌『小説春秋』1月号の〈昭和文壇出世作全集第一集〉に再掲載された。岬にての物語 フレッシュアイペディアより)

  • ロスビー波

    ロスビー波から見た海洋海

    大気中のロスビー波(ロスビーは、Rossby wave)は、大陸・海洋の温度差や地形の高低差などによって大気が揺すぶられて生じる自由振動の波の一つで、地球大気、惑星大気で見られる大気波である。また、ロスビー波はベータ効果を復元力とする波である。カール=グスタフ・ロスビーによって発見された事からこの名がある。ロスビー波 フレッシュアイペディアより)

  • 釣り堀

    釣り堀から見た海

    既にある湖沼、河川、の一定範囲を区画、もしくは人工的に池を造成した上でその中から魚が流出しないようにし、訪れた客に釣りをさせる場所が釣り堀である。釣り堀 フレッシュアイペディアより)

  • ヤム (ウガリット神話の神)

    ヤム (ウガリット神話の神)から見た海

    ヤム (Yam, Yamm, Jamm。音写では ym )は、ウガリット神話に登場する、と川を神格化した神である。神話において、主神バアルが最初に戦う敵とされている。天上の父神イルウ(エル)と妻アーシラト(アシラ)との間の息子たちの一人で、竜の姿であるとされる。ヤム (ウガリット神話の神) フレッシュアイペディアより)

  • 雪氷圏

    雪氷圏から見た海洋海

    積雪、特に世界の山岳地帯における季節性の雪層は、水収支において極めて重要な貯蔵構成要素である。広さは限られているが、地球の山岳地帯における季節性の雪層は、中緯度地域の広い範囲において、河川流や地下水の再供給のための表面流去水としての主要な資源となっている。例えば、コロラド川流域からの1年間の流水量の85%以上は雪解け水である。地球上の山々からの雪解け水の表面流出は河川を水で満たし、10億人以上の人が水資源として依存している帯水層に水を供給する。また、世界の保護地域の40%以上は山脈にあり、これらの地域は保護を必要とする独特な生態系として、また人間のレクリエーション地域として、その価値を証明している。気候の温暖化は降雪と降雨の境界や雪解けの時期に大きな変化をもたらすと考えられており、そうした変化は水の利用と管理に関して重要な意義をもつことになるだろう。これらの変化はまた、土壌水分の時間的空間的な変化や海洋への表面流出を通じて、10年あるいはそれ以上の長い期間で気候システムにフィードバックするという潜在的に重要なことに関与する(ウォルシュ 1995)。積雪から海洋環境に流れ込む淡水の流量は、海氷のうちのうね状や岩塊状の脱塩された部分とおそらく同規模であり、重要かもしれない。またこれに加えて、冬に北極海の海氷上に雪に混じって積もり、海氷の消耗(ablation)により海洋に流出する沈着汚染物質とも関連性がある。雪氷圏 フレッシュアイペディアより)

  • 技術士建設部門

    技術士建設部門から見た海洋海

    建設 - 土質及び基礎、鋼構造及びコンクリート、都市及び地方計画、河川、砂防及び海岸・海洋、港湾及び空港、電力土木、道路、鉄道、トンネル、施工計画、施工設備及び積算、建設環境技術士建設部門 フレッシュアイペディアより)

  • ライフセービング

    ライフセービングから見た海

    ライフセービング(、救命行為)という言葉は、ヨーロッパを発祥とする救助、蘇生、応急処置、とくに一次救命処置のことである。に限らず川・湖沼・プールなど水辺の事故に対する救命活動を意味することが多いが、ライフセービングとは本来、氷上や山岳地における救助、洪水などの災害時の救命活動、糖尿病や心臓発作、高山病、低体温症や凍傷、熱中症、ショックの治療といった救急医療活動も含む。ライフセービング フレッシュアイペディアより)

1549件中 11 - 20件表示