627件中 111 - 120件表示
  • 共同汽船

    共同汽船から見た海運海運

    共同汽船株式会社(きょうどうきせん)は、かつて存在した海運会社で、兵庫県神戸市に本社を置いていた。明石海峡大橋開通時の1998年(平成10年)4月5日に廃止となった。共同汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯基地局

    携帯基地局から見た海運海運

    例えば、船舶・航空機の製造・修理業者、内航海運業者、ヘリコプターを有する警察・消防官署や新聞社・放送事業者・電力会社などである。携帯基地局 フレッシュアイペディアより)

  • 大三島フェリー

    大三島フェリーから見た海運会社海運

    大三島フェリー(おおみしまフェリー)は、広島県尾道市に本社を置き、竹原市と愛媛県今治市を結ぶ航路を運航する海運会社。山陽商船の傘下である。大三島フェリー フレッシュアイペディアより)

  • 三陸汽船

    三陸汽船から見た海運業海運

    三陸汽船(さんりくきせん)は、岩手県釜石市にあった海運業社である。三陸海岸に鉄道路線が存在しなかった戦前に、三陸諸港と宮城県の塩釜港とを結ぶ貨客船航路を運航していた。三陸汽船 フレッシュアイペディアより)

  • ムルマンスク

    ムルマンスクから見た海運海運

    ムルマンスク(ムールマンスクとも、ロシア語:'')は、ロシア連邦ムルマンスク州の州都。モスクワから北へ約2000km、コラ半島の北岸、バレンツ海からコラ湾を50kmほど南に入った東沿岸にあり、ノルウェーやフィンランドとの国境に近い。北極圏最大の都市で、漁業と海運業を主産業とする連邦最大の港湾都市のひとつでもある。ソビエト連邦政府から「英雄都市」の称号を授与されている。ムルマンスク フレッシュアイペディアより)

  • ムルマンスク

    ムルマンスクから見た海運業海運

    ムルマンスクの産業の基本的部門は次の産業である;漁業および漁獲運搬業、海運業、船舶修理業、鉄道および自動車輸送業、鉱業、食品製造業、北極海大陸棚での海洋地学および海洋地質調査業。他の産業としては、ロシアでは唯一の原子力砕氷船を管理している「ムルマンスコエ・マルスコエ・パラホーツトヴァ」「サユーズ・ルィバプロムィーシュレンニコフ・セーヴェラ」「ムルマンスキー・スドレントヌィ・ザヴォート・ミンモルフロータ」「セヴモルプチー」「アルクチクモルテフテガズラズヴェートカ」、科学調査企業「モルゲオ」や、漁獲部門では最大手の「ムルマンスキー・トラローヴィ・フロート」などの大企業がある。ムルマンスク フレッシュアイペディアより)

  • 北海商船

    北海商船から見た海運会社海運

    北海商船(ほっかいしょうせん)は、かつて存在した日本の海運会社。小樽港から利尻島・礼文島への小樽利礼航路を運航していた。北海商船 フレッシュアイペディアより)

  • マースク航空

    マースク航空から見た海運海運

    マースク航空()はかつてデンマークの大手海運会社A.P. モラー・マースクが傘下に置いていた航空会社である。1969年に創業、2005年にスターリング・ヨーロッパ航空と合併し、「スターリング航空」として再発足した。マースク航空 フレッシュアイペディアより)

  • 安西正道

    安西正道から見た海運海運

    1934年(昭和9年)東京帝国大学法学部法律学科卒業、逓信省入省。戦後は運輸省で海運にかかわる。安西正道 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神バイパスフェリー

    阪神バイパスフェリーから見た海運会社海運

    阪神バイパスフェリー(はんしんバイパスフェリー)は、かつて存在した日本の海運会社。大阪湾を横断するフェリー航路を運航していた。阪神バイパスフェリー フレッシュアイペディアより)

627件中 111 - 120件表示

「海運業」のニューストピックワード