前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
463件中 1 - 10件表示
  • 岡田洲二

    岡田洲二から見た海運業海運

    父親の岡田庄作(海運業、鳥取県多額納税者)は境港海運界の重鎮として境港発展に尽くした。叔父岡田信吉朗も海運業者である。岡田洲二 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田信吉朗

    岡田信吉朗から見た海運業海運

    岡田 信吉朗(おかだ しんきちろう、明治16年(1883年) - 昭和19年(1944年))は日本の実業家。岡田回漕店・岡田海運各(株)代表取締役。海運業岡田信吉朗 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製鐵

    日本製鐵から見た海運業海運

    事業は中核の鉄鋼事業のほか、副産物を利用する化学事業、自社の製品や原材料を輸送する海運業、セメントや製鉄所で利用する耐火煉瓦を製造する窯業、鉱山を開発する鉱業などを手がけた。日本製鐵 フレッシュアイペディアより)

  • 連絡運輸

    連絡運輸から見た海運海運

    海運事業者(鉄道連絡船・渡し船・フェリー)連絡運輸 フレッシュアイペディアより)

  • 日本

    日本から見た海運海運

    古くから北太平洋及び北東アジアの交通の要所として海運や航空において重要な位置を占め、世界的に有数の規模の海運会社や航空会社が存在し、各国を結ぶ。また、アジアにおいて最も早く鉄道を導入した国の一つであり、世界初の高速鉄道である新幹線を導入し、私鉄による鉄道網が全国を網羅している。また、高度経済成長以降、モータリゼーションが進み、道路網・高速自動車専用道路網が発達している。日本 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道敷設法別表第1号

    鉄道敷設法別表第1号から見た海運海運

    路盤の大半が完成し、終点の大間駅を除く各駅も建設され、僅かな未着工部分を残すのみとなっていたが、陸軍省が海上輸送の危険を避け、ビルマ戦線におけるの物資輸送の為のルートを確保する為に1942年(昭和17年)にタイ王国で建設を開始した泰緬鉄道へ大間線 大畑 - 大間間の建設に用いた資材を転用する事が決定した為、大畑 - 大間間の延伸工事を中断。鉄道敷設法別表第1号 フレッシュアイペディアより)

  • 庄内地方

    庄内地方から見た海運海運

    当地は、古くから日本海沿岸地域や畿内との海運によって盛えて来た。沖積平野の灌漑技術の向上により、江戸時代以降は日本屈指の稲作地帯になった。庄内地方 フレッシュアイペディアより)

  • 末高信

    末高信から見た海運海運

    しかし朝から夕まで学内の図書館で哲学、古典文学、英米文学ないし英詩、独詩にふけるゆえ、本来の専攻科目である、経済学、商学は試験を通る程度に終始するが成績が下ることは無く、ゼミでは海運論を選択し卒業論文では海運に於ける運賃率決定の理論を英文で書いた。末高信 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林商船

    栗林商船から見た海運海運

    栗林商船株式会社(くりばやししょうせん)は、東京都千代田区に本社を置く海運会社。栗林商船 フレッシュアイペディアより)

  • 中野財閥

    中野財閥から見た海運海運

    中野財閥は新潟三大財閥(斎藤喜十郎財閥、鍵冨三作財閥、新潟白勢財閥)には数えられなかったものの、それらに次ぐ規模の財閥であった。鉄道と海運を経営し、「新潟交通と言えば、中野家」と称されるほど、交通分野では他の財閥の追随を許さなかった。また電力事業にも参入し、新潟の近代化に寄与した尽力は大きい。中野財閥 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
463件中 1 - 10件表示

「海運業」のニューストピックワード