1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示
  • 海運

    海運から見たISO

    国際物流の内、雑貨や食品類の多くがISO規格の貨物コンテナに入れられ、コンテナ船で輸送されている。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た貨物船

    また、外航航路とは別に内航海運として沿海航路が発達し、独自の進化を遂げている。製鉄会社主体の一般在来型貨物船オペレーター、石油会社主体の内航タンカーオペレーター、旅客輸送も行う長距離フェリー船社、島嶼間輸送における独占的なオペレーター、製紙会社主体のRO-RO船オペレーター等多様である。また、利用運送事業の方面も発達し零細企業でも頭角を現す企業がある。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見た愛媛県

    現代における海運会社は物流会社であり、運搬する商品の売買は本質的な目的ではない。また、リスク分散を進めるため、船舶を借り受けている場合が多く船舶資産の運用会社としての側面が強い。船舶は、各地にいる船主と呼ばれる個人事業者が所有しており、海運会社に貸与している。船主は世界中に存在し、例えば日本の場合、愛媛県今治市の船主達は「エヒメセンシュ」として世界的に有名である。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見たインターモーダル輸送

    また、大手海運会社は陸上・航空を含め、荷物の出発地から到着地までの一貫輸送を手がける(一般に総合物流と呼ばれる)ようになっている。日本郵船が日本貨物航空を傘下に収めたほかヤマトホールディングスと提携したり、商船三井が近鉄エクスプレスと提携したことは、この流れに沿ったものである。海運 フレッシュアイペディアより)

  • 海運

    海運から見たインド洋

    海運は古来、大量・長距離物流の要であり、地中海や北海、インド洋などで活発な活動が見られたが、造船技術や航海技術の発達により、大陸間航行などが行われるようになると、その存在は一段と重みを増した。海運 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示

「海運業」のニューストピックワード