463件中 41 - 50件表示
  • 羽幌沿海フェリー

    羽幌沿海フェリーから見た海運海運

    羽幌沿海フェリー(はぼろえんかいフェリー)は、北海道苫前郡羽幌町の羽幌港と羽幌町に属する離島である天売島、焼尻島を結ぶ船舶を運航する海運会社。かつては「両島運輸」と呼ばれていた。国鉄羽幌線が運航されていた当時は、羽幌駅経由で国鉄との連絡運輸を行っていた。夏場の観光シーズンは高速船及びフェリーをフル回転させて運航便数増対応するが、秋から冬にかけての閑散期には高速船は休航し、フェリーのみ一日一往復の運航となる。羽幌沿海フェリー フレッシュアイペディアより)

  • MSC (海運業)

    MSC (海運業)から見た海運会社海運

    MSC(Mediterranean Shipping Company S.A.)はスイスのジュネーヴに拠点を置く世界有数の海運会社。2009年段階で376隻のコンテナ船を運用し、その積載能力は1,250,000TEUに達している。コンテナ船の船腹面積では、マースクライン(世界第一位)に次ぐ第二位を誇る。MSC (海運業) フレッシュアイペディアより)

  • 包玉剛

    包玉剛から見た海運海運

    包玉剛(ほう・ぎょくこう、パオ・ユーコン、Sir Yue-Kong Pao、1918年 - 1991年9月23日)は中国・浙江省寧波生まれで香港を拠点に活動した実業家。ワールドワイドシッピング創業者。父は包兆龍。「アジアの海運王」と言われた。香港特別行政区基本法起草委員会の副会長(副主任)を務めた。包玉剛 フレッシュアイペディアより)

  • 指定区間

    指定区間から見た海運海運

    指定区間(していくかん)は、河川・一般国道・海上運送・港湾運送事業において、政令・省令・告示により指定された区間。河川においては都道府県知事が管理する区間を、一般国道においては国土交通大臣が管理する区間を、海上運送においては生活航路を維持する区間を、港湾運送事業においてはその定義の区間をさす。指定区間 フレッシュアイペディアより)

  • 栢木節蔵

    栢木節蔵から見た海運業海運

    栢木 節蔵(かやぎ せつぞう、弘化3年8月12日(1846年10月2日) - 明治37年(1904年)9月13日)は日本の実業家、海運業者、政治家。境町会議員。栢木節蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 共同運輸会社

    共同運輸会社から見た海運海運

    しかし三菱の独占と専横を快く思わない渋沢栄一や井上馨らが三菱に対抗できる海運会社の設立を画策、東京風帆船会社、北海道運輸会社、越中風帆船会社の三社が結集して1882年7月に共同運輸会社が発足した(越中風帆船会社については、反三菱勢力として設立されたのではなく三菱の画策によって設立されたもの)。会社は、有事の際の軍事輸送を引き受けることを条件に政府の出資を得ており、社長も伊藤雋吉海軍少将が就任するなど政府色が濃いものとなった。共同運輸会社 フレッシュアイペディアより)

  • 山本友一

    山本友一から見た海運業海運

    海運業を営む傍ら、1940年に宇和島市市議会議員に当選。以後愛媛県議会議員を2期・衆議院議員を2期務める(自由党)。衆院議員時代には離島整備振興法の成立や細木運河、船越運河の建設に尽力。郵政大臣だった田中角栄に直訴して、無理と言われた竹ヶ島の電話架設を実現した。山本友一 フレッシュアイペディアより)

  • マリンエキスプレス

    マリンエキスプレスから見た海運海運

    マリンエキスプレス株式会社は、かつて日本に存在した海運会社。前身は日本カー・フェリー(1965年?1990年)で、シーコムに買収されシーコムフェリー(1990年?1992年)となった後マリンエキスプレスとなる。マリンエキスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 波方町

    波方町から見た海運海運

    地方ではあるが、世界の海運界では非常に有名な地名であり海事都市の一部を構成する。海事都市については今治市の項を参照。波方町 フレッシュアイペディアより)

  • 丁日昌

    丁日昌から見た海運海運

    実業:海運事業の創始。江南製造総局の創設。開平煤砿(現在の唐山市)と輪船招商局の開設。台湾での炭鉱開山、鉄道建設、電線架設、造船産業育成、土地開墾。丁日昌 フレッシュアイペディアより)

463件中 41 - 50件表示

「海運業」のニューストピックワード