前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示
  • 海運

    海運から見た商船三井

    日本の海運会社は、1963年に成立した海運2法により海運集約が行われたほか、近年さらに大手海運会社同士の合併が行われ、2012年現在の大手海運会社は日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社体制となっている。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た

    海運は他の運輸手段に比べて以下のような特徴を持つ。 船の長所と短所も参照のこと。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た日本郵船

    日本の海運会社は、1963年に成立した海運2法により海運集約が行われたほか、近年さらに大手海運会社同士の合併が行われ、2012年現在の大手海運会社は日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社体制となっている。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た川崎汽船

    日本の海運会社は、1963年に成立した海運2法により海運集約が行われたほか、近年さらに大手海運会社同士の合併が行われ、2012年現在の大手海運会社は日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社体制となっている。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た日本貨物航空

    また、大手海運会社は陸上・航空を含め、荷物の出発地から到着地までの一貫輸送を手がける(一般に総合物流と呼ばれる)ようになっている。日本郵船が日本貨物航空を傘下に収めたほかヤマトホールディングスと提携したり、商船三井が近鉄エクスプレスと提携したことは、この流れに沿ったものである。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見たヤマトホールディングス

    また、大手海運会社は陸上・航空を含め、荷物の出発地から到着地までの一貫輸送を手がける(一般に総合物流と呼ばれる)ようになっている。日本郵船が日本貨物航空を傘下に収めたほかヤマトホールディングスと提携したり、商船三井が近鉄エクスプレスと提携したことは、この流れに沿ったものである。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た近鉄エクスプレス

    また、大手海運会社は陸上・航空を含め、荷物の出発地から到着地までの一貫輸送を手がける(一般に総合物流と呼ばれる)ようになっている。日本郵船が日本貨物航空を傘下に収めたほかヤマトホールディングスと提携したり、商船三井が近鉄エクスプレスと提携したことは、この流れに沿ったものである。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た液化天然ガス

    上記のような特徴があるが、鉱物資源などの重量物や原油・液化天然ガスといった液体を安く大量に輸送する手段としては、その優位性は揺るがない。特に島国であり、食糧や鉱物資源のほとんどを輸入に頼るほか工業製品の輸出量が多い日本においては、必要不可欠な存在である。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た原油

    上記のような特徴があるが、鉱物資源などの重量物や原油・液化天然ガスといった液体を安く大量に輸送する手段としては、その優位性は揺るがない。特に島国であり、食糧や鉱物資源のほとんどを輸入に頼るほか工業製品の輸出量が多い日本においては、必要不可欠な存在である。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た石炭

    プラザ合意による円高で、それまでドル建で資産を決済していた海運各社は大打撃を受け、バブル景気に反して厳しい経営状態が続いていたが、2000年代には中国国内の好景気によって住宅建設や工業設備への需要が急成長し、中国政府の資源政策や建設と機械装置用の鉄鋼需要の拡大の影響から、鉄鉱石・石炭といった重量資源の輸送需要が拡大した。また、同時に中国製低価格消費財の貿易量も増大したため、その原材料と製品の輸送需要も加わって、国際的な貨物輸送が行なえる船舶への需要が世界的に急拡大した。これにより世界的に船賃(トンキロ)が高騰するとともに、貨物船不足が発生しはじめた。海運各社は新造船発注を増大させ、新造船の価格である船価も高騰して造船各社は活況となった。海運業や造船業で需給が逼迫し、こういった「船バブル」から海運会社の業績は回復してきている。海運 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示

「海運業」のニューストピックワード