463件中 31 - 40件表示
  • S.O.C.

    S.O.C.から見た船会社海運

    通常、海上輸送用コンテナは船会社ないしリース会社が所有しているものをブッキングした荷主に貸し出す形式を取っている。しかし、タンクコンテナ等、特殊用途に使用されることが多いコンテナは使用頻度が少ないため高コストであり、船会社所有のものはドライコンテナ等と比べて数が少ない状態にある。そのため、荷主・乙仲自身がコンテナを所有し、必要に応じて使用する形式が取られる。S.O.C. フレッシュアイペディアより)

  • フジトランスコーポレーション

    フジトランスコーポレーションから見た海運海運

    株式会社フジトランスコーポレーション()は、愛知県名古屋市港区に本社を置く海運を中心とした総合物流企業である。フジトランスコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 潮プランニング

    潮プランニングから見た海運会社海運

    潮プランニング(うしお-)は宮城県牡鹿郡女川町に本社を置く海運会社潮プランニング フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛阪神フェリー

    愛媛阪神フェリーから見た海運海運

    愛媛阪神フェリー株式会社(えひめはんしんフェリー)は、かつて愛媛県松山市に本社を置き、兵庫県神戸市の神戸港から愛媛県今治市の今治港を経由して愛媛県松山市の松山観光港を結ぶフェリー航路を運航していた海運会社。本四架橋の影響よる経営悪化や航路再編により、航路を廃止した。設立当時は来島どっくグループだった為、船名も同グループ所有の娯楽施設(ホテル奥道後)に因んで、「おくどうご」と付けられた。愛媛阪神フェリー フレッシュアイペディアより)

  • 五島汽船

    五島汽船から見た海運会社海運

    五島汽船(ごとうきせん)は、五島汽船協業組合の略称で長崎県五島市に本社を置く海運会社。貨物フェリー及び貨物船を運航している。五島汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 室戸汽船

    室戸汽船から見た海運海運

    室戸汽船(むろときせん)は、かつて大阪府大阪市の大阪南港(元は東神戸フェリーセンター)から高知県東洋町の甲浦港を経由して高知県土佐清水市のあしずり港を結ぶ航路を運航していた海運会社。室戸汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 博多臨港警察署

    博多臨港警察署から見た海運海運

    特定重要港湾・博多港と博多湾内を管轄区域とする警察署。博多湾岸地域は箱崎、東浜、中央、博多、須崎の5埠頭と荒津石油基地で構成され、福岡市中央卸売市場・鮮魚市場や海運関係の倉庫、事業所などのほか、博多税関支署や福岡入管博多港出張所、福岡海上保安部などの海事官庁が集合している。また、福岡サンパレス、福岡国際センター、福岡国際会議場、マリンメッセ福岡、福岡競艇場などの大規模集客施設が所在し、イベントの際周辺道路は人ごみであふれ返る。博多港は韓国・釜山との定期旅客便(コビー、ビートル、ニューかめりあ)が就航し、外国航路の旅客数が日本一であるため、海事官庁とも連携して密輸や密航、テロの警戒に当たっている。博多臨港警察署 フレッシュアイペディアより)

  • 星図

    星図から見た海運海運

    星図は天体の、こと地上では肉眼によって観測可能な太陽を除く恒星(=星)などを示したものであるが、こういった星図の発達にはしばしば季節を的確に知るための暦としての側面があった。こと農耕民族など農業生産によって生活していた民族では、季節の移り変わりで所定の作物を栽培し始める目安とすることが出来たし、また海に生活の場を求める民族では、海流や潮汐の周期的なの変化が季節に連動していたことは古くから良く知られていたため、漁業にも交易の海運にも季節を知ることには社会の繁栄のためにも重要な意味があった。星図 フレッシュアイペディアより)

  • 深日海運

    深日海運から見た海運海運

    深日海運(ふけかいうん)は、かつて大阪府泉南郡岬町の深日港と淡路島洲本港間に航路を持っていた海運会社。深日海運 フレッシュアイペディアより)

  • 上野孝

    上野孝から見た海運海運

    上野 孝(うえの たかし、1944年12月10日 - )は、実業家、海運・石油輸送大手上野トランステック社長。第21代横浜商工会議所会頭。上野孝 フレッシュアイペディアより)

463件中 31 - 40件表示

「海運業」のニューストピックワード