56件中 21 - 30件表示
  • 海運

    海運から見たコンテナ船

    第二次世界大戦以前は豪華な客船が数多く建造され、大陸間交通などの長距離の旅客輸送の主役であったが、航空機の発達と共に旅客航路は衰退し、21世紀の現在は、近海や海峡など短距離交通路としての連絡船・フェリー、および船旅そのものを楽しむクルーズ客船などに限られている。しかし貨物輸送としては現代でも、国際間貿易の物流の主軸であり、大型コンテナ船や巨大タンカーに代表される船によって世界中の港が結ばれている。一方で1970年代から、空荷船の積むバラスト水による生態系への悪影響が問題視されるようになった。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見たタンカー

    また、外航航路とは別に内航海運として沿海航路が発達し、独自の進化を遂げている。製鉄会社主体の一般在来型貨物船オペレーター、石油会社主体の内航タンカーオペレーター、旅客輸送も行う長距離フェリー船社、島嶼間輸送における独占的なオペレーター、製紙会社主体のRO-RO船オペレーター等多様である。また、利用運送事業の方面も発達し零細企業でも頭角を現す企業がある。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た航空機

    第二次世界大戦以前は豪華な客船が数多く建造され、大陸間交通などの長距離の旅客輸送の主役であったが、航空機の発達と共に旅客航路は衰退し、21世紀の現在は、近海や海峡など短距離交通路としての連絡船・フェリー、および船旅そのものを楽しむクルーズ客船などに限られている。しかし貨物輸送としては現代でも、国際間貿易の物流の主軸であり、大型コンテナ船や巨大タンカーに代表される船によって世界中の港が結ばれている。一方で1970年代から、空荷船の積むバラスト水による生態系への悪影響が問題視されるようになった。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た北海

    海運は古来、大量・長距離物流の要であり、地中海や北海、インド洋などで活発な活動が見られたが、造船技術や航海技術の発達により、大陸間航行などが行われるようになると、その存在は一段と重みを増した。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た造船

    海運は古来、大量・長距離物流の要であり、地中海や北海、インド洋などで活発な活動が見られたが、造船技術や航海技術の発達により、大陸間航行などが行われるようになると、その存在は一段と重みを増した。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た海上保険

    欧州において、大航海時代には海運に関連するビジネスが発達した。その頃の海運は商業者当人が船舶を所有し、遠方の商品を売買するという形態であった。このため、船舶が遭難したり海賊に襲われたりするなど、商業者が持つリスクは著しく高まるため、商業上のリスク分散の方策として株式会社が発達した。また、沈没など海難事故のリスクを分散するため貨物や船舶に対する保険(海上保険)も発達した。現在でも日本の損害保険会社に「海上」の名を冠しているものがあるのは、ここから損害保険が発達したからである。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見たコンテナ

    航空機や鉄道、貨物トラックに比べ速度は遅く、輸送時間では不利が大きい。消費財貿易でもコンテナ輸送の拡大により積み下ろしの時間が短縮され効率性が向上している。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た遭難

    欧州において、大航海時代には海運に関連するビジネスが発達した。その頃の海運は商業者当人が船舶を所有し、遠方の商品を売買するという形態であった。このため、船舶が遭難したり海賊に襲われたりするなど、商業者が持つリスクは著しく高まるため、商業上のリスク分散の方策として株式会社が発達した。また、沈没など海難事故のリスクを分散するため貨物や船舶に対する保険(海上保険)も発達した。現在でも日本の損害保険会社に「海上」の名を冠しているものがあるのは、ここから損害保険が発達したからである。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た輸送量の単位

    プラザ合意による円高で、それまでドル建で資産を決済していた海運各社は大打撃を受け、バブル景気に反して厳しい経営状態が続いていたが、2000年代には中国国内の好景気によって住宅建設や工業設備への需要が急成長し、中国政府の資源政策や建設と機械装置用の鉄鋼需要の拡大の影響から、鉄鉱石・石炭といった重量資源の輸送需要が拡大した。また、同時に中国製低価格消費財の貿易量も増大したため、その原材料と製品の輸送需要も加わって、国際的な貨物輸送が行なえる船舶への需要が世界的に急拡大した。これにより世界的に船賃(トンキロ)が高騰するとともに、貨物船不足が発生しはじめた。海運各社は新造船発注を増大させ、新造船の価格である船価も高騰して造船各社は活況となった。海運業や造船業で需給が逼迫し、こういった「船バブル」から海運会社の業績は回復してきている。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た物流

    第二次世界大戦以前は豪華な客船が数多く建造され、大陸間交通などの長距離の旅客輸送の主役であったが、航空機の発達と共に旅客航路は衰退し、21世紀の現在は、近海や海峡など短距離交通路としての連絡船・フェリー、および船旅そのものを楽しむクルーズ客船などに限られている。しかし貨物輸送としては現代でも、国際間貿易の物流の主軸であり、大型コンテナ船や巨大タンカーに代表される船によって世界中の港が結ばれている。一方で1970年代から、空荷船の積むバラスト水による生態系への悪影響が問題視されるようになった。海運 フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「海運業」のニューストピックワード