223件中 91 - 100件表示
  • 海

    から見た

    海洋/海岸構造物: - 防波堤 - 灯台 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た真核生物

    19億年前に、火山活動が非常に活発になって大きな大陸が形成され、同時に大気中の酸素濃度が上がり始めた。最初の真核生物が生まれたのもこの時期であり、環境の変化と生命の進化の相互関係について検討がなされている。 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見たベリングスハウゼン海

    南極海: スコーティア海 - ウェッデル海 - ロス海 - アムンゼン海 - ベリングスハウゼン海 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た深海

    自然: 湾 - 海岸 - 海峡 - 地峡 - 海溝 - 海嶺 - 湖 - 川 - 深海 - 大陸棚 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見たストロマトライト

    光合成を行う生物としては、西オーストラリア・フォーテスキュー層群の27億年前の地層からシアノバクテリアと思われるストロマトライトの化石が見つかっている。この時期に大規模な火山活動があり、初めて大陸と呼べる陸地が形成されたらしい。シアノバクテリアが光合成を行うためは光の届く浅い海底が必要であり、シアノバクテリアの誕生と大陸の形成とは関連があると考えられている。 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見たロス海

    南極海: スコーティア海 - ウェッデル海 - ロス海 - アムンゼン海 - ベリングスハウゼン海 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た死海

    また、大規模な塩湖(水面が海水面より低く川による水の流出が存在しない場合などにそうなることがある)も、古くから「海」と命名されている場合がある。(例:カスピ海、死海)。(つまり、現代では地図的・俯瞰的に把握し、外海とつながっていない場合は”海”には含めず、塩水であっても、”湖”(みずうみ)に分類するということも広く行われるようになった、ということである。) フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た月の海

    月の表面の暗く見える部分を海という。(→月の海 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見たノルウェー海

    大西洋: ラブラドル海 - アーミンガー海 - ノルウェー海 - 北海 - アイリッシュ海 - ケルト海 - バルト海 - 地中海 - サルデーニャ海 - リグリア海 - ティレニア海 - イオニア海 - アドリア海 - クレタ海 - ミルトア海- エーゲ海 - マルマラ海 - 黒海 - アゾフ海 - サルガッソ海 - カリブ海 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見たエウロパ (衛星)

    木星や土星の氷衛星のいくつかは、氷の地殻の下に液体の水の海があると推測されている。エウロパ、ガニメデ、カリスト、タイタン(水とアンモニア)、エンケラドゥスに海がある可能性が高い。なお、タイタンの表面には液体のメタンやエタンで覆われた地形があるが、これらは規模が小さいため「湖」と呼ばれる。 フレッシュアイペディアより)

223件中 91 - 100件表示

「海洋事故」のニューストピックワード