1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示
  • 海運

    海運から見た地中海

    海運は古来、大量・長距離物流の要であり、地中海や北海、インド洋などで活発な活動が見られたが、造船技術や航海技術の発達により、大陸間航行などが行われるようになると、その存在は一段と重みを増した。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た客船

    第二次世界大戦以前は豪華な客船が数多く建造され、大陸間交通などの長距離の旅客輸送の主役であったが、航空機の発達と共に旅客航路は衰退し、21世紀の現在は、近海や海峡など短距離交通路としての連絡船・フェリー、および船旅そのものを楽しむクルーズ客船などに限られている。しかし貨物輸送としては現代でも、国際間貿易の物流の主軸であり、大型コンテナ船や巨大タンカーに代表される船によって世界中の港が結ばれている。一方で1970年代から、空荷船の積むバラスト水による生態系への悪影響が問題視されるようになった。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た消費財

    航空機や鉄道、貨物トラックに比べ速度は遅く、輸送時間では不利が大きい。消費財貿易でもコンテナ輸送の拡大により積み下ろしの時間が短縮され効率性が向上している。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た愛媛県

    現代における海運会社は物流会社であり、運搬する商品の売買は本質的な目的ではない。また、リスク分散を進めるため、船舶を借り受けている場合が多く船舶資産の運用会社としての側面が強い。船舶は、各地にいる船主と呼ばれる個人事業者が所有しており、海運会社に貸与している。船主は世界中に存在し、例えば日本の場合、愛媛県今治市の船主達は「エヒメセンシュ」として世界的に有名である。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見たインド洋

    海運は古来、大量・長距離物流の要であり、地中海や北海、インド洋などで活発な活動が見られたが、造船技術や航海技術の発達により、大陸間航行などが行われるようになると、その存在は一段と重みを増した。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見たインターモーダル輸送

    また、大手海運会社は陸上・航空を含め、荷物の出発地から到着地までの一貫輸送を手がける(一般に総合物流と呼ばれる)ようになっている。日本郵船が日本貨物航空を傘下に収めたほかヤマトホールディングスと提携したり、商船三井が近鉄エクスプレスと提携したことは、この流れに沿ったものである。海運 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示

「海運業」のニューストピックワード