463件中 81 - 90件表示
  • 神原汽船

    神原汽船から見た海運会社海運

    神原汽船(かんばらきせん、)は、日本の海運会社。広島県福山市に拠点を置く、ツネイシグループの源流企業である。神原汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 鴻池善右衛門

    鴻池善右衛門から見た海運業海運

    1625年には大坂と江戸の間の海運業をはじめ、諸大名の参勤交代や蔵物の輸送業務を手がけた。1656年には酒造を廃業して両替商をはじめる。大名貸、町人貸、問屋融通など事業を拡大した。鴻池善右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 交通工学

    交通工学から見た海運海運

    歴史を経るごとに交通工学においても細分化が進み、海上交通と陸上交通の分野に分れ、そのうち海上交通は主には海洋科学・海事科学の分野で流通を、商船学として物流を研究し、陸上における交通工学(Traffic Engineering)は高度経済成長に伴うモータリゼーションの進展などの影響もあり、ほとんど道路に起因する問題(=道路交通工学)のみを取り扱っていた。1960年代後半からは道路整備のみではなく、公共交通機関などが抱える問題にも対処するようになった。この変化によって、アメリカではTransportation engineeringが使われるようになった。近年では、日本でも交通工学の訳としてはこちらを使用する場合もある。日本でも、交通問題に対する研究は昭和40年代あたりから継続的に行なわれてきた。交通工学 フレッシュアイペディアより)

  • 船主

    船主から見た海運海運

    海運業に於いては、海運会社自身が所有(Ownership)と運航(Operation)の両方を実施する場合と、所有と運航とを分業し、海運会社は船主から船を借り、運航のみを実施する場合がある。船主 フレッシュアイペディアより)

  • 栄町 (境港市)

    栄町 (境港市)から見た海運海運

    境町の海運・行政・商業の中心地として繁栄した。栄町 (境港市) フレッシュアイペディアより)

  • ギリシャの観光

    ギリシャの観光から見た海運業海運

    エーゲ海の風光明媚な島々や古代ギリシャ時代・東ローマ帝国時代の遺跡、世界遺産を数多く有するギリシャでは、観光産業が収入源において重要な位置を占めており、海運業、移民による送金と合わせ三大収入源と化している。また、1970年代より現在まで常に世界の観光市場で15位以内をキープしている。年度別観光客数は以下のとおりである。ギリシャの観光 フレッシュアイペディアより)

  • 上野豊

    上野豊から見た海運海運

    上野 豊(うえの ゆたか 1915年11月9日 - )は、昭和の実業家、海運・石油輸送大手上野トランステック、横浜エフエム放送会長。元横浜商工会議所会頭、横浜エフエム放送社長。神奈川県出身。上野豊 フレッシュアイペディアより)

  • 熊野丸

    熊野丸から見た海運海運

    日本陸軍は、島国という地理的事情のため早くから上陸戦に対する関心が深く、1930年代から陸軍特種船(陸軍特殊船)と称される揚陸艦を建造していた。太平洋戦争が勃発すると揚陸戦艦艇の需要は高まり、戦時標準船に代表される計画造船の一環としても特種船4隻の建造が行われることになった。戦時型の特種船は一般の戦時標準船各型と並んでM型に分類され、うち2隻は標準的な舟艇母船のM甲型、2隻は上陸戦支援のための航空機発進能力を有するM丙型として計画された。なお、完全な軍用船ではあるが、民間海運会社保有の商船名目で建造し、徴用の形で陸軍管理下で運航する方式を採った。熊野丸 フレッシュアイペディアより)

  • 北東北

    北東北から見た海運海運

    しかし、旧藩の領域とは異なる地域圏も存在している。秋田県沿岸から山形県・庄内地方にかけての日本海沿岸地域は、古代から東北地方と畿内との間の最短路であり、かつ、海運による最速路・大量輸送路で、江戸時代には北前船などで繋がり、現在は陸路での繋がりも強い。また、奥羽山脈を挟んで接する岩手県・北上盆地と秋田県横手盆地は、双方とも奥州藤原氏の版図であるための文化面の繋がりや、秋田道経由の流通や内陸工業の発達で同質性が見られる。青森市や下北地方は、江戸時代以来の長年の物流から、函館市などの道南地方との経済的繋がりが深い。北東北 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎幾三郎

    川崎幾三郎から見た海運業海運

    実業家として,18歳の時に金物店の主人となったのをはじめに銀行・海運業に意欲をもち,多くの事業を展開した。銀行では土佐銀行(現四国銀行の前身)や、交通の分野では土佐電気鉄道の創立にも寄与し、その数は80を超えるともされる。 また,高知市会議員や高知商工会議所の会頭なども歴任した。教育にも力を入れ、私財を投じて川崎幼稚園(現在は閉園)や、1920年(大正9)に、宇田友四郎とともに私立土佐中学校(現・土佐中学校・高等学校)を創立した。川崎幾三郎 フレッシュアイペディアより)

463件中 81 - 90件表示

「海運業」のニューストピックワード