1330件中 61 - 70件表示
  • 海事

    海事から見た海

    海事(maritime affairs)とは、に関する事柄又は海上で発生する事柄。海事 フレッシュアイペディアより)

  • 海線

    海線から見た海

    海線(うみせん)は、鉄道路線や道路において、2つのルートに分かれている区間のうちの側・海沿いを通るルートや、同一路線の海側・海沿いに向かう区間を指して呼ぶ通称である。具体的には以下の例がある。海線 フレッシュアイペディアより)

  • 人工魚礁

    人工魚礁から見た海

    人工魚礁ないし人工漁礁(じんこうぎょしょう)とは、魚類の繁殖と生活のために人為的に海中など水中に設置される人工物である。人工魚礁 フレッシュアイペディアより)

  • 傾圧

    傾圧から見た海洋海

    傾圧不安定は、流体力学における不安定の1つで、大気や海洋において適用される考え方である。傾圧 フレッシュアイペディアより)

  • 漁場

    漁場から見た海

    漁場(ぎょじょう・ぎょば・りょうば・いさば)とは、漁業において、収獲すべき水産物を得る場所である。漁業においては「海面」()と「内水面」(河川・湖沼)に大きく区分される。漁場 フレッシュアイペディアより)

  • マリサ

    マリサから見た海

    ラテン語で「の」を意味するmaris(マリス)から。marisは、聖母マリアの称号 stella maris(ステラ・マリス、海の星)の略。あるいは、マリアの変形とも。マリサ フレッシュアイペディアより)

  • ミル属

    ミル属から見た海

    ミル属(学名:Codium)は、緑藻の属で、世界のに50種ほどが分布する。日本ではミルが特によく知られ、他にクロミル、ヒラミルなど10数種がある。体は多数の細胞状構造(小嚢)からできているが、細胞質はすべて連続しており、全体が1つの多核体をなすのが特徴である。ミル属 フレッシュアイペディアより)

  • ミゾレヌマエビ

    ミゾレヌマエビから見た海

    繁殖期は春から夏にかけてで、交尾後にメスは長径0.4mmほどの楕円形の卵を500-6000個ほど産卵し、腹脚に抱えて孵化するまで保護する。孵化した子供はゾエア幼生の形態で、川の流れに乗ってへ下り、1ヶ月ほどプランクトン生活を送る。ミゾレヌマエビの幼生は他のヌマエビ類幼生に比べて体が細長く、半透明の白色をしている。幼生はデトリタスや他のプランクトンを捕食しながら成長し、稚エビへと変態して川を遡る。稚エビは水流があると頭を下げて脚を踏ん張り、流れに逆らう体勢をとる。川の遡上行動は夜間に見られ、流れの横の水が滴る程度の区域を列をなして遡る。また大雨等による増水時には遡上しない。ミゾレヌマエビ フレッシュアイペディアより)

  • 分流

    分流から見た海

    分流(ぶんりゅう、distributary)は、川がに出る前に、本流から分かれてゆく川のことをさす。一般用語であり、行政用語では派川(はせん)が使用される。分流 フレッシュアイペディアより)

  • 君手摩

    君手摩から見た海

    君手摩(きみてずり)または君手(きみて)、君てっ(きみてっ、きみって)は、通説ではと太陽を司る琉球王国の守護神とされており、琉球王国の存亡の機に降臨すると言われる。ニライカナイ(海の深淵、海の彼方、地下にある)に住まうとされており、新しい国王の即位の儀式中、聞得大君に憑依するとされる。君手摩 フレッシュアイペディアより)

1330件中 61 - 70件表示

「海洋事故」のニューストピックワード