1549件中 31 - 40件表示
  • 漁港 (バンド)

    漁港 (バンド)から見た海

    そのバンド名が表す通り、自称、フィッシュロック・バンドとして「日本の食文化を魚に戻し鯛!」を合言葉に活動。メンバーは千葉県の浦安魚市場で実際に鮮魚商を兼業しており、魚介類やをテーマにした楽曲の発表を行う。ライブでは食用魚の解体ショーや鰹節・貝類などの配布といった独自のパフォーマンスを行う。物販もCDなどの音楽関係よりも、鮮魚類が豊富である。従来のミュージシャンが、各楽曲の世界観やメッセージなどを、リスナーの聴覚と視覚に頼って伝えていたのに対して、漁港はさらに味覚と嗅覚という概念を取り入れている。漁港 (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • マリオパーティ

    マリオパーティから見た海

    の上にある7色のキノコの上で、キノピオがあげた旗の色のキノコの上に移動するミニゲーム。旗を上げてから少し時間が経つと、別の色のキノコは水中に沈み、水没したプレイヤーはリタイアとなる。ゲームのテンポは時間とともに早くなっていく。先にキノコに辿り着いたプレイヤーは、キノコの端ギリギリに立って他のプレイヤーがやって来るのを妨害する事ができる。最後まで生き残ったプレイヤーの勝ち。マリオパーティ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋政知

    高橋政知から見た海

    福島県福島市生まれ。1961年にオリエンタルランドへ専務として入社。1978年8月に第2代同社社長に就任する。千葉県浦安沖の漁業権放棄に向けた補償交渉を担当した後、「東京ディズニーランド」の建設のために、ディズニー社との交渉などを担当する。その後、世界初の「」をテーマにしたディズニーパークである「東京ディズニーシー」をはじめとした「東京ディズニーリゾート」の実現に大きな役割を果たした。東京ディズニーシーが完成間近となった2000年1月31日、心不全のため東京都港区の病院で死去。享年86。故人の遺志により、葬儀は近親者のみで実施され、後日オリエンタルランドによる「お別れの会」が開かれた。高橋政知 フレッシュアイペディアより)

  • 世界国尽

    世界国尽から見た海

    最期に、六の巻(付録)では、地学を天文・自然・人間の3つの章に分けて説明している。天文の章では、地球が丸いことや磁石が南北を指すこと、経度や緯度などを説明している。自然の章では、地形の説明として、、半島、地峡、岬、山、火山、砂漠、大洋、、湖水、入海(湾)、瀬戸(海峡)、河、滝などを説明している。人間の章では、文明の発達段階として4段階があることをあげて、第1段階を「渾沌」、第2段階を「蛮野」、第3段階を「未開又は半開」、第4段階を「文明開化」と説明している。また、政府の体裁に3種類があることをあげて、第1は「モナルキ」(立君政治)、第2は「貴族合議」、第3は「共和政治、或は合衆政治」であると説明している。世界国尽 フレッシュアイペディアより)

  • 醒井養鱒場

    醒井養鱒場から見た海

    醒井養鱒場(さめがいようそんじょう)は、滋賀県米原市にある、県立淡水魚養殖・研究施設。滋賀県には滋賀県水産試験場が彦根市にあるが、琵琶湖漁業が(漁業法で)の扱いとなるため、滋賀県の内水面水産試験場と位置づけてもよい。醒井養鱒場 フレッシュアイペディアより)

  • フィシオロゴス

    フィシオロゴスから見た海

    第17章 アスピドケローネ(鯨または大亀に似たの怪物)フィシオロゴス フレッシュアイペディアより)

  • 気候

    気候から見た海洋海

    気候といえば陸地の気候を指すことが多い。海洋(海面)にも気候は存在するが、人間が定住しないという点から一般的に注目されることは少ないが、航海や漁業にとっては重要である。気候 フレッシュアイペディアより)

  • 水の青

    水の青から見た海

    や湖の青色は空の色の反射に加え、この水の吸収スペクトルに由来する本質的な色に起因する。水の青 フレッシュアイペディアより)

  • エコロジー・持続可能開発・エネルギー省

    エコロジー・持続可能開発・エネルギー省から見た海

    エコロジー・持続可能開発・エネルギー省(エコロジー・じぞくかのうかいはつ・エネルギーしょう、(略称: MEDDE))は、フランスの省の一つ。持続可能な開発、環境政策、エネルギーおよび気候、交通および交通インフラ、設備、海洋ならびに海洋漁業および養殖業を所管する。エコロジー・持続可能開発・エネルギー省 フレッシュアイペディアより)

  • 神話

    神話から見た海

    神話は寓話を元にしているという説がある。それによると、アポローンは火、ポセイドーンは水と言った具合に自然現象を扱う寓話が神話に変化したという。また哲学的概念や霊的概念を表す寓話を元にした神話もあり、例えばアテーナーは賢明な判断、アプロディーテーは願望を示すという。19世紀のサンスクリット文献学者のフリードリヒ・マックス・ミュラーは神話の寓話的理論を纏め、当初神話は自然を語る寓話として形成されたが、やがて文字通りに解釈するようになったと主張した。例えば、「raging」という表現は元々はが「荒れ狂う」ことを表現していたが、これがやがてを司る神の「激怒する」性格を現すようになったと言う。神話 フレッシュアイペディアより)

1549件中 31 - 40件表示