627件中 91 - 100件表示
  • 古柳井水道

    古柳井水道から見た海運海運

    3世紀末から7世紀頃にかけて周囲に存在した熊毛王国は古柳井水道で海運をし繁栄を遂げた。当時古柳井水道は都から九州、朝鮮、中国への物流の重要経路の要衝であり、当該地域の制海権は熊毛王国に大きく貢献した。その為、熊毛王国は大和王権に侵される事もなく約300年もの間存続し、大和王権側に取っては脅威を与える存在となる。古柳井水道 フレッシュアイペディアより)

  • 大生汽船

    大生汽船から見た海運海運

    大生汽船(たいせいきせん)は、岡山県備前市に本社を置く日本の海運会社。大生汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 山下亀三郎

    山下亀三郎から見た海運業海運

    1903年(明治36年) - 喜佐方丸を購入し海運業を始める。山下亀三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 緩衝材

    緩衝材から見た海運海運

    古くは、容器の内張りにゴムや綿および布といった弾力性のある素材が使用された。これらは容器を再使用することを前提としており、宝石箱などではアクセサリー同士が衝突しあって破損しないよう、その各々を固定するための場所も見られる。その一方で長距離での輸送ではシロツメクサ(白詰草)も使われていた時期があり、名前にその名残がある。なおシロツメクサは、海上輸送が標準的に利用されていた時代に梱包資材として盛んに使われたため、世界各地にその種子も運ばれ、帰化植物としてかつての海運網拠点を中心に繁茂している。緩衝材 フレッシュアイペディアより)

  • 室戸汽船

    室戸汽船から見た海運海運

    室戸汽船(むろときせん)は、かつて大阪府大阪市の大阪南港(元は東神戸フェリーセンター)から高知県東洋町の甲浦港を経由して高知県土佐清水市のあしずり港を結ぶ航路を運航していた海運会社。本社は高知県室戸市に置いていた。室戸汽船 フレッシュアイペディアより)

  • カメリアライン

    カメリアラインから見た海運海運

    カメリアライン株式会社は、日本の博多港と大韓民国の釜山を結ぶ貨客船を運航する海運会社である。カメリアライン フレッシュアイペディアより)

  • 南東北

    南東北から見た海運海運

    庄内地方は、出羽山地と日本海に挟まれているため、同じ近隣の日本海沿岸である新潟県下越地方(新潟、村上など)や秋田県南西部(秋田、由利本荘など)との交流が深い。これら2地域とは国道7号・羽越本線で繋がっている。他の交通網でも、庄内空港で直接東京と繋がっているのみならず、戊辰戦争前の海運の歴史から秋田県や下越地方に限らず日本海沿岸の諸地域との交流も深い。山形県内陸部との連絡線では、同じ最上川流域である新庄から陸羽西線が通じている。南東北 フレッシュアイペディアより)

  • 青山綜合会計事務所

    青山綜合会計事務所から見た海運海運

    青山綜合会計事務所(あおやまそうごうかいけいじむしょ、英文名称:Aoyama Sogo Accounting Firm)は、1999年に創立された日本の会計事務所である。金融関連分野とりわけ資産証券化に特化した会計事務所として、SPCの会計・税務、事務管理、キャッシュマネジメント、役員派遣、税務コンサルティング等を中心に事業を展開。近年では、海外進出支援やインバウンドのコーポレートセクレタリーサービス、海事サービスなど、事業の幅を広げている。青山綜合会計事務所 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸内クルージング

    瀬戸内クルージングから見た海運会社海運

    株式会社瀬戸内クルージング(せとうちクルージング)は、岡山県笠岡市に事務所を置く日本の旅客船を運航する海運会社である。瀬戸内クルージング フレッシュアイペディアより)

  • やま丸

    やま丸から見た海運海運

    有限会社やま丸(やままる)は、大分県津久見市の津久見港 - 保戸島間で定期航路を運航する海運会社である。やま丸 フレッシュアイペディアより)

627件中 91 - 100件表示

「海運業」のニューストピックワード