627件中 121 - 130件表示
  • 久米商船

    久米商船から見た海運海運

    久米商船(くめしょうせん)は、沖縄県那覇市前島に本社を置く海運会社。1950年創立。旧社名は久米島フェリー。久米商船 フレッシュアイペディアより)

  • 運輸省 (イギリス)

    運輸省 (イギリス)から見た海運海運

    海運、航空、港湾、鉄道、道路、自動車(基準、登録・検査、運転免許)、運輸に係る環境問題、運輸保安、事故調査等を所掌事務とする。運輸省 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • 松山・小倉フェリー

    松山・小倉フェリーから見た海運海運

    松山・小倉フェリー株式会社(まつやま・こくらフェリー)は、愛媛県松山市に本社を置く海運会社である。松山・小倉フェリー フレッシュアイペディアより)

  • 中国の交通

    中国の交通から見た海運海運

    水路を利用した水運としては、海運と河川を使った輸送がある。主要水路は国務院交通運輸部水路司が計画・管理を行っている。中国の交通 フレッシュアイペディアより)

  • 船舶運営会

    船舶運営会から見た海運海運

    船舶運営会(せんぱくうんえいかい)は、1942年(昭和17年)から1950年(昭和25年)まで存在した日本の海運統制組織である。国家総動員法18条(条文)で認められていた特別法人として、戦時海運管理令に基づき設立された。「戦時に於ける海運の総力を最も有効に発揮せしむる為、海運事業の統制の為にする経営を為し、且つ海運に関する国策の遂行に協力すること」が目的とされ、太平洋戦争中から戦後の占領期まで、商船の運航を管理した。構成員は日本船舶の船主と、船主団体で逓信大臣の指定するものとされ、原則として強制加入団体であった。船舶運営会 フレッシュアイペディアより)

  • 防予汽船

    防予汽船から見た海運海運

    防予汽船株式会社(ぼうよきせん)は、山口県柳井市柳井134番地6に本社を置いていた海運会社。瀬戸内海汽船グループ傘下で、柳井港と松山市の三津浜港を結ぶフェリー航路を運航していたが、2010年9月30日限りで運航を休止、新たに設立された防予フェリー株式会社に事業を譲渡して、51年の歴史に幕を下ろした。防予汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 無人地帯

    無人地帯から見た海運海運

    オックスフォード英語辞典によると、語源は1320年にまでさかのぼることができる。当時は係争中の領地や、法の不一致がある土地を nonesmanneslond と呼んだ。後にはロンドン北方の刑場一帯を指した。海運業界では綱、テークル、ブロックなどの雑多な道具類を収める部屋にこの語が利用された。無人地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 明石淡路フェリー

    明石淡路フェリーから見た海運海運

    明石淡路フェリー株式会社(あかしあわじフェリー、)は、かつて存在した日本の海運会社である。明石淡路フェリー フレッシュアイペディアより)

  • 日東商船

    日東商船から見た海運海運

    日東商船株式会社(にっとうしょうせん)は、かつて存在した日本の海運会社である。昭和30年代の海運集約によって大同海運と合併し、ジャパンラインとなった。日東商船 フレッシュアイペディアより)

  • 近世における世界の一体化

    近世における世界の一体化から見た海運海運

    こうしてオランダは17世紀前半には商業・金融・海運などの分野で覇権をにぎり、バタヴィアを拠点とするアジア内貿易、ケープとセイロンに拠点を有したインド洋での中継貿易、大西洋三角貿易、バルト海貿易のいずれにおいても圧倒的な競争力をもち、自由貿易を推進していった。首都アムステルダムは、リスボンにかわって西ヨーロッパ最大の商業・金融都市として繁栄した。1630年当時、オランダが保有した商船の数は全ヨーロッパの商船の約半数に達した。なお、1634年から37年にかけては、アムステルダムでトルコ産チューリップの球根栽培の権利取引が過熱化し、球根1つに邸宅2戸分に相当する値がついたという。このことを、チューリップ・バブルと呼んでいる。近世における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

627件中 121 - 130件表示

「海運業」のニューストピックワード