627件中 11 - 20件表示
  • 中野財閥

    中野財閥から見た海運海運

    中野財閥は新潟三大財閥(斎藤喜十郎財閥、鍵冨三作財閥、新潟白勢財閥)には数えられなかったものの、それらに次ぐ規模の財閥であった。鉄道と海運を経営し、「新潟交通と言えば、中野家」と称されるほど、交通分野では他の財閥の追随を許さなかった。また電力事業にも参入し、新潟の近代化に寄与した尽力は大きい。中野財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎汽船

    岡崎汽船から見た海運海運

    岡崎汽船(おかざききせん)は、岡崎藤吉が明治27年(1894年)神戸において創業し、岡崎財閥の基盤となった海運会社である。岡崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 石船

    石船から見た海上輸送海運

    特に広島県の倉橋島には石船を一家で一隻保有し、砕石運搬業を生業とする「一杯船主」と呼ばれる人々が存在したが、埋立進捗による浅瀬での埋立工事の減少、モータリーゼーションの進展による海上輸送から陸上輸送へのシフト、石船の動力源である石油燃料の高騰、高齢化の進展等様々な要因によって徐々にその活躍の場を失われた。現在では砕石運搬の用途では用いられておらず、一部で海底のボーリング作業に転用されているのみである。石船 フレッシュアイペディアより)

  • クヌッツェン・オフショア・タンカーズ

    クヌッツェン・オフショア・タンカーズから見た海運海運

    クヌッツェン・オフショア・タンカーズ(Knutsen Offshore Tankers ASA)は、ノルウェーの海運会社。略称KOTクヌッツェン・オフショア・タンカーズ フレッシュアイペディアより)

  • S.O.C.

    S.O.C.から見た船会社海運

    通常、海上輸送用コンテナは船会社ないしリース会社が所有しているものをブッキングした荷主に貸し出す形式を取っている。しかし、タンクコンテナ等、特殊用途に使用されることが多いコンテナは使用頻度が少ないため高コストであり、船会社所有のものはドライコンテナ等と比べて数が少ない状態にある。そのため、荷主・乙仲自身がコンテナを所有し、必要に応じて使用する形式が取られる。S.O.C. フレッシュアイペディアより)

  • 栢木節蔵

    栢木節蔵から見た海運業海運

    栢木 節蔵(かやぎ せつぞう、弘化3年8月12日(1846年10月2日) - 明治37年(1904年)9月13日)は日本の実業家、海運業者、政治家。境町会議員。栢木節蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 帯谷宗七

    帯谷宗七から見た海運海運

    明治16年頃より海運業に乗り出し、帯谷海運を経営。帯谷宗七 フレッシュアイペディアより)

  • 弓削汽船

    弓削汽船から見た海運会社海運

    弓削汽船株式会社(ゆげきせん)は、愛媛県越智郡上島町弓削下弓削(弓削島)に本社を置く、海運会社弓削汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎幾三郎

    川崎幾三郎から見た海運業海運

    実業家として,18歳の時に金物店の主人となったのをはじめに銀行・海運業に意欲をもち,多くの事業を展開した。銀行では土佐銀行(現四国銀行の前身)や、交通の分野では土佐電気鉄道の創立にも寄与し、その数は80を超えるともされる。 また,高知市会議員や高知商工会議所の会頭なども歴任した。教育にも力を入れ、私財を投じて川崎幼稚園(現在は閉園)や、1920年(大正9)に、宇田友四郎とともに私立土佐中学校(現・土佐中学校・高等学校)を創立した。川崎幾三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本海事新聞

    日本海事新聞から見た海運海運

    海運(外航・内航)、造船、港運、倉庫、港湾、国際複合輸送、航空貨物、海洋レジャー、客船などのニュースが掲載されている。ブランケット判6?12ページ。日本海事新聞 フレッシュアイペディアより)

627件中 11 - 20件表示

「海運業」のニューストピックワード