223件中 31 - 40件表示
  • 海

    から見た海洋学

    関連学問: 海洋学 - 海洋工学-海岸工学 - 地球科学 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た太陽

    赤道近くの海の表面は太陽の光を受けて温められ、温かい水の流れ(暖流)となって流れてゆくほか、大量の水蒸気を発生する。1年間に海から蒸発する水量は50.5万km3と見積もられており、台風の発生など地球の気象に大きな影響を及ぼしている。蒸発した水量の91%は直接海上に降水するが、残りの9%が陸地に雨や雪として降水し、河川・氷河・地下水となって最終的には海に戻る。 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た火星

    火星には、地質時代には海があった可能性がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た海藻

    陸上でも海中でも、生命活動の基本となるのは植物による光合成である。海水中に太陽光が届く深さは200mまでなので、その範囲は海洋のごく表層に限られる。陸地周辺の数十mまでの浅い海では海底まで光が届くので海藻などの大型植物も繁茂できるが、大洋では植物プランクトン類が光合成を行う。植物プランクトンの生命活動には太陽光以外にも栄養塩類と呼ばれる物質が必要である。地上の植物には肥料として窒素・燐酸・カリウムを施すが、海水中では窒素・燐酸とカリウムの代わりに珪素が必要となる。(陸地では珪素は地中に大量に存在するので肥料として施す必要は無い、逆に海洋ではカリウムは水中に大量にあるが珪素は少ない) フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た気象

    赤道近くの海の表面は太陽の光を受けて温められ、温かい水の流れ(暖流)となって流れてゆくほか、大量の水蒸気を発生する。1年間に海から蒸発する水量は50.5万km3と見積もられており、台風の発生など地球の気象に大きな影響を及ぼしている。蒸発した水量の91%は直接海上に降水するが、残りの9%が陸地に雨や雪として降水し、河川・氷河・地下水となって最終的には海に戻る。 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た南シナ海

    太平洋: ベーリング海 - オホーツク海 - 日本海 - 黄海 - 渤海 - 東シナ海 - 南シナ海 - フィリピン海 - ミンダナオ海 - スールー海 - セレベス海 - モルッカ海 - ナトゥーナ海 - バンダ海 - アラフラ海 - ソロモン海 - 珊瑚海 - コロ海 - タスマン海 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た台風

    赤道近くの海の表面は太陽の光を受けて温められ、温かい水の流れ(暖流)となって流れてゆくほか、大量の水蒸気を発生する。1年間に海から蒸発する水量は50.5万km3と見積もられており、台風の発生など地球の気象に大きな影響を及ぼしている。蒸発した水量の91%は直接海上に降水するが、残りの9%が陸地に雨や雪として降水し、河川・氷河・地下水となって最終的には海に戻る。 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見たエンケラドゥス (衛星)

    木星や土星の氷衛星のいくつかは、氷の地殻の下に液体の水の海があると推測されている。エウロパ、ガニメデ、カリスト、タイタン(水とアンモニア)、エンケラドゥスに海がある可能性が高い。なお、タイタンの表面には液体のメタンやエタンで覆われた地形があるが、これらは規模が小さいため「湖」と呼ばれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た北極海

    北極海: ボフォート海 - チュクチ海 - 東シベリア海 - ラプテフ海 - カラ海 - バレンツ海 - 白海 - グリーンランド海 - リンカーン海 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た

    海のものとものものともつかない フレッシュアイペディアより)

223件中 31 - 40件表示

「海洋事故」のニューストピックワード