627件中 71 - 80件表示
  • 天塩国

    天塩国から見た海運海運

    この時代の陸上交通は、文化5年(1808年)、留萌支配人山田屋文右衛門によって留萌からニセバルマ、エタイベツを経て石狩川流域のシラリカ(石狩国の樺戸郡と雨竜郡の境界の川)に出る約25里(98.2 km)の雨竜越が開削された。また、北に隣接する北見国宗谷郡方面へは沿岸部を陸路で通行でき、留萌場所などに馬を配置する際は北見国経由で送られていた。安政4年(1857年)(寛政8年(1796年)との資料もある)には浜益・増毛両場所請負人伊達林右衛門が自費を投じ、南の石狩国浜益郡から増毛に至る9里(35.3 km)余の増毛山道が開削されている。この他、増毛山道よりも海側に開削年不詳であるが石狩国浜益郡の千代志別と雄冬を結ぶ雄冬山道も存在した。雄冬山道は岩老まで海岸を進み、そこから山に入って増毛山道に合流する。また天塩国内の河川には藩政時代から廃使置県までの間6箇所の渡船場数があり渡し船なども運行されていた。海上交通は、北前船が留萌などに寄港していた。天塩国 フレッシュアイペディアより)

  • 猛き黄金の国

    猛き黄金の国から見た海運海運

    主人公の岩崎弥太郎と過ごした時期がある三井グループを財閥にのし上げた立役者の一人でもある三野村利左衛門とは三菱の起源である海運業で業績を競い合っていた競争相手である。猛き黄金の国 フレッシュアイペディアより)

  • 三陸浜街道

    三陸浜街道から見た海運海運

    八戸藩分立が寛文4年(1664年)にあり、九戸郡野田村(盛岡藩領)と久慈(八戸藩領)が藩境となり、藩境には塚が築かれた。盛岡藩領の東海岸の「東浜街道」または「三閉伊通」(大槌通・宮古通・野田通)と呼ばれた、現在の釜石市からに久慈市かけて海岸線に沿い街道が整備されていた。宮古湊のあった鍬ヶ崎浦と代官所のある宮古村の二つの町は、閉伊川の河口に開け、陸中沿岸で獲れた海産物の移出や東北太平洋岸海運の要所として廻船問屋や海産物の仲買商人たちが軒を並べて賑わった。また、寛永年間には宮古街道(閉伊街道)も整備され、盛岡の外港として重要視された。三陸浜街道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海淡路ライン

    南海淡路ラインから見た海運海運

    南海淡路ライン(なんかいあわじライン)は、かつて泉佐野港と淡路島津名港を結ぶ航路を持っていた海運会社。南海電気鉄道のグループ会社である。南海淡路ライン フレッシュアイペディアより)

  • オリエンタルライン

    オリエンタルラインから見た海運海運

    オリエンタルラインは、かつて日本に存在した海運会社。オリエンタルライン フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県道216号大瀁直江津線

    新潟県道216号大瀁直江津線から見た海運海運

    佐渡汽船 - 小木航路(直江津港ターミナル(上越市港町1丁目) - 佐渡島・小木港ターミナル(佐渡市小木町))を運行する海運会社。当県道の終点付近に、同航路の「直江津港ターミナル」が存在する。なお、同航路は国道350号に指定されている。新潟県道216号大瀁直江津線 フレッシュアイペディアより)

  • トヨフジ海運

    トヨフジ海運から見た海運海運

    トヨフジ海運株式会社(トヨフジかいうん、) は、愛知県東海市に本社を置くトヨタグループの海運会社。トヨフジ海運 フレッシュアイペディアより)

  • しまなみ海運

    しまなみ海運から見た海運会社海運

    しまなみ海運(しまなみかいうん)は、広島県三原市城町に本社を置く、海運会社。広島県尾道市因島土生町の土生商船と同じ場所に因島営業所を置いている。しまなみ海運 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩町片田

    志摩町片田から見た海運業海運

    町村制が施行されると、片田村は単独で村制を敷き、2度の市町村合併を経て、大字として存続している。片田村時代は半農半漁村だった一方、機帆船を所有して海運業に従事する村民も多かった。1889年(明治22年)1月26日、片田村出身の伊東里きは横浜港からサンフランシスコへ渡り、1894年(明治27年)にアメリカ人男性との間に生まれた娘を連れて片田村に帰郷した。すっかり垢抜け、英語が端々に混ざる話し方をする里きの姿に村人は驚き、アメリカの労働賃金の高さを知って渡米を希望した若者を連れ、再びサンフランシスコへ戻っていった。志摩町片田 フレッシュアイペディアより)

  • カスカイス

    カスカイスから見た海運海運

    中世以来、カスカイスは、漁業、リスボンへの航路の港町であったことから発展した海運業、ワインやオリーヴオイル、穀物、果物を生産する農業が盛んであり、テージョ川に近いという地理的要因もあり、リスボンを守る防衛拠点ともなった。1488年ごろ、ジョアン2世は、海の側に小さな要塞を建設した。この要塞は、最終的には防衛上、何一つ役に立つことはなく、1580年のスペインとポルトガルの同君連合が成立した際も、貢献することはなかった。この城塞は、フィリペ1世の時代に、ルネサンス建築のへと拡張された。また、カスカイス周辺の海岸線には、多くの城塞が建築され、多くが現存する。カスカイス フレッシュアイペディアより)

627件中 71 - 80件表示

「海運業」のニューストピックワード