1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示
  • 11代目市川海老蔵暴行事件

    11代目市川海老蔵暴行事件から見た脳神経外科学

    吉祥寺セントラルクリニックの矢端正克院長は、新聞社の取材に対し、入院中のテレビ画像を見て、「ベンチを持ち上げたり、本を読んだりする一連の動きから脳の損傷がなかったようです。顔面へのダメージがそんなにひどくなかったのではないでしょうか」と分析し、また、退院後の記者会見を見て、「万全を期すため形成外科、眼科、脳外科などと連動し、難易度の高い口内からメスを入れたようだ」と指摘している。11代目市川海老蔵暴行事件 フレッシュアイペディアより)

  • 11代目市川海老蔵暴行事件

    11代目市川海老蔵暴行事件から見た東京高等裁判所

    2010年12月16日 - 東京高等裁判所にある司法記者クラブで予定されていた、石元側の記者会見が、「取材申し込みが殺到して会場の混乱が避けられない」との判断で中止された。11代目市川海老蔵暴行事件 フレッシュアイペディアより)

  • 11代目市川海老蔵暴行事件

    11代目市川海老蔵暴行事件から見た血腫

    その後、会見に臨んだ際、整復の痕はほとんど見られなかったが、骨が5つに割れしびれがあるという。左目は充血していた。会見では自身の症状を「前頭部左側頭部打撲、左上顎骨粉砕陥没骨折。それによる三叉神経の知覚障害と上顎洞血腫、左眼球打撲による結膜下出血。2本の前歯の骨折。内臓打撲による血尿などの全身多発外傷で全治2カ月と診断されました」と話した。11代目市川海老蔵暴行事件 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示

「海老蔵事件」のニューストピックワード