463件中 61 - 70件表示
  • 第3次防衛力整備計画

    第3次防衛力整備計画から見た海運海運

    海上交通保護や海峡防衛能力の強化第3次防衛力整備計画 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢暴動

    伊勢暴動から見た海運会社海運

    神戸から伊勢参宮街道を北上してきた一揆集団は三重郡河原田村(現在の四日市市河原田町)から、鈴鹿郡下大久保村(現在の鈴鹿市下大久保町)方面を北上してきた一揆集団は三重郡山田村(現在の四日市市山田町)から、三重郡日永(現在の四日市市日永)に達し、四日市で東海道から来た一揆隊に合流した。山田村では一部の一揆隊が菰野方面(現在の三重郡菰野町)へ向かった。鈴鹿山脈の麓にある三重郡水沢村(すいざわむら、現在の四日市市水沢町)にも一揆隊が進入したが、水沢村で一部の村人を引き連れ、もと来た鈴鹿郡大久保村(現在の鈴鹿市大久保町)へ引き返していった。稲葉三右衛門の『暴動日記』によれば、四日市中心街では午前中に電信局放火を皮切りに焼き討ちが始まり、三重県庁四日市支庁や郵便会所を攻撃した後、桑名郡桑名(現在の桑名市中心街)へ向けて進んだが、夜には別の一揆隊が四日市に入って高砂町で無差別放火を行い、築港所や海運会社を放火して地元民と対立したという。四日市では三井銀行はかろうじて放火を阻止できたが、三菱銀行は犠牲になった。伊勢暴動 フレッシュアイペディアより)

  • 舞鶴国際埠頭

    舞鶴国際埠頭から見た海運海運

    舞鶴港は京阪神地域の日本海側の唯一の国際貿易港で、最も重要な拠点港である。近年では韓国定期コンテナ航路や中国・上海定期コンテナ航路が就航するなどさらにその重要性が高まっている。しかし、外国との貿易港である舞鶴西港は、商港でありながら漁港でもあるため、近年海上輸送の主役となっている大型コンテナ船の就航が難しかった。そこで京都府などでは新たな専用埠頭を建設し、5万トン級のフルコンテナ船が就航できる多目的国際埠頭として2010年(平成22年)に供給された。舞鶴国際埠頭 フレッシュアイペディアより)

  • 帯谷宗七

    帯谷宗七から見た海運海運

    明治16年頃より海運業に乗り出し、帯谷海運を経営。帯谷宗七 フレッシュアイペディアより)

  • 大三島フェリー

    大三島フェリーから見た海運会社海運

    大三島フェリー(おおみしまフェリー)は、広島県尾道市に本社を置き、竹原市と愛媛県今治市を結ぶ航路を運航する海運会社。山陽商船の傘下である。大三島フェリー フレッシュアイペディアより)

  • 契島運輸

    契島運輸から見た海運会社海運

    契島運輸(ちぎりしまうんゆ、英文社名:Chigirishimaunyu CO.,LTD.)は、広島県豊田郡大崎上島町東野に本社を置く、、資源リサイクル事業、東邦亜鉛製品の販売も行う海運会社契島運輸 フレッシュアイペディアより)

  • 大崎汽船

    大崎汽船から見た海運会社海運

    大崎汽船(おおさききせん)は、広島県竹原市港町に本社を置く、海運会社大崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 長江フェリー

    長江フェリーから見た海運会社海運

    長江フェリー(ながえフェリー)は、愛媛県越智郡上島町岩城に本社を置く、海運会社長江フェリー フレッシュアイペディアより)

  • 笠岡港

    笠岡港から見た海運海運

    笠岡港は、古くから海上交通の要衝として栄えていた歴史ある港湾である。そのため、笠岡港と言えば、一般的には笠岡諸島への旅客船航路を持つ笠岡地区の「住吉港」と「伏越港」のことを指し、更に最狭義としては、住吉港のみを指す。神島外浦地区については「神島外港」、港町地区については「新笠岡港」と呼ばれている。笠岡港 フレッシュアイペディアより)

  • 弓削汽船

    弓削汽船から見た海運会社海運

    弓削汽船株式会社(ゆげきせん)は、愛媛県越智郡上島町弓削下弓削(弓削島)に本社を置く、海運会社弓削汽船 フレッシュアイペディアより)

463件中 61 - 70件表示

「海運業」のニューストピックワード