627件中 51 - 60件表示
  • アクアネット広島

    アクアネット広島から見た海運会社海運

    アクアネット広島(アクアネットひろしま)は、広島県広島市東区に本社を置く海運会社アクアネット広島 フレッシュアイペディアより)

  • 日鉄住金物流

    日鉄住金物流から見た海運業海運

    日本国内や東アジア地域における海運業(内航海運・外航海運)と、日本国内における貨物自動車による陸運業、港湾運送業を行う。輸送品は鉄鋼製品やその原材料を中心とする。事業持株会社であり、陸運業者や新日鐵住金の各製鉄所の構内物流を行う子会社を傘下に持つ。日鉄住金物流 フレッシュアイペディアより)

  • 大村湾観光汽船

    大村湾観光汽船から見た海運会社海運

    大村湾観光汽船(おおむらわんかんこうきせん)は、長崎県大村市に本社を置く海運会社。資本金は400万円。大村湾内で高速船の運航を行っている。大村湾観光汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 株価収益率

    株価収益率から見た海運海運

    株価収益率の標準値は14から20のあいだが適正とされるが当該企業の成長性に楽観的な場合は高PERまで買われ(利益の高成長が見込める場合、現行では高いPERも数年後には低い水準になることがある)、将来に不透明感が高い場合は低PERで取引される。また石油や鉄鋼、海運など国際商品市況に業績が大きく影響をうける業種は過渡的な経緯や国際的な落ち着き所としてセクター全体が低PERで取引されていることがある。不動産に対する投資収益率(不動産価格/年間賃料)が構造的に20近辺であり(地価の変動と賃料相場が連動する特性があることから)、証券市場全体の株価収益率が20を越えて買い上げられている場合は株価バブルを警戒する必要がある(個別銘柄では前述のように将来性を期待して買い進められたり、また(予想)純利益が下方修正されることで高PERとなることがある)。株価収益率 フレッシュアイペディアより)

  • 東廻海運

    東廻海運から見た海運海運

    東廻りとは、西廻りの対語で東を廻るの意であり、本来の東廻海運は、日本海沿岸から津軽海峡を経て本州沿いを南下、房総半島の東を廻り下田で風待ちした後、順風を得て東京湾に入る外海江戸廻りの輸送を指すものである。しかし一般的な用法として、太平洋岸の東北諸藩と江戸とを結ぶ本州沿いの海運と利根川の水運を併用した水上輸送のことを含め東廻海運と呼ぶこともある。これらの輸送が、江戸幕府の開府と東北諸藩の成立によって増大したのは当然のことであり論を待たない。東廻海運 フレッシュアイペディアより)

  • 東廻海運

    東廻海運から見た海上輸送海運

    東北諸藩と江戸とを結ぶ海上輸送は、慶長年間の末(1614年ごろ)大坂の陣に備え盛岡藩の蔵米が三陸沿岸から江戸に廻漕されたのが最初とされ、元和年間(1615年-1624年)には盛岡藩や仙台藩・米沢藩の蔵米が三陸諸港や石巻湊・荒浜などから恒常的に輸送されるようになった。その後弘前藩も寛永2年(1625年)に青森の港を開き江戸へ廻米した。明暦元年(1655年)に秋田藩が土崎港から津軽海峡経由で江戸へ廻米し日本海から太平洋廻りの航路が開かれ、寛文4年(1664年)には八戸藩も鮫港から廻米した。東廻海運 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合海洋法会議

    国際連合海洋法会議から見た海運海運

    上記のように各国の立場の違いがより鮮明となった状況で、海洋法秩序の全面的見直しを目指した第三次国連海洋法会議が1973年12月3日にニューヨークで始まった。ジュネーヴ海洋法四条約採択からわずかに15年後のことである。同会議においては、海洋資源の利用・配分について上記のような開発途上国の要求を新条約にどこまで反映させるのか、領海の外の海域に拡大されていく沿岸国管轄権が領域主権のような広範な権利に転化し航行の自由が妨げられることをどのようにして防ぐのか、といった諸点について各国の意見は鋭く対立した。また同会議では、国連国際法委員会のような専門家集団作成による条約草案をもとに外交会議を経てそれを採択するという従前の方式を改め、それぞれの事項や利害関係ごとにグループを構成し、最初から政府間レベルでの直接交渉によって海洋法の全面的見直しが行われることとされた。例えば海洋資源に関する問題については、より沖合での資源の開発・管理・保存を目指しより広い国家管轄権を主張する沿岸国と、公海自由の原則を主張しこれに対立する遠洋漁業国や海軍国など、利害関係ごとのグループに分けて交渉が行われ条約文の作成にあたった。またこのように広範な分野において各国意見が対立した結果、第二次国連海洋法会議において行われたような票決手続きによる決定では根本的な問題の解決は得られないと判断され、参加者全員の合意が得られるまで交渉を尽くし交渉中の条約草案については票決を行わないという、いわゆるコンセンサス方式が採用された。1973年にニューヨークで第一会期が始まった同会議は、1982年12月10日に終了した第十一会期まで続いた。第三次国連海洋法会議の審議を通じてようやく基線から12カイリを超えない範囲で沿岸国は領海を設定することができるとする合意がなされ、国連海洋法条約第3条に規定されることとなった。排他的経済水域についても、沿岸から200カイリ以内に所在する資源の管轄権に関する提案が多くの国々から提出され、1974年の第2会期において排他的経済水域概念は会議参加国間でほぼコンセンサス形成に成功し、海洋法条約第5部(第55条~第75条)に排他的経済水域制度に関する規定が設けられるにいたった。こうした現代の12カイリまでの領海と200カイリまでの排他的経済水域という制度は、自国の海運や遠洋漁業を守るために海洋の自由を主張する先進海洋国と、自国の領海を拡大することにより自国周辺のそれまで公海と考えられていた水域の漁業資源を他国から守ろうとする国々との間の妥協であったともいえる。つまり、沿岸国に対し天然資源の開発など経済的目的に限定した権利を認めるけれども、他国に対しても公海並みの船舶航行の自由や航空機上空飛行の自由を認める水域、として200海里までの排他的経済水域を認める代わりに、領海の範囲を12海里までに限定したのである。それでも深海底制度などの点についてこのコンセンサス方式では各国意見を調整することができず、結局コンセンサス方式を断念し票決によって1982年4月国連海洋法条約が採択され、同年12月3日に第三次国連海洋法会議は終了した。しかしコンセンサス方式の断念は、条約の内容が少数派諸国の意見を十分に反映することができなかったことをあらわしており、そのことが同条約の世界的定着をめぐるその後の対立を招いたともいえる。国際連合海洋法会議 フレッシュアイペディアより)

  • 岡庭博

    岡庭博から見た海運会社海運

    1949年、河本が第24回衆議院議員総選挙に兵庫県第4区から出馬し当選。以後、河本が衆議院議員としての活動が多忙をきわめる中で、岡庭が実務面全般を取り仕切る事となる。その後1960年に常務・1962年に専務となり、1963年の海運集約に参加しないことで政府の統制を受けない自由度の高さからタンカーなどの大型船の拡充に力を入れた。更に1971年からは株式の時価発行や第三者割当増資を繰り返して多額の資金調達を行い、大々的に船腹を増強・同社を世界でも有数の海運会社へと成長させた。一方で社業の傍ら大阪産業大学教授を務め、海運経営や企業財務を講じている。岡庭博 フレッシュアイペディアより)

  • ルーアン海洋博物館

    ルーアン海洋博物館から見た海運海運

    博物館の正面や付近にしばしば入港する様々なタイプの貨物船による海運ルーアン海洋博物館 フレッシュアイペディアより)

  • ファーネス・ウィジー

    ファーネス・ウィジーから見た海運海運

    ファーネス・ウィジー (Furness, Withy & Co, Ltd.)は、イギリスの海運トラスト、ファーネス・グループの盟主会社。ファーネス・ウィジー フレッシュアイペディアより)

627件中 51 - 60件表示

「海運業」のニューストピックワード